AWS CLI ウィザードの使用 - AWS Command Line Interface

AWS CLI ウィザードの使用

AWS Command Line Interface (AWS CLI) は、一部のコマンドにウィザードを使用する機能を提供します。AWS CLI ウィザードに貢献する、または利用可能なウィザードの完全なリストを閲覧するには、GitHub の AWS CLI wizards フォルダを参照してください。

仕組み

AWS コンソールと同様に、AWS CLI には AWS リソースを管理するためのガイドとなる UI ウィザードがあります。ウィザードを使用するには、コマンド内のサービス名に続いて、wizard サブコマンドとウィザード名を呼び出します。コマンド構造は以下のとおりです。

構文:

$ aws <command> wizard <wizardName>

以下の例は、新しい dynamodb テーブルを作成するためのウィザードを呼び出しています。

$ aws dynamodb wizard new-table

aws configure は、ウィザード名を持たない唯一のウィザードです。このウィザードを実行するときは、以下の例にあるように、aws configure wizard コマンドを実行します。

$ aws configure wizard

ウィザードを呼び出すと、シェルにフォームが表示されます。各パラメータについて、選択するオプションのリストが提供されるか、文字列を入力するように促されます。リストから選択するには、上下矢印キーを使用して、Enter キーを押します。オプションの詳細を表示するには、右矢印キーを押します。パラメータの入力が完了したら、Enter キーを押します。

$ aws configure wizard What would you like to configure > Static Credentials Assume Role Process Provider Additional CLI configuration Enter the name of the profile: Enter your Access Key Id: Enter your Secret Access Key:

以前のプロンプトを編集するには、ShiftTab を使用します。一部のウィザードでは、すべてのプロンプトを入力した後で、ユーザー情報が入力された AWS CloudFormation テンプレート、または AWS CLI コマンドをプレビューできます。このプレビューモードは、AWS CLI、サービス API、およびスクリプトのテンプレートの作成について学ぶために役立ちます。

プレビューの後、または最後のプロンプトの後で Enter キーを押して、最終的なコマンドを実行します。

$ aws configure wizard What would you like to configure Enter the name of the profile: testWizard Enter your Access Key Id: AB1C2D3EF4GH5I678J90K Enter your Secret Access Key: ab1c2def34gh5i67j8k90l1mnop2qr3s45tu678v90 <ENTER>