AWS 請求情報とコスト管理
ユーザーガイド (Version 2.0)

無料利用枠の利用資格

AWS アカウントにサインアップすると、12 か月間の無料利用枠が自動的に割り当てられます。無料利用枠の利用制限を超えた場合は、無料利用枠が設けられていないサービスを利用してください。または、無料利用枠の利用資格がなくなった後で AWS の使用を続けると、AWS の使用量に対して標準レートの料金が請求されます。無料利用枠で提供されるサービスの一覧については、「AWS 無料利用枠」を参照してください。

既に AWS アカウントを持っており、無料利用枠を利用する資格がまだあるかどうかが不明な場合は、Billing and Cost Management コンソールを開きます。このアカウントに無料利用枠を利用する資格がある場合は、次のスクリーンショットに示すように、[Alerts & Notifications (アラートと通知)] セクションにメッセージが表示されます。

コンソールのナビゲーションペインで [Bills] を選択して、AWS アカウントを作成した日を確認することもできます。[Date (日付)] ドロップダウンボックスでは、課金が発生していなくても、アカウントを作成した日から毎月 1 回発行されている請求書を確認できます。

お客様の AWS アカウントが、貴社によって AWS Organizations で作成されている場合、すべてのメンバーアカウントの無料利用枠の開始日は、その組織が作成された日となります。詳細については、AWS Organizations ユーザーガイドを参照してください。

無料利用枠の利用期間の終了が近づくと、AWS は、お客様が AWS へのサインアップ時に使用した E メールアドレスに通知を送信します。 無料利用枠の利用期間終了後に AWS を使い続ける場合は、不要になったリソースの使用料金が請求されないように、それらをクリーンアップしてください。AWS の使用を継続しない場合は、アカウントを解約できます。詳細については、「アカウントを解約する」を参照してください。