AWS 無料利用枠の使用状況の追跡 - AWS Billing and Cost Management

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

AWS 無料利用枠の使用状況の追跡

AWS 無料利用枠の使用状況を追跡することでAWS、無料利用枠の制限以内の使用状況を維持するのに役立ちます。 AWS は、各サービスAWSの無料利用枠の制限の 85% を超えたときに E メールで通知するためにAWS、Budgets を通じて自動的にアラートを提供します。また、ダッシュボードの [使用状況AWS別の上位Billing and Cost Management無料利用枠サービス] テーブルを表示して、最も多く使用した 5 つのサービスとそれをどれだけ使用したかを確認することもできます。

AWS を使用した無料利用枠使用状況アラートAWS Budgets

AWS ではAWS、無料利用枠AWS Budgetsの使用状況を追跡するために、 を使用してAWS自動的に無料利用枠使用状況アラートが提供されます。これらのAWS無料利用枠使用状況アラートにより、 では、その月の使用量が 85% を超えたときに からAWS通知を受け取ることができます。AWS 無料利用枠の使用状況をさらに把握するには、 AWS Budgets を使用して、特定のサービスの無料AWS利用枠の 100% を追跡することもできます。 AWS Budgets には、カスタマイズできる使用量ターゲットとアラートしきい値を選択する機能もあります。たとえば、Amazon Elastic Block Store の無料利用枠の 100% を超えることが予測されたときに、アラートを受け取ることができます。AWS 無料利用枠の制限を超えた使用量は、パブリックオンデマンドレートで課金されます。

サービス固有のAWS無料利用枠の制限を超えた場合、 はアカウントの作成に使用した E メールアドレスにアラートAWSを送信します。AWS コンソールで Billing and Cost Management がアラートに使用する E メールアドレスを変更できます。サービス固有のAWS無料利用枠の使用タイプごとに 1 つのアラートのみが毎月送信されます。使用タイプは、各サービスが特定タイプのリソースの使用量を測定するために使用する単位です。たとえば、BoxUsage:t2.micro(Hrs) 使用タイプは Amazon EC2 t2.micro インスタンスの実行時間に基づいてフィルタリングします。

重要

短期間にAWS無料利用枠よりも多くのAWSリソースを起動すると、 AWS はAWS無料利用枠AWSの使用制限を超えたことを事前に通知することができます。その場合、 は発生した使用量がAWS無料利用枠の制限の 85% を超えたことをAWS引き続き通知します。

AWS 無料利用枠使用状況アラートは、最初の 25 GB のAWSストレージや最初の 10 個のカスタムAmazon DynamoDBメトリクスなど、有効期限のないAmazon CloudWatch無料利用枠の製品を対象としています。アラートはAWSAmazon EC2、インスタンス使用量の 1 か月あたり 750 時間や標準Windows t2.microストレージの最初の 5 GB など、12 か月後に期限切れになるAmazon S3無料利用枠の製品も対象にします。AWS 無料利用枠の使用状況アラートの対象となるサービスと使用タイプの詳細なリストについては、「」追跡可能なAWS無料利用枠サービスを参照してください。

AWS 無料利用枠使用状況アラートは、すべての個々のアカウントに対して自動的に有効になりますが、 管理アカウント の組織内の に対しては有効になりませんAWS Organizations。管理アカウント 組織内の の所有者、または一括請求 (コンソリデーティッドビリング) の場合は、 コンソールの [PreferencesBilling and Cost Management] ページで使用状況アラートをオプトインできます。組織内のすべてのアカウント ( AWS とメンバーアカウント) に同じ管理アカウント無料利用枠の制限が適用されるため、同じ予算がすべてのアカウントに適用されます。たとえば、Alejandro がメンバーアカウントを持っていて 400 Amazon EC2 時間を使用し、Mary がメンバーアカウントを持っていて 400 Amazon EC2 時間を使用する場合、合計 800 時間、組織はAWS無料利用枠の制限を 50 Amazon EC2 時間超えています。

