AWS アカウント の管理 - AWS 請求

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS アカウント の管理

AWS Billing and Cost Management コンソールを使用して次のアカウント設定を変更できます。

  • 連絡先および代替連絡先情報

  • 請求書の支払いに使用する通貨

  • リソースを作成できる AWS リージョン

  • 納税登録番号

[アカウント] ページにサインインするには

以下のオプションのいずれかを選択します。

  • [アカウント] ページにサインインして請求情報とコスト管理コンソール (https://console.aws.amazon.com/billing/home?#/account) を開きます。

  • AWS Management Console にサインインし、右上隅でアカウント名を選択し、[アカウント] を選択します。

注記:
  • AWS アカウントのルートユーザー のみが [アカウント] ページの一部のセクションを編集できます。[編集] オプションが表示されていない場合は、ルートユーザーに切り替えます。

  • 請求先住所がインドにある AWS アカウント の場合は、インドでのアカウントを管理する を参照してください。

アカウント名、AWS アカウントのルートユーザー パスワード、AWS アカウント ルートユーザー E メールアドレスの編集

[アカウント] ページを使用して、アカウント名、AWS アカウントのルートユーザー パスワード、またはメールアドレスを編集できます。この場合の E メールは、 ルートユーザーの E メールアドレスを指します。これは、アカウントへのサインインに使用する E メールアドレスです。

注記

次の手順を実行するには、ルートユーザーとしてサインインする必要があります。ルートユーザーに追加の AWS Identity and Access Management (IAM) 権限は不要です。IAM ロールではこの手順を完了できません。

アカウント名、AWS アカウントのルートユーザー パスワード、または AWS アカウントのルートユーザー メールアドレスを編集するには
  1. [アカウント] ページにサインインして、ルートユーザーとして請求情報とコスト管理コンソール (https://console.aws.amazon.com/billing/home?#/account) を開きます。

  2. [アカウント] ページで、[アカウント設定] の横の [編集] を選択します。

  3. 更新した情報を入力し、[更新] を選択します。

連絡先情報の編集

郵送先住所、電話番号、ウェブサイトアドレスなど、アカウントに関連付けられた連絡先情報を変更できます。

連絡先情報を編集するには
  1. [アカウント] ページにサインインして請求情報とコスト管理コンソール (https://console.aws.amazon.com/billing/home?#/account) を開きます。

  2. [連絡先情報] で、[編集] を選択します。

  3. 更新した情報を入力し、[更新] を選択します。

注意
  • 電話番号には国コードを含めます。使用できるのは 0~9 の数字と、+、— (ハイフン) のみです。例えば、+1 202-555-0179 です。

  • [代替の連絡先] セクションに請求用の E メールアドレスを追加して、AWS により請求に関連する E メールのコピーをそのアドレスに送信させることもできます。たとえば、AWS より、月次請求書が準備できたことを示す E メールメッセージが [請求連絡先アドレス] に送信されます。

代替連絡先の追加または更新

代替の連絡先により、AWS はお客様のアカウントに関する問題を、お客様が不在であっても別のお客様に連絡することができます。代替の連絡先は、特定の人物である必要はありません。請求、運用、およびセキュリティ関連の問題を管理するチームがある場合は、代わりに E メール配布リストを追加できます。

代替の連絡先を追加または更新するには
  1. [アカウント] ページにサインインして請求情報とコスト管理コンソール (https://console.aws.amazon.com/billing/home?#/account) を開きます。

  2. [代替連絡先] で [編集] を選択します。

  3. 更新した情報を入力し、[更新] を選択します。

代替連絡先の例

以下のシナリオでは、AWS は各連絡先タイプに通知します。

  • [請求] - 月次請求書が入手可能になったとき、または支払い方法を更新する必要がある場合。[E メールで PDF 版請求書を受け取る] が [請求設定] で有効になっている場合、代替の請求先も PDF 請求書を受け取ります。通知は AWS Support、または他の AWS のサービス チームからのものである可能性があります。

  • [オペレーション] - サービスが複数の AWS リージョン で一時的に利用できない場合、または利用できなくなる場合。また、連絡先は操作に関する通知も受信します。通知は AWS Support、または他の AWS のサービス チームからのものである可能性があります

