AWS Cloud9 統合開発環境 (IDE)の Windows/Linux Emacs キー割り当てリファレンス - AWS Cloud9

AWS Cloud9 統合開発環境 (IDE)の Windows/Linux Emacs キー割り当てリファレンス

以下は、AWS Cloud9 IDE における Windows/Linux オペレーティングシステム用の Emacs キーボードモードのキー割り当てのリストです。

詳細については、AWS Cloud9 IDEの「」を参照してください。

  1. メニューバーで、 AWS Cloud9設定を選択してください。

  2. Preferences (設定)]タブで、[Keybindings (キー割り当て)]を選択します。

  3. Keyboard Mode (キーボードモード)]で、[Emacs]を選択します。

  4. Operating System (オペレーティングシステム)]で、[Windows / Linux]を選択します。

キー割り当てを使用した操作」も参照してください。

全般

説明書 割り当て コマンド

選択したものをウォッチ式として追加する

Ctrl-Shift-C

addwatchfromselection

切り取った選択部分をクリップボードから削除する

Esc

clearcut

コード補完のコンテキストメニューを表示する

Ctrl-Space | Alt-Space

complete

コードを補完した後、上書きする

Ctrl-Shift-Space | Alt-Shift-Space

completeoverwrite

選択したものをクリップボードにコピーする

Ctrl-C

copy

選択したものをクリップボードに切り取る

Ctrl-X

cut

コードを展開する (該当する場合)

Tab

expandSnippet

現在のドキュメントで検索と置換バーを表示する

Ctrl-F

find

現在のドキュメント内で検索に一致するものをすべて選択する

Ctrl-Alt-K

findall

現在のドキュメントで最後に入力した検索クエリの次の一致に移動する

Ctrl-K

findnext

現在のドキュメントで最後に入力した検索クエリの前の一致に移動する

Ctrl-Shift-K

findprevious

エディタのアクティブなファイルで挿入ポイントにすべての既知のリファレンスを表示する

Shift-F3

findReferences

Environment (環境)]ウィンドウを開き、ファイルのリストをアクティブにする

Shift-Esc

focusTree

選択した JavaScript コードを再フォーマットする

Ctrl-Shift-B

formatcode

行に移動するボックスを表示する

Ctrl-G

gotoline

検索と置換バーを非表示にする (表示されている場合)

Esc

hidesearchreplace

変数の定義またはカーソルがある関数に移動する

F3

jumptodef

ローカル Lambda 関数が[AWS リソース]ウィンドウの[Lambda]セクションで選択されている場合、この関数をリモート関数として Lambda にアップロードすることを試行する

Ctrl-Shift-U

lambdaUploadFunction

新規ファイルを作成する

Alt-N

newfile

Preferences (設定)]タブを表示する

Ctrl-,

openpreferences

Terminal (ターミナル)]タブを開き、ファイルのリストで選択したファイルの親フォルダに切り替える

Alt-L

opentermhere

クリップボードの現在の内容をカーソル位置に貼り付ける

Ctrl-V

paste

エラーを修正するための候補を表示する

Ctrl-F3

quickfix

前回のアクションを繰り返す

Ctrl-Shift-Z | Ctrl-Y

redo

プレビューペインを最新の情報に更新する

Ctrl-Enter

reloadpreview

選択部分の名前変更のリファクタリングを開始する

Ctrl-Alt-R

renameVar

現在のドキュメントの検索と置換バーを表示し、「置換後の文字列」式にフォーカスする

Alt-Shift-F | Ctrl-H

replace

初期化スクリプトを再実行する

Ctrl-Enter

rerunInitScript

環境の再起動

Ctrl-R

restartc9

現在のファイルを最後に保存されたバージョンにリセットする

Ctrl-Shift-Q

reverttosaved

開いている各ファイルを保存されているバージョンにリセットする

Alt-Shift-Q

reverttosavedall

現在のファイルをディスクに保存する

Ctrl-S

save

現在のファイルを別のファイル名でディスクに保存する

Ctrl-Shift-S

saveas

複数のファイルで検索と置換バーを表示する

Ctrl-Shift-F

searchinfiles

Process List (プロセスリスト)]ダイアログボックスを表示する

Ctrl-Alt-P

showprocesslist

前回のアクションを元に戻す

Ctrl-Z

undo

タブ

説明書 割り当て コマンド

現在のペインで現在のタブ以外の開いているすべてのタブを閉じる

Ctrl-Alt-W

closeallbutme

すべてのペインで開いているタブをすべて閉じる

Alt-Shift-W

closealltabs

現在のペインを閉じる

Ctrl-W

closepane

現在のタブを閉じる

Alt-W

closetab

下のペインに移動

Ctrl-Meta-Down

gotopanedown

左のペインに移動

Ctrl-Meta-Left

gotopaneleft

右のペインに移動

Ctrl-Meta-Right

gotopaneright

上のペインに移動

Ctrl-Meta-Up

gottopaneup

左のタブに移動

Ctrl-[

gototableft

右のタブに移動

Ctrl-]