AWS 無料利用枠使用状況アラートをオプトインまたはオプトアウトするには

AWS コンソールを使用して、Billing and Cost Management 無料利用枠使用状況アラートをオプトインまたはオプトアウトすることができます。

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインし、Billing and Cost Management コンソール (https://console.aws.amazon.com/billing/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインの [設定] で、[請求設定] を選択します。

  3. [Cost Management Preferences (コスト管理設定)] で、[Receive Free Tier Usage AlertsAWS (無料利用枠使用状況アラートの受信)] を選択して、無料利用枠使用状況アラートにオプトインします。オプトアウトするには、[無料利用枠使用状況アラートAWSの受信] チェックボックスをオフにします。

AWS 無料利用枠使用状況アラートの E メールアドレスを変更するには

AWS は、アカウント作成時に使用した E メールアドレスにAWS無料利用枠使用状況アラートを送信します。Billing and Cost Management コンソールで E メールアドレスを変更することができます。

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインし、Billing and Cost Management コンソール (https://console.aws.amazon.com/billing/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインの [設定] で、[請求設定] を選択します。

  3. [Cost Management Preferences (コスト管理設定)] の [Receive AWS Free Tier Usage Alerts (無料利用枠使用状況アラートの受信)] ダイアログボックスで、使用状況アラートを受信する E メールアドレスを入力します。

  4. ページの最後までスクロールし、[Save preferences (設定の保存)] を選択します。

上位AWS無料利用枠サービステーブル

AWS 無料利用枠を利用できる資格がありAWS、無料利用枠の製品を使用している場合は、 AWS コンソールのダッシュボードの [Top Billing and Cost Management Free Tier Services by Usage] テーブルで使用量を追跡できます。無料利用枠のテーブルデータの表示は、以下の条件により制限されることがあります。

  • 無料AWS利用枠を提供しない AWS サービスを使用します。

  • AWS 無料利用枠の有効期限が切れています。

  • AWS メンバーアカウントを通じて AWS Organizations にアクセスしています。

  • AWS または AWS GovCloud (米国西部) リージョンで AWS GovCloud (米国東部) サービスを使用します。

[Top AWS Free Tier Service by Usage (使用状況別の上位無料利用枠サービス)] テーブルは、サービスの制限別にグループ化され、最もよく利用する 5 つの無料利用枠のサービスの使用量AWS制限と現在の使用量が表示されます。サービスには複数の行がある可能性があるため、各AWS無料利用枠の制限を厳密に追跡できます。この表では、使用量はAWS、無料利用枠の制限に対する割合とAWS無料利用枠の制限に対する割合として表示されます。

たとえば、毎月 Amazon S3 の Put オペレーションは 2,000 回実行でき、Amazon S3 のストレージは 5 GB 使用できます。AWS 無料利用枠の使用料表には、 用の行S3 - Putsと 用の行の 2 つの行がありますS3 - Storage。無料利用枠の S3 - Puts オペレーションを 2,000 回使用した場合、テーブルには 2,000.00/2,000 リクエストと 100 パーセントが表示されAWS、無料利用枠の を 0.55 GB 使用した場合S3 - Storage、次のスクリーンショットに示すように、テーブルには 0.55/5 GB および 11% が表示されます。


                    使用状況テーブル別の上位無料利用枠サービスのスクリーンショット。サービス、使用制限、現在までの使用状況列が表示されます。

すべてのアクティブなAWS無料利用枠サービスなど、無料利用枠の使用状況の詳細を表示するには、[Top Free Tier Services by Usage] テーブルで [AWSView All] を選択します。詳細なテーブルには、各月の使用予測量などの追加情報や、制限を超えた場合または制限を超えることが予測される場合に警告するステータスアイコンなどが表示されます。


                    使用状況別の上位無料利用枠サービスのスクリーンショット。すべての列が表示されています。

追跡可能なAWS無料利用枠サービス

AWS を使用すると、AWS無料利用枠のサービスと使用していたサービスの種類を追跡できます。使用タイプは、AWS が追跡する特定の使用タイプです。たとえば、使用タイプ Global-BoxUsage:freetier.micro とは、ユーザーが Amazon EC2 マイクロインスタンスを使用したという意味です。