  • [セキュリティ] - AWS セキュリティ、AWS Trust & Safety、または AWS のサービス チームからの通知がある場合。これらの通知には、セキュリティ上の問題や、AWS アカウント での潜在的な不正使用または不正行為が含まれることがあります。通知は AWS Support からの場合、または AWS アカウント の使用状況に関するセキュリティ関連のトピックに関する他の AWS のサービス サービスチームからのものである場合があります。件名または氏名フィールドに機密情報を含めないでください。これは、E メールによる通信に使用される可能性があるためです。

秘密の質問の追加または編集

AWS アカウント のセキュリティチャレンジに関する質問の詳細については、「AWS Account Management リファレンスガイド」の「Update security challenge questions」を参照してください。

AWS リージョン の有効化と無効化

この機能が利用可能になる前は、AWS では元はデフォルトですべての新しいリージョンが有効になっていました。これにより、ユーザーはどのリージョンでもリソースを作成できました。しかし、AWS でリージョンが追加されたときに、新しいリージョンはデフォルトで無効になりました。リージョンを有効にして、ユーザーがその新しいリージョンでリソースを作成可能にできます。

リージョンの有効化および無効化については、以下のことに注意してください。

IAM 許可を使用して、リージョンへのアクセスを制御できる

IAM にはアクセス許可が含まれ、リージョンの有効/無効の切り替え、および一覧表示が可能なユーザーを管理できます。

詳細については、次のトピックを参照してください。

リージョンの有効化は無料である

リージョンを有効にしても料金はかかりません。そのリージョンで作成するリソースに対してのみ、料金がかかります。

リージョンを無効にすると、そのリージョンのリソースへのアクセスが削除されます

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスなどの AWS リソースがまだ含まれているリージョンを無効にした場合、そのリージョンのリソースにはアクセスできなくなります。たとえば、AWS Management Console やプログラムによる方法を使用して、そのリージョンの EC2 インスタンスの設定を表示または変更することはできません。

リージョンを無効にしても料金は継続して発生する

まだ AWS リソースが含まれているリージョンを無効にした場合、それらのリソースの料金は標準レートで引き続き発生します。

たとえば、Amazon EC2 インスタンスが含まれているリージョンを無効にした場合、それらのインスタンスはアクセス不可能であっても、引き続き料金のお支払いが必要になります。

リージョンを無効にしてもすぐには反映されない場合がある

リージョンを無効にした場合、すべての可能なエンドポイントに反映されるまでには時間がかかります。リージョンの無効化には、数秒から数分の時間がかかります。

既存のリージョンはデフォルトで有効になる

当初のリージョン (リージョンを有効または無効にする機能が追加される前に存在していたリージョン) は、デフォルトですべて有効になり、無効にすることはできません。

リージョンの有効化は、ほとんどのアカウントで数分かかる

リージョンを有効にするには、通常数分かかります。ただし、アカウントによってさらに時間がかかる場合があります。リージョンの有効化に 9 時間以上かかる場合は、AWS Support Center Console にサインインして、AWS Support に対してケースを作成します。

リージョンを有効または無効にするには、次のいずれかの手順に従います。

リージョンを有効または無効にするには
  1. [アカウント] ページにサインインして請求情報とコスト管理コンソール (https://console.aws.amazon.com/billing/home?#/account) を開きます。

  2. リージョンを有効にするには:

    1. [AWS リージョン] でリージョンを選択し、[有効化] を選択します。

    2. ダイアログボックスで [リージョンの有効化] を選択します。

  3. リージョンを無効にするには:

    1. [AWS リージョン] でリージョンを選択し、[無効化] を選択します。

    2. ダイアログ ボックスで、[RegionName を無効にする] に [無効] と入力し、[リージョンの無効化] を選択します。

AWS Billing and Cost Management コンソールへの IAM アクセスのアクティブ化

デフォルトでは、AWS アカウント 内の IAM ロールは、Billing and Cost Management コンソールページにアクセスできません。これは、IAM ユーザーまたはロールに、特定の請求機能へのアクセス権を付与する IAM ポリシーがある場合でも当てはまります。ルートユーザーは、[IAM アクセスをアクティブ化] 設定を使用して、IAM ユーザーおよびロールに、Billing and Cost Management コンソールへのアクセスを許可できます。

この機能の詳細については、「請求情報とコスト管理コンソールへのアクセスをアクティベートする」を参照してください。

Billing and Cost Management コンソールへのアクセスを提供する
  1. [アカウント] ページにサインインして請求情報とコスト管理コンソール (https://console.aws.amazon.com/billing/home?#/account) を開きます。

