AWS 請求とは - AWS 請求

AWS 請求とは

「請求ユーザーガイド」にようこそ。

AWS 請求コンソールには、AWS 請求書の支払い、AWS のコストと使用量の整理とレポート、および AWS Organizations の一部である場合の統合請求の管理を行う機能が含まれています。

請求コンソールは、AWS コスト管理コンソールと緊密に連携します。両方を一緒に使用して、コストを管理する総合的なアプローチとすることができます。請求コンソールには、AWS アカウントに登録されている継続的な支払いと支払い方法を管理するためのリソースが含まれています。次に、AWS コスト管理コンソールの機能を使用して、将来のコストを最適化できます。コストを最適化する AWS リソースの詳細については、「AWS コスト管理ユーザーガイド」を参照してください。

Amazon Web Services は、AWS アカウントにサインアップしたときに指定したクレジットカードに自動的に課金します。別のクレジットカードに AWS を請求するように指定するなど、いつでもクレジットカード情報を表示または更新できます。これは、請求コンソールの [Payment Methods] (お支払方法) ページで実行できます。請求機能の詳細については、「請求の特徴」を参照してください。

AWS コストマネジメントコンソールと請求コンソールでは、次のタスクを実行できます。

ユースケース 説明 AWS コスト管理機能の名称 請求コンソール機能の名称
整理 独自のタグ付け戦略を使用して、コスト割り当てとガバナンスの基盤を構築します。 -

AWS Cost Categories

AWS コスト 割り当て タグ

レポート

割り当て可能なコストに関する詳細なデータを使用して、クラウドの支出の意識と説明責任を高めます。

AWSCost Explorer

AWSコストと使用状況レポート

アクセス 単一の統合ビューで、組織全体の請求情報を追跡します。 -

AWS 一括請求 (コンソリデーティッドビリング)

AWS 発注書管理

AWSクレジット

コントロール

適切なガードレールを設置して、効果的なガバナンスメカニズムを確立します。

AWS コスト異常検出

-
Forecast 作成した予測ダッシュボードを使用して、リソースの使用率と支出を見積もります。

AWSCost Explorer

AWS予算

-
予算 カスタム予算しきい値および自動アラート通知を使用して支出を抑えます。

AWS予算

AWS 予算アクション

-
購入 ワークロードのパターンとニーズに基づいて、無料トライアルとプログラムによる割引を使用します。

Savings Plans

AWS リザーブドインスタンス

AWS 無料利用枠

適切なサイズ サービス割り当てのサイズを実際のワークロードの需要に合わせます。

適切なサイズ設定に関する推奨事項

-
検査 リソースのデプロイとコスト最適化の機会を最新の状態に保ちます。

AWSCost Explorer

-

請求の特徴

アカウントの管理

AWS Management Consoleおよび請求コンソールを使用してアカウント設定を管理します。これには、デフォルト通貨の指定、代替連絡先の編集、リージョンの追加または削除、税金情報の更新、および AWS アカウントの閉鎖が含まれます。close your account セクションでは、アカウントの閉鎖に進む前にリソースを終了するなどの留意事項について説明します。これにより、未使用のサービスについて請求されないようにできます。

ドキュメント: アカウントの管理

請求を表示する

請求コンソールを使用して、過去の請求の詳細または現在の月の推定請求額をいつでも表示できます。このセクションでは、請求書の表示、料金の PDF コピーのダウンロード、および請求書を受信するための月次 E メールの設定について説明します。また、AWS Cost and Usage Reports コストと使用状況レポート などの他のリソースの使用方法についても説明します。

ドキュメント: 請求を表示する

支払いの管理

見積請求書を表示し、支払いに使用する通貨を設定することで、指定した通貨で AWS 請求書を発行できます。AWS は、請求書が確定したあとで、指定した通貨で請求書を換算します。それまでは、コンソールに表示されるすべての指定した通貨金額は、USD で概算されます。AWS は為替レートを保証します。これは、返金で元の取引と同じ為替レートが使用されるようにするためです。

