AWS Command Line Interface とは - AWS Command Line Interface

Python 2.7、3.4、および 3.5 は、AWS CLI バージョン 1 に対して非推奨になっています。詳細については、「AWS CLI バージョンについて」の AWS CLI バージョン 1 セクションを参照してください。

AWS Command Line Interface とは

AWS Command Line Interface (AWS CLI) は、コマンドラインシェルでコマンドを使用して AWS サービスとやり取りするためのオープンソースツールです。AWS CLI を使用すると、最小限の設定で、任意のターミナルプログラムのコマンドプロンプトから、ブラウザベースの AWS Management Console で提供される機能と同等の機能を実装するコマンドを実行できます。

  • Linux シェル - Linux または macOS でコマンドを実行するには bashzshtcsh などの一般的なシェルプログラムを使用します。

  • Windows コマンドライン - Windows では、Windows コマンドプロンプトまたは PowerShell でコマンドを実行します。

  • リモート – PuTTY や SSH などのリモートターミナルプログラム、または AWS Systems Manager を使用して Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスでコマンドを実行します。

AWS Management Console で使用できるすべての IaaS (infrastructure as a Service) AWS のアドミン、管理、およびアクセス機能は、AWS の API と AWS CLI でも使用できます。AWS で使用できる AWS Management Console IaaS の新しい機能およびサービスは、開始時、または開始から 180 日以内に、API と CLI からも使用できます。

AWS CLI では、AWS のサービスのパブリック API に直接アクセスできます。AWS CLI を使用してサービスの機能を調べ、シェルスクリプトを開発してリソースを管理できます。低レベルの同等の API コマンドに加えて、複数の AWS サービスでは AWS CLI のカスタマイズを提供します。カスタマイズには、複雑な API によるサービスの使用を簡略化する高レベルのコマンドが含まれます。

AWS CLI のバージョン

AWS CLI には 2 つのバージョンがあります。このガイドの情報は、特に明記しない限り、両方のバージョンに該当します。

  • バージョン 2.x – 本番稼働用環境での使用を目的とした、一般提供されている AWS CLI の最新リリース。

  • バージョン 1.x – 下位互換性のために使用できる AWS CLI の以前のバージョン。

異なるバージョンに関する詳細については、「AWS CLI のバージョンについて」を参照してください。

SDK メジャーバージョンのメンテナンスとサポート

SDK メジャーバージョンのメンテナンスとサポート、およびその基礎的な依存関係については、AWS SDK とツール共有設定および認証情報リファレンスガイドで以下を参照してください。

アマゾン ウェブ サービスについて

アマゾン ウェブ サービス (AWS) は、デベロッパーがアプリケーションの開発時に利用できるデジタルインフラストラクチャサービスの集合体です。サービスには、コンピューティング、ストレージ、データベース、およびアプリケーション同期 (メッセージングとキューイング) などがあります。AWS では従量制サービスモデルが採用されています。料金が発生するのは、ユーザー(すなわちユーザのアプリケーション)が実際に使用したサービスの分のみです。また、AWS をプロトタイピングと実験用のプラットフォームとして利用しやすくするため、AWS には無料利用枠も用意されています。この枠では、サービスを利用しても一定のレベル以下であれば無料です。AWS のコストと無料利用枠の詳細については、「Test-Driving AWS in the Free Usage Tier」を参照してください。AWS アカウントを取得するには、AWS ホームページを開き、[Sign Up](サインアップ) をクリックします。