AWS Cloud9 インストーラの使用 - AWS Cloud9

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS Cloud9 インストーラの使用

AWS Cloud9 SSH 開発環境を作成する前に、その環境に接続するクラウドコンピューティングインスタンス (Amazon EC2 インスタンスなど) または独自のサーバーは、SSH ホスト要件。これらの要件の 1 つは、インスタンスまたはサーバーに AWS Cloud9 インストーラをダウンロードして実行する必要があることです。AWS Cloud9 インストーラは、インスタンスまたはサーバーが実行されているオペレーティングシステムのプラットフォームやアーキテクチャーが AWS Cloud9 でサポートされているかどうかを確認する Linux シェルスクリプトです。この確認に成功すると、スクリプトは AWS Cloud9 がインスタンスまたはサーバーにインストールしようとします。

このトピックでは、このインストーラスクリプトをターゲットのインスタンスやサーバーにダウンロードして実行する方法について説明します。

AWS Cloud9 インストーラをダウンロードして実行する

  1. 環境に接続するクラウドコンピューティングインスタンスまたは独自のサーバーが、SSH ホスト要件。これには、特定のバージョンの Python および Node.js をインストール済みであること、ログイン後に AWS Cloud9 を起動するディレクトリに特定のアクセス許可を設定していること、関連する Amazon Virtual Private Cloudをセットアップしていることなどが含まれます。

  2. インスタンスまたはサーバーに接続しているときに、そのインスタンスまたはサーバーで以下のいずれかのコマンドを実行します。

    curl -L https://raw.githubusercontent.com/c9/install/master/install.sh | bash wget -O - https://raw.githubusercontent.com/c9/install/master/install.sh | bash
  3. エラーなしで [Done (完了)] メッセージが表示された場合は、SSH 環境を作成できます。

    エラーメッセージが表示された場合は、次のセクションのトラブルシューティング情報を参照してください。

AWS Cloud9 インストーラのトラブルシューティング

このセクションでは、AWS Cloud9 インストーラのエラーのトラブルシューティングに関して、一般的なエラー、考えられる原因、および推奨される解決策を説明します。

該当する問題が以下に示されていない場合や、追加のヘルプが必要な場合は、AWS Cloud9 ディスカッションフォーラム。(このフォーラムにアクセスするには AWS へのサインインが必要になることがあります。) 当社に直接お問い合わせいただくこともできます。

-bash: wget: コマンドが見つかりません

問題: インストーラスクリプトを実行すると、というメッセージが表示されます。-bash: wget: command not found

考えられる原因: - wget ユーティリティがインスタンスまたはサーバーにインストールされていません。

推奨される解決策: インスタンスまたはサーバーで、インストーラスクリプトを curl 代わりにユーティリティを使用します。

エラー: 続行するには make をインストールしてください

問題: インストーラスクリプトを実行すると、というメッセージが表示されます。Error: please install make to proceed

考えられる原因: - make ユーティリティがインスタンスまたはサーバーにインストールされていません。

推奨される解決策: をインストールする make ユーティリティを使用して、インストーラスクリプトをインスタンスまたはサーバーで再度実行します。

をインストールするには make ユーティリティを使用して、インスタンスまたはサーバーで以下のいずれかのコマンドを実行します。

  • Amazon EC2 で実行されている Amazon Linux、Amazon Linux 2、および Red Hat Enterprise Linux (RHEL) の場合: sudo yum -y groupinstall "Development Tools"

  • Amazon EC2 で実行されている Ubuntu Server の場合: sudo apt install -y build-essential

  • SUSE の場合: sudo zypper install -y make

エラー: 続行するには gcc をインストールしてください

問題: インストーラスクリプトを実行すると、というメッセージが表示されます。Error: please install gcc to proceed

考えられる原因: - gcc ユーティリティがインスタンスまたはサーバーにインストールされていません。

推奨される解決策: をインストールする gcc ユーティリティを使用して、インストーラスクリプトをインスタンスまたはサーバーで再度実行します。

をインストールするには gcc ユーティリティを使用して、インスタンスまたはサーバーで以下のいずれかのコマンドを実行します。

  • Amazon EC2 で実行されている Amazon Linux、Amazon Linux 2、および Red Hat Enterprise Linux (RHEL) の場合: sudo yum -y groupinstall "Development Tools"

  • Amazon EC2 で実行されている Ubuntu Server の場合: sudo apt install -y build-essential

  • SUSE の場合: sudo zypper install -y gcc

  • 他のオペレーティングシステムについては、「GCC のインストール」を参照してください。

設定: エラー: カースが見つかりません

問題: インストーラスクリプトを実行すると、というメッセージが表示されます。configure: error: curses not found

考えられる原因: - ncurses ターミナルコントロールライブラリがインスタンスまたはサーバーにインストールされていません。

推奨される解決策: をインストールする ncurses ターミナルコントロールライブラリ (また、一部のオペレーティングシステムでは glibc-static ライブラリ) を使用して、インストーラスクリプトをインスタンスまたはサーバーで再度実行します。

をインストールするには ncurses ターミナルコントロールライブラリ (また、一部のオペレーティングシステムでは glibc-static ライブラリ) で、インスタンスまたはサーバーで以下のいずれかのコマンドを実行します。

  • Amazon EC2 で実行されている Amazon Linux、Amazon Linux 2、および Red Hat Enterprise Linux (RHEL) の場合: sudo yum -y install ncurses-devel

  • SUSE の場合: sudo zypper install -y ncurses-devel および sudo zypper install -y glibc-static