AWS CLI のコマンド構造 - AWS Command Line Interface

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS CLI のコマンド構造

このトピックでは、AWS Command Line Interface (AWS CLI) コマンドの構造と、wait コマンドの使用方法について説明します。

コマンド構造

AWS CLI は、コマンドラインでマルチパート構造を使用し、それは次の順序で指定される必要があります。

  1. aws プログラムのベースコール。

  2. 最上位レベルの コマンド。一般に AWS によってサポートされる AWS CLI サービスに対応します。

  3. 実行する操作を指定するサブコマンド

  4. 操作に必要となる一般的な AWS CLI オプションまたはパラメータ。これらは、最初の 3 つのパートに続く限り、任意の順序で指定することができます。排他的パラメータが複数回指定された場合は、最後の値のみ適用されます。

$ aws <command> <subcommand> [options and parameters]

パラメータは数値、文字列、リスト、マップ、JSON 構造体など、様々なタイプの入力値を取得できます。サポートされる内容は、指定したコマンドおよびサブコマンドによって異なります。

Amazon S3

次の例では、すべての Amazon S3 バケットを一覧表示します。

$ aws s3 ls 2018-12-11 17:08:50 my-bucket 2018-12-14 14:55:44 my-bucket2

Amazon S3 コマンドの詳細については、AWS CLI コマンドリファレンスの「aws s3」を参照してください。

AWS CloudFormation

以下の create-change-set コマンドの例は、CloudFormation スタック名を my-change-set に変更します。

$ aws cloudformation create-change-set --stack-name my-stack --change-set-name my-change-set

AWS CloudFormation コマンドの詳細については、AWS CLI コマンドリファレンス の「aws cloudformation」を参照してください。

Wait コマンド

一部の AWS のサービスでは、wait コマンドを使用できます。aws wait を使用するコマンドは、通常、コマンドが完了するまで待機してから、次のステップに進みます。wait コマンドを使用すると、wait コマンドが失敗した場合に後続のステップに移動するのを防ぐことができるため、マルチパートコマンドやスクリプトに特に便利です。

AWS CLI は、wait コマンドのコマンドラインでマルチパート構造を使用します。それは次の順序で指定される必要があります。

  1. aws プログラムのベースコール。

  2. 最上位レベルの コマンド。一般に AWS によってサポートされる AWS CLI サービスに対応します。

  3. wait コマンド。

  4. 実行する操作を指定するサブコマンド

  5. 操作に必要な一般的な CLI オプションまたはパラメータ。これらは、最初の 3 つのパートに続く限り、任意の順序で指定することができます。排他的パラメータが複数回指定された場合は、最後の値のみ適用されます。

$ aws <command> wait <subcommand> [options and parameters]

パラメータは数値、文字列、リスト、マップ、JSON 構造体など、様々なタイプの入力値を取得できます。サポートされる内容は、指定したコマンドおよびサブコマンドによって異なります。

注記

すべての AWS のサービスが wait コマンドをサポートしているわけではありません。ご使用のサービスが wait コマンドをサポートしているかどうかについては、AWS CLI バージョン 2 リファレンスガイドを参照してください。

AWS CloudFormation

次の wait change-set-create-complete コマンドの例は、my-stack スタック内の my-change-set 変更セットの実行準備が整っていることを確認できる場合に限り、一時停止と再開を行います。

$ aws cloudformation wait change-set-create-complete --stack-name my-stack --change-set-name my-change-set

AWS CloudFormation waitコマンドの詳細については、AWS CLI コマンドリファレンスの「wait」を参照してください。

AWS CodeDeploy

次の wait deployment-successful コマンド例は、d-A1B2C3111 のデプロイが正常に完了するまで一時停止します。

$ aws deploy wait deployment-successful --deployment-id d-A1B2C3111

AWS CodeDeploy waitコマンドの詳細については、AWS CLI コマンドリファレンスの「wait」を参照してください。