AWS CLI バージョン 2 のアンインストール - AWS Command Line Interface

AWS CLI バージョン 2 のアンインストール

このトピックでは、AWS Command Line Interface バージョン 2 (AWS CLI バージョン 2)をアンインストールする方法について説明します。

AWS CLI バージョン 2 のアンインストール手順:

AWS CLI バージョン 2 をアンインストールするには、次のコマンドを実行します。

  1. シンボリックリンクとインストールパスを見つけます。

    • which コマンドを使用して、シンボリックリンクを検索します。--bin-dir パラメータで使用したパスが表示されます。

      $ which aws /usr/local/bin/aws
    • ls コマンドを使用して、シンボリックリンクが指すディレクトリを検索します。これにより、--install-dir パラメータで使用したパスが表示されます。

      $ ls -l /usr/local/bin/aws lrwxrwxrwx 1 ec2-user ec2-user 49 Oct 22 09:49 /usr/local/bin/aws -> /usr/local/aws-cli/v2/current/bin/aws
  2. --bin-dir ディレクトリ内の 2 つのシンボリックリンクを削除します。ユーザーアカウントにこれらのディレクトリへの書き込み権限がある場合は、sudo を使用する必要はありません。

    $ sudo rm /usr/local/bin/aws $ sudo rm /usr/local/bin/aws_completer
  3. --install-dir ディレクトリを削除します。このディレクトリへの書き込み権限がユーザーアカウントにある場合は、sudo を使用する必要はありません。

    $ sudo rm -rf /usr/local/aws-cli
  4. (オプション) .aws フォルダ内の共有 AWS SDK と AWS CLI 設定情報を削除します。

    警告

    これらの設定と認証情報の設定は、すべての AWS SDK と AWS CLI で共有されます。このフォルダを削除すると、システムに残っている AWS SDK からはアクセスできなくなります。

    .aws フォルダのデフォルトの場所はプラットフォームによって異なります。デフォルトでは、フォルダは ~/.aws/ にあります。このディレクトリへの書き込み権限がユーザーアカウントにある場合は、sudo を使用する必要はありません。

    $ sudo rm ~/.aws/

AWS CLI バージョン 2 をアンインストールするには、次のコマンドのパスをインストールに使用したパスに置き換えてから実行します。このコマンド例では、デフォルトのインストールパスを使用しています。

  1. メインプログラムとコンプリータへのシンボリックリンクを含むフォルダを見つけます。

    $ which aws /usr/local/bin/aws
  2. この情報を使用して次のコマンドを実行し、シンボリックリンクが指すインストールフォルダを見つけます。

    $ ls -l /usr/local/bin/aws lrwxrwxrwx 1 ec2-user ec2-user 49 Oct 22 09:49 /usr/local/bin/aws -> /usr/local/aws-cli/aws
  3. 最初のフォルダの 2 つのシンボリックリンクを削除します。ユーザーアカウントにこれらのフォルダに対する書き込みアクセス許可がある場合は、sudo を使用する必要はありません。

    $ sudo rm /usr/local/bin/aws $ sudo rm /usr/local/bin/aws_completer
  4. メインインストールフォルダを削除します。sudo を使用して、/usr/local フォルダに対する書き込みアクセス許可を取得します。

    $ sudo rm -rf /usr/local/aws-cli
  5. (オプション) .aws フォルダ内の共有 AWS SDK と AWS CLI 設定情報を削除します。

    警告

    これらの設定と認証情報の設定は、すべての AWS SDK と AWS CLI で共有されます。このフォルダを削除すると、システムに残っている AWS SDK からはアクセスできなくなります。

    .aws フォルダのデフォルトの場所はプラットフォームによって異なります。デフォルトでは、フォルダは ~/.aws/ にあります。このディレクトリへの書き込み権限がユーザーアカウントにある場合は、sudo を使用する必要はありません。

    $ sudo rm ~/.aws/
  1. 次のいずれかを実行して、[プログラムと機能] を開きます。

    • [コントロールパネル] を開き、[プログラムと機能] を選択します。

    • コマンドプロンプトを開き、次のコマンドを入力します。

      C:\> appwiz.cpl
  2. [AWS Command Line Interface] という名前のエントリを選択後、[アンインストール] を選択してアンインストーラを起動します。

  3. AWS CLI をアンインストールすることを確認します。

  4. (オプション) .aws フォルダ内の共有 AWS SDK と AWS CLI 設定情報を削除します。

    警告

    これらの設定と認証情報の設定は、すべての AWS SDK と AWS CLI で共有されます。このフォルダを削除すると、システムに残っている AWS SDK からはアクセスできなくなります。

    .aws フォルダのデフォルトの場所はプラットフォームによって異なります。デフォルトでは、フォルダは %UserProfile%\.aws にあります。

    $ rmdir %UserProfile%\.aws

AWS CLI のインストールエラーとアンインストールエラーのトラブルシューティング

AWS CLI をインストールまたはアンインストールした後に問題が発生した場合のトラブルシューティングステップについては、「AWS CLI に関連するエラーのトラブルシューティング」を参照してください。最も関連性の高いトラブルシューティングステップについては、「コマンドが見つからないエラー」、「「aws --version」コマンドが、インストールしたのとは異なるバージョンを返す」、および「AWS CLI のアンインストール後に、「aws --version」コマンドがバージョンを返す」を参照してください。