Amazon Linux での AWS CLI バージョン 1 のインストール、更新、アンインストール - AWS Command Line Interface

このドキュメントはバージョン 1 の AWS CLI のみを対象としています。AWS CLI のバージョン 2 に関連するドキュメントについては、バージョン 2 用ユーザーガイドを参照してください。

Amazon Linux での AWS CLI バージョン 1 のインストール、更新、アンインストール

AWS CLI バージョン 1 は、Amazon Linux および Amazon Linux 2 に事前にインストールされています。以下のコマンドを使用して、現在インストールされているバージョンを確認します。

$ aws --version aws-cli/1.22.23 Python/3.8.8 Linux/4.14.133-113.105.amzn2.x86_64 botocore/1.13

Amazon Linux インスタンスを作成した時期に応じて、AWS CLIバージョン 1 は、次のパッケージマネージャーのいずれかを使用してプリインストールされています。

前提条件

また、Python 3.6 以降をインストールする必要があります。インストール手順については、Python の Beginner Guide で「Downloading Python」ページを参照してください。

pip を使用したインストール、更新、アンインストール

ほとんどの Amazon Linux インスタンスでは、pip を使用して AWS CLI バージョン 1 をプリインストールしています。

pip を使用した Amazon Linux での AWS CLI バージョン 1 のインストールまたは更新

現在のユーザーのために AWS CLI バージョン 1 の最新バージョンをインストールするには、以下の手順を実行します。

  1. Python version 3 以降がインストールされている場合は、pip3 の使用が推奨されます。pip3 install を使用して、AWS CLI バージョン 1 の最新バージョンをインストール、または最新バージョンに更新します。Python 仮想環境 (venv) 内からコマンドを実行する場合は、--user オプションを使用する必要はありません。

    $ pip3 install --upgrade --user awscli
  2. aws を含むフォルダが PATH 変数の一部であることを確認します。

    1. ユーザーディレクトリでシェルのプロファイルスクリプトを見つけます。現在使用しているシェルが不明な場合は、echo $SHELL を実行します。

      $ ls -a ~ . .. .bash_logout .bash_profile .bashrc Desktop Documents Downloads
      • Bash - .bash_profile.profile、または .bash_login

      • Zsh - .zshrc

      • Tcsh - .tcshrc.cshrc、または .login

    2. 次の例のように、プロファイルスクリプトの末尾にエクスポートコマンドを追加します。

      export PATH=$HOME/.local/bin:$PATH

      このコマンドでは、パス (この例では $HOME/.local/bin) が、既存の $PATH 変数の前に挿入されます。

    3. 変更が有効になるように、プロファイルを現在のセッションに再ロードします。

      $ source ~/.bash_profile
  3. 新しいバージョンを実行していることを確認するには、aws --version コマンドを使用します。

    $ aws --version aws-cli/1.22.23 Python/3.8.8 Linux/4.14.133-113.105.amzn2.x86_64 botocore/1.13

pip を使用した AWS CLI バージョン 1 のアンインストール

AWS CLI をアンインストールする必要がある場合は、pip uninstall を使用します。

$ pip3 uninstall awscli

yum を使用したインストール、更新、アンインストール

ほとんどの Amazon Linux 2 インスタンスでは、yum を使用して AWS CLI バージョン 1 をプリインストールしています。

yum を使用した Amazon Linux での AWS CLI バージョン 1 のインストールまたは更新

次のコマンドを実行して AWS CLI バージョン 1 の最新バージョンをインストールします。

$ sudo yum install awscli

次のコマンドを実行して AWS CLI バージョン 1 の最新バージョンに更新します。

$ sudo yum update awscli

新しいバージョンを実行していることを確認するには、aws --version コマンドを使用します。

$ aws --version aws-cli/1.22.23 Python/3.8.8 Linux/4.14.133-113.105.amzn2.x86_64 botocore/1.13

yum を使用した AWS CLI バージョン 1 のアンインストール

Amazon Linux 2 の新しいイメージの一部では、yum を使用して Amazon Linux 2 をインストールするために、pip uninstall を使用して AWS CLI をアンインストールする必要があります。

$ sudo yum remove awscli

AWS CLI のインストールエラーとアンインストールエラーのトラブルシューティング

AWS CLI をインストールまたはアンインストールした後に問題が発生した場合のトラブルシューティングステップについては、「AWS CLI に関連するエラーのトラブルシューティング」を参照してください。最も関連性の高いトラブルシューティングステップについては、「コマンドが見つからないエラー」、「「aws --version」コマンドが、インストールしたのとは異なるバージョンを返す」、および「AWS CLI のアンインストール後に、「aws --version」コマンドがバージョンを返す」を参照してください。