gototabright

現在のタブを 1 つ下のペインに移動する、またはタブが一番下の場合はそこで分割タブを作成する

Ctrl-Meta-Down

movetabdown

現在のタブを 1 つ左のペインに移動する、またはタブが一番左の場合はそこで分割タブを作成する

Ctrl-Meta-Left

movetableft

現在のタブを 1 つ右のペインに移動する、またはタブが一番右の場合はそこで分割タブを作成する

Ctrl-Meta-Right

movetabright

現在のタブを 1 つ上のペインに移動する、またはタブが一番上の場合はそこで分割タブを作成する

Ctrl-Meta-Up

movetabup

次のペインに移動する

Ctrl-`

nextpane

次のタブに移動する

Ctrl-Tab | Alt-`

nexttab

前のペインに移動する

Ctrl-Shift-`

previouspane

前のタブに移動する

Ctrl-Shift-Tab | Alt-Shift-`

previoustab

最後のタブに戻る

Esc

refocusTab

最後のタブを再度開く

Alt-Shift-T

reopenLastTab

ファイルツリーで現在のタブを表示する

Ctrl-Shift-L

revealtab

10 番目のタブに移動する

Ctrl-0

tab0

最初のタブに移動する

Ctrl-1

tab1

2 番目のタブに移動する

Ctrl-2

tab2

3 番目のタブに移動する

Ctrl-3

tab3

4 番目のタブに移動する

Ctrl-4

tab4

5 番目のタブに移動する

Ctrl-5

tab5

6 番目のタブに移動する

Ctrl-6

tab6

7 番目のタブに移動する

Ctrl-7

tab7

8 番目のタブに移動する

Ctrl-8

tab8

9 番目のタブに移動する

Ctrl-9

tab9

パネル

説明書 割り当て コマンド

Go (移動)]ウィンドウを[Go to Anything (どこにでも移動)]モードで表示する

Ctrl-E|Ctrl-P

gotoanything

Go (移動)]ウィンドウを[Go to Command (コマンドに移動)]モードで表示する

Ctrl-.|F1

gotocommand

Go (移動)]ウィンドウを[Go To Line (行に移動)]モードで表示する

Ctrl-O

gotofile

Go (移動)]ウィンドウを[Go to Symbol (記号に移動)]モードで表示する

Ctrl-Shift-O

gotosymbol

Outline (アウトライン)]ウィンドウを表示する

Ctrl-Shift-E

outline

Console (コンソール)]ウィンドウが非表示の場合は表示し、表示されている場合は非表示にする

F6

toggleconsole

Environment (環境)]ウィンドウが非表示の場合は表示し、表示されている場合は非表示にする

Ctrl-I

toggletree

コードエディタ

説明書 割り当て コマンド

アクティブなカーソルの 1 行上にカーソルを追加する、または既にカーソルが追加されている場合はその上にもう 1 つカーソルを追加する

Ctrl-Alt-Up

addCursorAbove

アクティブなカーソルの 1 行上に 2 つ目のカーソルを追加する、または既に 2 つ目のカーソルが追加されている場合は 2 つ目のカーソルを 1 行上に移動する

Ctrl-Alt-Shift-Up

addCursorAboveSkipCurrent

アクティブなカーソルの 1 行下にカーソルを追加する、または既にカーソルが追加されている場合はその下にもう 1 つカーソルを追加する

Ctrl-Alt-Down

addCursorBelow

アクティブなカーソルの 1 行下に 2 つ目のカーソルを追加する、または既に 2 つ目のカーソルが追加されている場合は 2 つ目のカーソルを 1 行下に移動する

Ctrl-Alt-Shift-Down

addCursorBelowSkipCurrent

行ごとにすべてのカーソルをアクティブなカーソルと同じ空間に移動する (正しく配置されていない場合)

