AWS Cloud9
ユーザーガイド

AWS Cloud9 SSH Development Environment ホスト要件

EC2 environment を作成すると、AWS Cloud9 によって新しい environment が作成され、Amazon EC2 に対して新しいインスタンスの起動がリクエストされます。その後、新しく起動されたインスタンスが新しい environment に接続されます。EC2 environment の作成には次の利点があります。

  • インスタンスが自動で起動される。EC2 environment を作成すると、同時に AWS Cloud9 によって Amazon EC2 に対して新しいインスタンスの作成がリクエストされます。SSH environment では、既存のクラウドコンピューティングインスタンス (Amazon EC2 インスタンスんど) または独自のサーバーを自分で指定する必要があります。

  • インスタンスが自動でシャットダウンされる。 デフォルトでは、EC2 environment の IDE に接続されたすべてのウェブブラウザインスタンスが閉じられてから 30 分後に、AWS Cloud9 によって EC2 environment が自動的にシャットダウンされます。(この動作はいつでも変更できます。) これにより、AWS アカウントに課金される余分な Amazon EC2 の使用料金を削減できます。

  • インスタンスが自動でクリーンアップされる。 EC2 environment を削除すると、接続されている Amazon EC2 インスタンスも自動的に削除されます。これにより、AWS アカウントに課金される余分な Amazon EC2 の使用料金も削減できます。クラウドコンピューティングインスタンスに接続されている SSH environment では、インスタンスを自分で削除する必要があります。

SSH Environment を作成するタイミングと方法

次のいずれかが当てはまる場合、EC2 environment ではなく SSH environment を作成する必要があります。

要件 手順

AWS クラウドコンピューティングインスタンスを使用して AWS アカウントに追加料金が発生しないようにするため、AWS Cloud9 を、AWS 外の既存のクラウドコンピューティングインスタンスまたは独自のサーバーに代わりに接続することにした。

  1. インスタンスまたはサーバーがこのトピックで後述する要件を満たしていることを確認します。

  2. AWS Cloud9 用の SSH 環境を作成して、インスタンスまたはサーバーをそこに接続します。

environment の作成時に AWS Cloud9 によって新しいインスタンスを起動させるのではなく、AWS アカウントで既存の AWS クラウドコンピューティングインスタンス (Amazon EC2 インスタンスなど) を使用する。

  1. インスタンスがこのトピックで後述する要件を満たしていることを確認します。

  2. AWS Cloud9 用の SSH 環境を作成して、インスタンスをそこに接続します。

現在 AWS Cloud9 が EC2 environment 向けにサポートしていない Amazon EC2 インスタンスタイプを使用する (R4 など)。

  1. 目的のインスタンスタイプに基づいて Amazon EC2 インスタンスを起動します。または、AWS アカウント内で目的のインスタンスタイプを実行している既存のインスタンスを識別します。

  2. インスタンスがこのトピックで後述する要件を満たしていることを確認します。

  3. AWS Cloud9 用の SSH 環境を作成して、インスタンスをそこに接続します。

Amazon Linux 以外 (たとえば Ubuntu サーバー) の Amazon Machine Image (AMI) に基づいた Amazon EC2 インスタンスを使用する。

  1. 目的の AMI に基づいて Amazon EC2 インスタンスを起動します。または、AWS アカウント内で目的の AMI に基づいている既存のインスタンスを識別します。

  2. インスタンスがこのトピックで後述する要件を満たしていることを確認します。

  3. AWS Cloud9 用の SSH 環境を作成して、インスタンスをそこに接続します。

複数の environments を単一の既存のクラウドコンピューティングインスタンスまたは独自のサーバーに接続する。

  1. インスタンスまたはサーバーがこのトピックで後述する要件を満たしていることを確認します。

  2. AWS Cloud9 によってインスタンスまたはサーバーを接続する各 environment 用の SSH 環境を作成します。

注記

Amazon EC2 インスタンスを起動すると、Amazon EC2 の AWS アカウントに対して料金が発生する場合があります。詳細については、Amazon EC2 料金表を参照してください。

SSH ホスト要件

既存のクラウドコンピューティングインスタンスまたは独自のサーバーは、AWS Cloud9 によって SSH environment に接続されるには、次の要件を満たしている必要があります。

  • Linux を実行する必要があります。

    注記

    既存の AWS クラウドコンピューティングインスタンスにログインして要件を確認し要件を満たすには、次のリソースを 1 つ以上参照してください。

  • パブリックインターネット経由で到達可能である必要があります。

    注記

    既存の AWS クラウドコンピューティングインスタンスを使用しており、そのインスタンスが Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) の一部である場合、追加要件があります。「Amazon VPC の設定」を参照してください。

  • Python がインストールされている必要があり、バージョンが 2.7 である必要があります。バージョンを確認するには、既存のインスタンスまたはサーバーのターミナルから、コマンド python --version を実行します。インスタンスまたはサーバーに Python 2.7 をインストールするには、次のいずれかを参照してください。

  • Node.js がインストールされている必要があり、バージョンが 0.6.16 以降である必要があります。バージョンを確認するには、既存のインスタンスまたはサーバーのターミナルから、コマンド node --version を実行します。インスタンスまたはサーバーに Node.js をインストールするには、次のいずれかを参照してください。

  • AWS Cloud9 によって SSH environment 用に生成されるパブリック SSH キーの値が、既存のインスタンスまたはサーバー内の正しい場所に保存されている必要があります。これを行うには、新しい環境を作成する際に、環境の作成ウィザードで [Configure settings (設定の構成)] ページを開き、[Connect and run remote server (SSH) (リモートサーバー (SSH) を接続して実行する)] が選択された状態で、[Copy key to clipboard (キーをクリップボードにコピーする)] を選択します。コピーしたパブリック SSH キーの値を、既存のインスタンスまたはサーバーの ~/.ssh/authorized_keys ファイルに貼り付けます。

    注記

    コピーされたパブリック SSH キーの値を確認するには、[Configure settings (設定の構成)] ページの [View public SSH key (パブリック SSH キーを表示する)] を展開します。

  • 既存のインスタンスのディレクトリへのパスまたはログイン後に AWS Cloud9 を起動するサーバーのアクセス権限が rwxr-xr-x に設定されている必要があります。これは、所有者には読み取り/書き込み/実行のアクセス権限、グループには読み取り/実行のアクセス権限、その他には読み取り/実行のアクセス権限があることを意味します。たとえば、ディレクトリのパスが ~ である場合、インスタンスまたはサーバーのターミナルから chmod コマンドを次のように実行して、ディレクトリにこれらのアクセス権限を設定できます。

    sudo chmod u=rwx,g=rx,o=rx ~
  • 必要に応じて、SSH を介した受信トラフィックを、AWS Cloud9 が使用する IP アドレスのみに制限できます。これを行うには、IP 範囲へのインバウンド SSH トラフィックを、「インバウンド SSH IP アドレスの範囲」で説明されているように設定します。

  • SSH environment を Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) 内で実行されている AWS クラウドコンピューティングインスタンスに関連付ける場合、追加要件があります。「VPC Settings for AWS Cloud9 Development Environments」を参照してください。

インスタンスまたはサーバーが上記の要件を満たしていることを確認した後、AWS Cloud9 によってそれを接続するための SSH 環境を作成します。