  2. [IAM ユーザーとロールの請求情報へのアクセス] の横にある、[編集] を選択します。

  3. [IAM アクセス許可をアクティブ化] を選択します。

  4. [Update] (更新) を選択します。

アカウント契約情報を管理する

このアカウントを公共部門の顧客へのサービスに使用する場合、このセクションに契約の詳細を入力します。

契約情報を管理するには
  1. [アカウント] ページにサインインして請求情報とコスト管理コンソール (https://console.aws.amazon.com/billing/home?#/account) を開きます。

  2. [アカウント契約情報] で、[編集] を選択します。

  3. 更新した情報を入力し、[更新] を選択します。

納税者番号の更新と削除

1 つ以上の税登録番号を更新または削除するには、次の手順に従います。

税登録番号を更新するには
  1. AWS Management Console にサインインして AWS Billing and Cost Management コンソール (https://console.aws.amazon.com/billing/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [課税設定] を選択します。

  3. [納税登録] で、編集する番号を選択します。

  4. [納税登録の管理] で、[編集] を選択します。

  5. 更新した情報を入力し、[更新] を選択します。

税登録番号は、1 つまたは複数削除できます。

税登録番号を削除するには
  1. AWS Management Console にサインインして AWS Billing and Cost Management コンソール (https://console.aws.amazon.com/billing/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [課税設定] を選択します。

  3. [納税登録] で、削除する納税登録番号を選択します。

  4. [納税登録の管理] で、[TRN の削除] を選択します。

  5. [Delete tax registration (税登録の削除)] ダイアログボックスで、[Delete (削除)] を選択します。

税設定の継承をオンにする

[税金設定の継承] を有効にすると、メンバーアカウントで納税登録情報を使用できます。有効にすると、税登録情報が他の AWS Organizations アカウントに追加されるため、冗長な情報を登録する手間が省けます。税金請求書は一貫した税金情報を使用して処理され、メンバーアカウントからの使用状況が 1 つの税金請求書にまとめられます。

注意
  • 税設定の継承は、メンバーアカウントが追加された後のアカウントでのみ使用できます。

  • 税の継承をオフにすると、メンバーアカウントはアカウントの元の TRN 設定に戻ります。アカウントに TRN が設定されていなかった場合、TRN は割り当てられません。

税登録情報には、次の情報が含まれます。

  • 法人の名称

  • 課税住所

  • 税登録番号

  • 特別免除 (米国の売上税免除には適用されません)

税設定の継承を有効にするには
  1. AWS Management Console にサインインして AWS Billing and Cost Management コンソール (https://console.aws.amazon.com/billing/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [課税設定] を選択します。

  3. [納税登録] で、[税金設定の継承を有効化] を選択します。

  4. ダイアログボックスで、[有効化] を選択します。

米国の免税を管理する

お住まいの州が条件を満たしていれば、[税金設定] ページで米国での免税を管理できます。免除のためにアップロードしたドキュメントは、24 時間以内に AWS Support で確認されます。

注記

Billing and Cost Management コンソールの [課税設定] ページにある [免税] タブを表示する IAM 許可が付与されている必要があります。

IAM ポリシーの例については、「IAM ユーザーに、米国の免税の表示と AWS Support ケースの作成を許可します」を参照してください。

米国の免税をアップロードまたは追加するには
  1. AWS Management Console にサインインして AWS Billing and Cost Management コンソール (https://console.aws.amazon.com/billing/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [課税設定] を選択します。

  3. [免税] を選択します。

  4. すべてのアカウントを選択して免税を追加します。[免税の管理] を選択し、[免税の追加] を選択します。

    1. 連結アカウントとしてログインしている場合は、連結アカウントにのみ免税を追加できます。

    2. 支払者アカウントとしてログインしている場合は、支払者アカウントと連結アカウントの両方に免税を追加できます。

  5. 免税タイプと税務管轄区を指定します。

  6. 証明書ドキュメントをアップロードします。

  7. 情報を確認し、[Submit] (送信) を選択します。

追加情報が必要な場合、またはお客様の文書のいずれかが有効でない場合は、24 時間以内にサポートケースを通じて、AWS Support より通知があります。

免除が承認されると、その免税は、[免税] タブに、[アクティブ] (アクティブ) の有効期間とともに表示できます。

免税が拒否された場合には、サポートケースを通じて通知があります。

AWS アカウント を閉鎖する

AWS アカウントの閉鎖の詳細については、「AWS Account Management リファレンスガイド」の「アカウントの閉鎖」を参照してください。