Ctrl-Alt-A

alignCursors

バックスペースで 1 つのスペースを削除する

Shift-Backspace | Backspace

backspace

選択部分を 1 タブ分インデントする

Ctrl-]

blockindent

選択部分を 1 タブ分アウトデントする

Ctrl-[

blockoutdent

フォーカスをエディタから IDE の別の場所に切り替えることができるかどうかを制御する

Ctrl-Z | Ctrl-Shift-Z | Ctrl-Y

cancelBrowserUndoInAce

行の内容をコピーし、1 つ下の行にコピーした内容を貼り付ける

Alt-Shift-Down

copylinesdown

行の内容をコピーし、1 つ上の行にコピーした内容を貼り付ける

Alt-Shift-Up

copylinesup

選択を切り取る。何も選択していない場合は、スペースを 1 つ削除する

Shift-Delete

cut_or_delete

1 つのスペースを削除する

Delete

del

選択部分の内容をコピーし、選択部分のすぐ下にコピーした内容を貼り付ける

Ctrl-Shift-D

duplicateSelection

現在の行の内容を選択に含める

Ctrl-Shift-L

expandtoline

上にある次の一致する記号まで選択部分に含める

Ctrl-Shift-M

expandToMatching

選択されたコードを折りたたむ。折りたたまれたユニットが選択されている場合は展開する

Alt-L | Ctrl-F1

fold

現在の選択範囲を除き、折りたたむことができる要素をすべて折りたたむ

Alt-0

foldOther

1 行下に移動する

Down

golinedown

1 行上に移動する

Up

golineup

ファイルの末尾に移動する

Ctrl-End

gotoend

1 つ左のスペースに移動する

Left

gotoleft

現在の行の末尾に移動する

Alt-Right | End

gotolineend

現在の行の行頭に移動する

Alt-Left | Home

gotolinestart

次のエラーに移動する

Alt-E

goToNextError

1 ページ下に移動する

Page Down

gotopagedown

1 ページ上に移動する

Page Up

gotopageup

前のエラーに移動する

Alt-Shift-E

goToPreviousError

1 つ右のスペースに移動する

Right

gotoright

ファイルの最初に移動する

Ctrl-Home

gotostart

1 つ左の単語に移動する

Ctrl-Left

gotowordleft

1 つ右の単語に移動する

Ctrl-Right

gotowordright

選択部分を 1 タブ分インデントする

Tab

indent

現在の範囲内の一致する記号に移動する

Ctrl-P

jumptomatching

フォントサイズを大きくする

Ctrl-+ | Ctrl-=

largerfont

カーソルの左にある数字を 1 減らす (数字の場合)

Ctrl-Shift-Down

modifyNumberDown

カーソルの左にある数字を 1 増やす (数字の場合)