注記
  • AWS Marketplace 請求書は、このサービスの対象外であり、USD 単位で処理されます。

  • このサービスは、デフォルトのお支払い方法が Visa または MasterCard の場合にのみご利用いただけます。

  • レートは毎日更新されます。請求書に適用されるレートは、請求書作成時のレートです。現在のレートは、 請求コンソールで確認できます。

  • 通貨換算は Amazon Services LLC が提供します。

ドキュメント: Managing Your Payments

AWS 発注書管理

複数の発注書をすべて 1 か所で処理することにより、セルフサービス方式で AWS 発注書を管理できます。これは、オーバーヘッドコストを削減したり、調達から支払までのプロセス全体の精度と効率を向上させたりするのに役立つことがあります。管理コンソールを使用して、発注書を管理し、発注書が請求書を反映するように設定できます この章では、コンソールでの発注に関する追加、編集、詳細の表示、および通知の設定方法について説明します。

ドキュメント: Managing your purchase orders

AWS Cost Categories

コストと使用量を意味のあるカテゴリをマッピングすることにより、AWS Cost Categories で AWS コストを管理します。このセクションでは、サポートされているディメンション、オペレーション、ルールタイプ、およびステータスについてコンソールで使用される用語を定義します。また、Cost Categories で請求を作成、編集、削除、および分割する方法の詳細については、このセクションを参照してください。

ドキュメント: AWS Cost Categories を用いてコストを管理する

支払いプロファイル

[支払いプロファイル] を使用して、自動支払いに複数の支払い方法を割り当てます。複数の AWS サービスプロバイダー (「登録販売者」) から請求がある場合は、支払いプロファイルを使用して、それぞれに固有の支払い方法を割り当てます。サービスプロバイダーに対して支払いプロファイルを作成した後は、AWS の請求は支払いプロファイルによって自動的に支払い処理されます。このセクションでは、請求コンソールを使用してカスタム支払いプロファイルを設定する方法について説明します。

ドキュメント: Managing your payment profiles

AWS Organizations の一括請求 (コンソリデーティッドビリング)

AWS Organizations の一括請求 (コンソリデーティッドビリング)機能を使用して、複数の AWS アカウントの請求を結合します。この章では、一括請求 (コンソリデーティッドビリング) プロセス、Amazon Internet Services Pvt. Ltd アカウントの違い、割引の詳細について説明します。

ドキュメント: AWS Organizations の一括請求 (コンソリデーティッドビリング)

関連サービス

AWS Billing Conductor

AWS Billing Conductor は、会計所有者別にアカウントをグループ化し、請求パラメータを構成し、グループごとのAWS のコストおよび使用状況レポートを生成するためのカスタム請求サービスです。AWSBilling Conductor は、AWS ソリューションプロバイダーおよびエンタープライズのお客様のショーバックおよびチャージバックワークフローをサポートできるフルマネージドサービスです。詳細については、「AWS Billing Conductor ユーザーガイド」の「What is AWS Billing Conductor?」を参照してください。

IAM

請求サービスと AWS コスト管理サービスは、AWS Identity and Access Management (IAM)と密接に統合されています。請求が設定されたIAMを使用することで、お客様のアカウントを操作する他のユーザーが、自分の業務の遂行に必要なアクセスのみを所有できるようになります。

また IAM を使用して、請求情報だけでなく、すべての AWS リソースへのアクセスを制御することもできます。AWS アカウントの構造をセットアップするにあたっては、IAM の主要な概念とベストプラクティスを理解しておくことが重要です。

IAM の操作方法と考慮事項については、「IAM ユーザーガイド」の「IAM の概念」と「IAM のベストプラクティス」を参照してください。

AWS Organizations (一括請求 (コンソリデーティッドビリング))

AWS 製品やサービスを使用して、小規模な新興企業からエンタープライズまで、あらゆる規模の企業に対応できます。会社が大規模な場合、または成長が見込まれる場合、会社の特定の構造を反映する複数の AWS アカウントの設定が必要になることがあります。例えば、会社全体に 1 つのアカウントと各従業員にアカウントを持ったり、各従業員に IAM ユーザーを持つ会社全体のアカウントを持ったりすることができます。会社全体のアカウント、会社内の各部門またはチームのアカウント、各従業員のアカウントを持つことができます。

複数のアカウントを作成する場合は、AWS Organizations の一括請求 (コンソリデーティッドビリング) 機能を使用し、管理カウントの下のすべてのメンバーアカウントをまとめることができます。そうすることで、すべてのメンバーアカウントについて 1 つの請求書を受け取ることができます。詳細については、「AWS Organizations の一括請求 (コンソリデーティッドビリング)」を参照してください。