AWS 無料利用枠使用状況アラートと [使用状況別のAWS上位無料利用枠サービス] テーブルは、有効期限の切れた無料利用枠製品と切れないAWS無料利用枠製品の両方を対象としています。以下のサービスや使用タイプを追跡できます。

サービス 使用タイプ

Amazon API Gateway

Global-ApiGatewayRequest

AWS CodeBuild

Global-Build-Min:Linux:g1.small

Amazon GameLift

Global-BoxUsage:c3.large

AWS Storage Gateway

Global-Uploaded-Bytes

Amazon Cloud Directory

Global-Requests-Tier1

Global-Requests-Tier2

Global-TimedStorage-ByteHrs

Amazon CloudFront

Global-DataTransfer-Out-Bytes

Global-Requests-Tier1

Amazon Cognito Sync

Global-CognitoSyncOperation

Global-TimedStorage-ByteHrs

Amazon Cognito

Global-CognitoUserPoolMAU

Amazon Connect

USE1-end-customer-mins

Amazon CloudWatch

Global-CW:Requests

Global-DataProcessing-Bytes

Global-TimedStorage-ByteHrs

Amazon DynamoDB

TimedStorage-ByteHrs

AWS Database Migration Service

Global-InstanceUsg:dms.t2.micro

Amazon Elastic Compute Cloud

Global-BoxUsage:freetier.micro

Global-BoxUsage:freetier.micro

Global-DataProcessing-Bytes

Global-EBS:SnapshotUsage

Global-EBS:VolumeIOUsage

Global-EBS:VolumeUsage

Global-LCUUsage

Global-LoadBalancerUsage

Amazon Elastic Container Registry

Global-TimedStorage-ByteHrs

Amazon Elastic File System

Global-TimedStorage-ByteHrs

Amazon ElastiCache

Global-NodeUsage:cache.t1.micro

Amazon Elasticsearch Service

Global-ES:freetier-Storage

Global-ESInstance:freetier.micro

Amazon Elastic Transcoder

Global-ets-hd-success

Global-ets-sd-success

Global-ets-audio-success

AWS IoT

AWSIoT-messages

AWS Key Management Service

Global-KMS-Requests

AWS Lambda

Global-Lambda-GB-Second

Global-Request

Amazon Lex

Lex-Global-Speech-Requests

Lex-Global-Text-Requests

Amazon Mobile Analytics

EventsRecorded

AWS OpsWorks

OpsWorks-Chef-Automate

Amazon Pinpoint

Pinpoint_DeliveryAttempts

Pinpoint_MonthlyTargetedAudience

Amazon Polly

Global-SynthesizeSpeech-Chars

Amazon Relational Database Service

Global-InstanceUsage:db.t1.micro

Global-RDS:StorageIOUsage

Amazon Rekognition

Global-FaceVectorsStored

Global-ImagesProcessed

Amazon Simple Storage Service

Global-Requests-Tier1

Global-Requests-Tier2

Global-TimedStorage-ByteHrs

Amazon Simple Email Service

Global-Message

Amazon Simple Email Service

Global-Recipients-EC2

Amazon Simple Notification Service

DeliveryAttempts-HTTP

DeliveryAttempts-SMTP

Requests-Tier1

Amazon Simple Queue Service

Global-Requests

Amazon Simple Workflow Service

Global-AggregateInitiatedActions

Global-AggregateInitiatedWorkflows

Global-AggregateWorkflowDays

AWS X-Ray

Global-XRay-TracesAccessed

Global-XRay-TracesStored

AWSDataTransfer

Global-DataTransfer-Out-Bytes

Amazon States

Global-StateTransition

ContactCenterTelecomm

USE1-US-did-inbound-mins

USE1-US-outbound-mins

USE1-US-tollfree-inbound-mins