AWS CLI 例の使用 - AWS Command Line Interface

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

AWS CLI 例の使用

本ガイドの AWS Command Line Interface (AWS CLI) 例は、以下の規則を使用してフォーマットされています。

  • プロンプト – コマンドプロンプトは Linux プロンプトを使用し、($ ) として表示されます。Windows 固有のコマンドの場合、C:\> がプロンプトとして使用されます。コマンドを入力した場合はプロンプトを含めないでください。

  • ディレクトリ – 特定のディレクトリからコマンドを実行する必要がある場合は、プロンプト記号の前にディレクトリ名が表示されます。

  • ユーザー入力 – コマンドラインで入力するコマンドテキストは、user input としてフォーマットされます。

  • 置き換え可能なテキスト – 選択したリソースの名前、またはコマンドに含める必要のある AWS のサービスによって生成された ID を含む変更可能なテキストで、replaceable text の形式となります。複数行のコマンドまたは特定のキーボード入力が必要なコマンドの場合、キーボードコマンドも置き換え可能なテキストとして表示できます。

  • 出力 – AWS サービスによって返される出力はユーザー入力の下に表示され、computer output としてフォーマットされます。

以下の aws configure コマンド例は、ユーザー入力、置き換え可能なテキスト、および出力を示しています。

  1. コマンドラインに aws configure を入力し、Enter を押します。

  2. AWS CLI はテキスト行を出力し、追加情報の入力を求めるプロンプトを表示します。

  3. 各アクセスキーを順に入力して、[Enter] キーを押します。

  4. その後、表示されている形式で AWS リージョン名を入力して Enter キーを押し、最後に Enter キーをもう一度押して出力形式の設定をスキップします。

  5. 最後の Enter コマンドは、その行にユーザー入力がないため、置き換え可能なテキストとして表示されます。

$ aws configure AWS Access Key ID [None]: AKIAIOSFODNN7EXAMPLE AWS Secret Access Key [None]: wJalrXUtnFEMI/K7MDENG/bPxRfiCYEXAMPLEKEY Default region name [None]: us-west-2 Default output format [None]: ENTER

次の例は、簡単なコマンドと出力を示しています。この例を使用するには、コマンドのフルテキスト (プロンプトの後の強調表示されたテキスト) を入力し、Enter キーを押します。セキュリティグループ名 my-sg は、目的のセキュリティグループ名に置き換えることができます。JSON ドキュメントは中括弧を含めて出力です。CLI を TEXT または TABLE 形式で出力するように設定した場合、出力は異なる形式になります。JSON がデフォルトの出力形式です。

$ aws ec2 create-security-group --group-name my-sg --description "My security group" { "GroupId": "sg-903004f8" }
注記

必ず置き換える必要のある引数 (AWS Access Key ID など) と、置き換えるべき引数 (group name など) はいずれも、置き換え可能な斜体のテキストとして表示されます。引数を置き換える必要がある場合は、例を示すテキストにその旨が記載されています。