AWS Command Line Interface
ユーザーガイド

仮想環境に AWS CLI をインストールする

仮想環境に AWS Command Line Interface (AWS CLI) をインストールすることで、他の pip パッケージとのバージョンに関する要件の競合を回避できます。

仮想環境に AWS CLI をインストールするには

  1. pip を使用して virtualenv をインストールします。

    $ pip install --user virtualenv
  2. 仮想環境を作成して名前を付けます。

    $ virtualenv ~/cli-ve

    または、-p オプションを使用してデフォルト以外のバージョンの Python を指定できます。

    $ virtualenv -p /usr/bin/python3.4 ~/cli-ve
  3. 新しい仮想環境をアクティブ化します。

    Linux, macOS, or Unix

    $ source ~/cli-ve/bin/activate

    Windows

    $ %USERPROFILE%\cli-ve\Scripts\activate
  4. 仮想環境に AWS CLI をインストールします。

    (cli-ve)~$ pip install --upgrade awscli
  5. AWS CLI が正しくインストールされたことを確認します。

    $ aws --version aws-cli/1.16.116 Python/3.6.8 Linux/4.14.77-81.59-amzn2.x86_64 botocore/1.12.106

deactivate コマンドを使用して、仮想環境を終了できます。新しいセッションを開始するたびに、環境を再度アクティブ化する必要があります。

最新バージョンにアップグレードするには、インストールコマンドを再び実行します。

(cli-ve)~$ pip install --upgrade awscli