Ctrl-Shift-Up

modifyNumberUp

選択範囲を 1 行下に移動する

Alt-Down

movelinesdown

選択範囲を 1 行上に移動する

Alt-Up

movelinesup

選択部分を 1 タブ分アウトデントする

Shift-Tab

outdent

上書きモードをオンにする。オンの場合はオフにする

Insert

overwrite

現在の行の内容を削除する

Ctrl-D

removeline

カーソルから現在の行の末尾までを削除する

Alt-Delete

removetolineend

現在の行の行頭からカーソルまでを削除する

Alt-Backspace

removetolinestart

カーソルの左にある単語を削除する

Ctrl-Backspace

removewordleft

カーソルの右にある単語を削除する

Ctrl-Delete

removewordright

以前に記録されたキーストロークを再生する

Ctrl-Shift-E

replaymacro

現在のファイルの 1 行下にスクロールする

Ctrl-Down

scrolldown

現在のファイルの 1 行上にスクロールする

Ctrl-Up

scrollup

選択可能な内容をすべて選択する

Ctrl-A

selectall

下にある次の行を選択部分に含める

Shift-Down

selectdown

左にある次のスペースを選択部分に含める

Shift-Left

selectleft

カーソルから、現在の行の残り部分を選択に含める

Shift-End

selectlineend

現在の行の先頭を、カーソルまで選択に含める

Shift-Home

selectlinestart

選択部分以降で一致する選択部分を含める

Ctrl-Alt-Right

selectMoreAfter

選択部分以前で一致する選択部分を含める

Ctrl-Alt-Left

selectMoreBefore

選択部分以降で次に一致する選択部分を含める

Ctrl-Alt-Shift-Right

selectNextAfter

選択部分以前で次に一致する選択部分を含める

Ctrl-Alt-Shift-Left

selectNextBefore

次に一致する選択部分を選択または検索する

Alt-K

selectOrFindNext

前に一致する選択部分を選択または検索する

Alt-Shift-K

selectOrFindPrevious

カーソルから現在のページの末尾までを選択に含める

Shift-Page Down

selectpagedown

カーソルから現在のページの先頭までを選択に含める

Shift-Page Up

selectpageup

カーソル右にある次のスペースまでを選択に含める

Shift-Right

selectright

カーソルから現在のファイルの末尾までを選択に含める

Ctrl-Shift-End

selecttoend

カーソルから現在の行の末尾までを選択に含める

Alt-Shift-Right

selecttolineend

現在の行の行頭からカーソルまでを選択に含める

Alt-Shift-Left

selecttolinestart

カーソルから現在のスコープの次に一致する記号までを含める

Ctrl-Shift-P

selecttomatching

カーソルから現在のファイルの先頭までを選択に含める

Ctrl-Shift-Home

selecttostart

上にある次の行を選択部分に含める

Shift-Up

selectup

カーソル左にある次の単語までを選択に含める

Ctrl-Shift-Left

selectwordleft

カーソル右にある次の単語までを選択に含める

Ctrl-Shift-Right

selectwordright

Preferences (設定)]タブを表示する

Ctrl-,

showSettingsMenu

以前の選択をすべてクリア

Esc

singleSelection

フォントサイズを小さくする

Ctrl--

smallerfont

複数の行が選択されている場合は、ソート順に並べ替える

Ctrl-Alt-S

sortlines

現在の行の末尾にカーソルを追加する

Ctrl-Alt-L

splitIntoLines

カーソルの内容を行の末尾に移動し、独自の行にする

Ctrl-O

splitline

選択部分をブロックコメント文字で囲む、または既にある場合は削除する

Ctrl-Shift-/

toggleBlockComment

選択された各行の先頭にコメント行文字を追加する、または既にある場合は削除する

Ctrl-/

togglecomment

コードを折りたたむ、またはコードの折りたたみがある場合は削除する

F2

toggleFoldWidget

親コードを折りたたむ、または折りたたみがある場合は削除する

Alt-F2

toggleParentFoldWidget

キーストロークの記録を開始する、または既に記録している場合は停止する

Ctrl-Alt-E

togglerecording

単語をラッピングする、または既にラッピング中の場合は単語のラッピングを停止する

Ctrl-Q

toggleWordWrap

選択部分をすべて小文字に変更する

Ctrl-Shift-U

tolowercase

選択部分をすべて大文字に変更する

Ctrl-U

touppercase

選択部分を移動する

Alt-X

transposeletters

選択されたコードを展開する

Alt-Shift-L | Ctrl-Shift-F1

unfold

ファイル全体でコードの折りたたみを展開する

Alt-Shift-0

unfoldall

emmet

説明書 割り当て コマンド

単純計算式 (2*410/2 など) を評価して結果を出力する

Shift-Ctrl-Y

emmet_evaluate_math_expression

現在のファイル構文に応じて、CSS 風の省略形を HTML、XML、または CSS コードに展開する

Ctrl-Alt-E

emmet_expand_abbreviation

タブストップを使用して展開された CSS 風の省略形をトラバースする

Tab

emmet_expand_abbreviation_with_tab

次の編集可能なコード部分に移動する

Shift-Ctrl-.

emmet_select_next_item

前の編集可能なコード部分に移動する

Shift-Ctrl-,

emmet_select_previous_item

省略形を展開し、生成されたスニペットの最後の要素内に現在の選択部分を配置する

Shift-Ctrl-A

emmet_wrap_with_abbreviation

ターミナル

説明書 割り当て コマンド

新しい[Terminal (ターミナル)]タブを開く

Alt-T

openterminal

エディタと[Terminal (ターミナル)]タブを切り替える

Alt-S

switchterminal

実行およびデバッグ

説明書 割り当て コマンド

現在のファイルをビルドする

Ctrl-B

build

現在一時停止しているプロセスを再開する

F8

resume

現在のアプリケーションを実行またはデバッグする

Alt-F5

run

最後に実行したファイルを実行またはデバッグする

F5

runlast

スタックの次の関数をステップインする

F11

stepinto

現在の関数範囲をステップアウトする

Shift-F11

stepout

スタックの現在の式をステップオーバーする

F10

stepover

現在のアプリケーションの実行またはデバッグを停止する

Shift-F5

stop

現在のファイルのビルドを停止する

Ctrl-Shift-C

stopbuild