AWS Cloud9
ユーザーガイド

AWS Cloud9 で環境を削除する

AWS Cloud9 development environment が不要になった場合、この料金が以後 AWS アカウントに課金されないようにするには、environment を削除する必要があります。

コンソールを使用して Environment を削除する

警告

environment を削除すると、AWS Cloud9 は environment を完全に削除します。これには、すべての関連する設定、ユーザーデータおよびコミットされていないコードの完全な削除が含まれます。削除された environments を復元することはできません。

  1. 以下のようにして AWS Cloud9 コンソールにサインインします。

    • AWS アカウントを使用する唯一のユーザーである、または単一の AWS アカウント内の IAM ユーザーである場合は、https://console.aws.amazon.com/cloud9/ を参照してください。

    • 組織で AWS Single Sign-On (SSO) を使用している場合は、サインインの手順について AWS アカウント管理者にお問い合わせください。

    • AWS Educate Starter Account を使用している場合は、個々の学生のサインアップの「ステップ 2: AWS Cloud 9 コンソールにサインインする」を参照してください。

    • 教室内の学生である場合は、サインインの手順についてインストラクターにお問い合わせください。

  2. 上部のナビゲーションバーで、environment が存在する AWS リージョンを選択します。

    
                  AWS Cloud9 コンソールの AWS リージョンセレクター
  3. 環境のリストの削除する environment で、次のいずれかを実行します。

    • environment のカードのタイトルを選択します。次のページで [Delete (削除)] を選択します。

      
                        環境の詳細ページから環境を削除する
    • environment のカードを選択し、[Delete (削除)] ボタンを選択します。

      
                        環境リストから環境を削除する
  4. [Delete (削除)] ダイアログボックスに「Delete」と入力し、[Delete (削除)] を選択します。

    environment が EC2 environment である場合、この environment に接続されていた Amazon EC2 インスタンスも AWS Cloud9 で削除されます。

    ただし、environment が SSH environment であり、この environment が Amazon EC2 インスタンスに接続されていた場合、このインスタンスは AWS Cloud9 で削除されません。後でそのインスタンスを終了しない場合は、AWS アカウントでそのインスタンスに関連する Amazon EC2 の継続的な料金が発生します。

  5. environment が SSH environment である場合、AWS Cloud9 は、この environment に接続されていたクラウドコンピューティングインスタンスや独自のサーバーに隠しサブディレクトリを残します。これで、サブディレクトリを安全に削除できます。サブディレクトリは .c9 という名前です。environment を作成したときに指定した [Environment path (環境パス)] ディレクトリにあります。

    environment がコンソールに表示されない場合は、次の 1 つ以上のアクションを実行して表示を試みてください。

    • サイドナビゲーションバーで、以下を 1 つ以上選択します。

      • [Your environments (お客様の環境)] を選択して、選択した AWS リージョンおよび AWS アカウント内で AWS エンティティが所有するすべてのenvironmentsを表示します。

      • [Shared with you (共有済み)] を選択して、選択した AWS リージョンおよび AWS アカウント内でお客様の AWS エンティティが招待されたすべてのenvironmentsを表示します。

      • [Account environments (アカウントの環境)] を選択して、AWS エンティティに表示するアクセス許可がある、選択した AWS リージョンおよび AWS アカウント内のすべてのenvironmentsを表示します。

      
               AWS Cloud9 コンソールのEnvironmentリストのスコープ
    • 前への矢印、次への矢印、またはページ番号ボタンを選択して現在のスコープに追加のenvironmentsを表示します。

      
               AWS Cloud9 コンソールのEnvironmentリストのページ制御
    • environment のメンバーであるはずだが environment が [Shared with you (共有済み)] リストに表示されない場合は、environment の所有者に問い合わせてください。

    • 上部のナビゲーションバーで、別の AWS リージョンを選択します。

      
               AWS Cloud9 コンソールの AWS リージョンセレクター

コードを使用して Environment を削除する

警告

environment を削除すると、AWS Cloud9 は environment を完全に削除します。これには、すべての関連する設定、ユーザーデータおよびコミットされていないコードの完全な削除が含まれます。削除された environments を復元することはできません。

コードを使用して AWS Cloud9 の environment を削除するには、次のように、AWS Cloud9 の environment 削除オペレーションを呼び出します。

AWS CLI

delete-environment

AWS SDK for C++

DeleteEnvironmentRequestDeleteEnvironmentResult

AWS SDK for Go

DeleteEnvironmentDeleteEnvironmentRequestDeleteEnvironmentWithContext

AWS SDK for Java

DeleteEnvironmentRequestDeleteEnvironmentResult

AWS SDK for JavaScript

deleteEnvironment

AWS SDK for .NET

DeleteEnvironmentRequestDeleteEnvironmentResponse

AWS SDK for PHP

deleteEnvironment

AWS SDK for Python (Boto)

delete_environment

AWS SDK for Ruby

delete_environment

AWS Tools for Windows PowerShell

Remove-C9Environment

AWS Cloud9 API

DeleteEnvironment