Ethereum ネットワークを作成する - AWS Blockchain Templates

AWS Blockchain Templates は 2019 年 4 月 30 日に廃止されました。このサービスやサポートドキュメントは今後更新されません。で最高の Managed Blockchain エクスペリエンスを得るには AWS、Amazon Managed Blockchain (AMB) を使用することをお勧めします。Amazon Managed Blockchain の開始方法の詳細については、Hyperledger Fabric に関するワークショップ、またはイーサリアムノードのデプロイに関するブログをご覧ください。AMB について質問がある場合、または追加のサポートが必要な場合は、 または AWS アカウントチームにお問い合わせください AWS Support

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Ethereum ネットワークを作成する

このトピックのテンプレートで指定した Ethereum ネットワークは、Ethereum ネットワーク用の EC2 インスタンスの Amazon ECS クラスターを作成する AWS CloudFormation スタックを起動します。テンプレートは、「前提条件の設定」で前に作成したリソースに依存します。

テンプレートを使用して AWS CloudFormation スタックを起動すると、いくつかのタスクにネストされたスタックが作成されます。作成の完了後、要塞ホストを介してネットワークの Application Load Balancer が提供するリソースに接続し、Ethereum ネットワークが実行中およびアクセス可能であることを確認できます。

Ethereum 用の AWS Blockchain Template を使用して Ethereum ネットワークを作成するには
  1. AWS Blockchain Templates の開始方法を参照し、AWS リージョンのクイックリンクを使用して、AWS CloudFormation コンソールで最新の Ethereum 用の AWS Blockchain Template を開きます。

  2. 次のガイドラインに従って値を入力します。

    • [スタック名] に、わかりやすい名前を入力します。この名前は、スタックが作成するリソースの名前の中で使用されます。

    • [Ethereum ネットワークのパラメータ] と [プライベート Ethereum ネットワークのパラメータ] は、デフォルト設定のままにしておきます。

      警告

      デフォルトのアカウントおよび関連するニーモニックフレーズは、テスト目的でのみ使用します。ニーモニックフレーズにアクセスできるすべてのユーザーはアカウントから Ether にアクセスしたり、Ether を盗んだりできるため、デフォルトの一連のアカウントを使用して実際の Ether を送信しないでください。代わりに、本稼働用のカスタムアカウントを指定します。デフォルトのアカウントに関連付けられているニーモニックフレーズは outdoor father modify clever trophy abandon vital feel portion grit evolve twist です。

    • [Platform configuration] (プラットフォーム設定) をデフォルト設定のままにしておくと、EC2 インスタンスの Amazon ECS クラスターが作成されます。または、[docker-local] で単一の EC2 インスタンスを使用して Ethereum ネットワークを作成します。

    • [EC2 設定] で、次のガイドラインに従ってオプションを選択します。

    • [VPC ネットワーク設定] で、次のガイドラインに従ってオプションを選択します。

      • [VPC ID] で、「VPC とサブネットを作成する」で前に作成した VPC を選択します。

      • [Ethereum ネットワークサブネット ID] で、手順「To create the VPC」で先ほど作成した単一のプライベートサブネットを選択します。

    • [ECS クラスター設定] は、デフォルトのままにします。これにより、3 つの EC2 インスタンスの ECS クラスターが作成されます。

    • [Application Load Balancer 設定 (ECS のみ)] で、次のガイドラインに従ってオプションを選択します。

    • EthStats、次のガイドラインに従ってオプションを選択します。

      • デプロイ EthStats の場合、デフォルト設定のままにします。これは true です。

      • EthStats Connection Secret には、6 文字以上の任意の値を入力します。

    • EthExplorerデプロイ EthExplorerのデフォルト設定のままにします。これは true です。

    • [その他のパラメータ] で、[Nested Template S3 URL Prefix] をデフォルト値のままにし、その値を書き留めておきます。ここで、ネストされたテンプレートを見つけることができます。

  3. 他のすべての設定をデフォルトのままにし、確認のチェックボックスをオンにして、[作成] を選択します。

    が起動するルートスタックの [Stack DetailAWS CloudFormation (スタックの詳細)] ページが表示されます。

  4. ルートスタックとネストされたスタックの進行状況をモニタリングするには、[スタック] を選択します。

  5. すべてのスタックで [Status] (ステータス) に [CREATE_COMPLETE] が表示されたら、Ethereum のユーザーインターフェイスに接続して、ネットワークが動作し、アクセス可能であることを確認できます。ECS コンテナプラットフォームを使用する場合、Application Load Balancer を介して EthStats EthExplorer、、および EthJsonRPC に接続するための URLs は、ルートスタックの出力タブで使用できます。

    重要

    クライアントコンピュータの要塞ホストを介してプロキシ接続を設定するまでは、これらの URL や SSH に直接接続することはできません。詳細については、「踏み台ホストに接続 EthStats して EthExplorer 使用する」を参照してください。