AWS Cloud9 Integrated Development Environment (IDE) でキー割り当てを使用する - AWS Cloud9

AWS Cloud9 Integrated Development Environment (IDE) でキー割り当てを使用する

キー割り当ては、ショートカットキーの組み合わせを定義します。キー割り当ては、IAM ユーザーに関連付けられているすべての AWS Cloud9 開発環境 にまたがって適用されます。キー割り当てを変更すると、AWS Cloud9 は、これらの変更をクラウドにプッシュし、IAM ユーザーに関連付けます。また、AWS Cloud9 は IAM ユーザーに関連付けられたキー割り当ての変更をクラウドで継続的にスキャンし、これらの変更を現行の 環境 に適用します。

キー割り当ては他のユーザーと共有できます。

キー割り当ての表示または変更

  1. メニューバーで、[AWS Cloud9]、[Preferences (設定)] の順に選択します。

  2. すべての関連付けられた 環境 にまたがってキー割り当てを表示するには、[Preferences (設定)] タブのサイドナビゲーションペインで、[Keybindings (キー割り当て)] を選択します。

  3. すべての関連付けられた 環境 にまたがってキー割り当てを変更するには、[Keybindings (キー割り当て)] ペインで目的の設定を変更します。

  4. 特定の 環境 に変更を適用するには、その 環境 を開くだけです。その 環境 が既に開いている場合は、その 環境 のウェブブラウザタブを最新の情報に更新します。

詳細については、以下を参照してください。

別のユーザーとキー割り当てを共有する

  1. ソースとターゲットの両方の 環境 で、AWS Cloud9 IDE のメニューバーの [AWS Cloud9]、[Open Your Keymap (キーマップを開く)] の順に選択します。

  2. ソース 環境 で、表示される [keybindings.settings] タブの内容をコピーします。

  3. ターゲット 環境 で、[keybindings.settings] タブの内容を、ソース 環境 からコピーした内容で上書きします。

  4. ターゲット 環境 で、[keybindings.settings] タブを保存します。

キーボードモードを変更する

IAM ユーザーに関連付けられているすべての 環境 にまたがって、エディタでテキストを操作するために AWS Cloud9 IDE で使用するキーボードモードを変更できます。

  1. メニューバーで、[AWS Cloud9]、[Preferences (設定)] の順に選択します。

  2. [Preferences (設定)] タブで、サイドナビゲーションペインの [Keybindings (キー割り当て)] を選択します。

  3. [Keyboard Mode (キーボードモード)] で、以下のいずれかのキーボードモードを選択します。

    • [デフォルト] では、デフォルトのキー割り当てを使用します。

    • [Vim] では Vim モードを使用します。詳細については、Vim ヘルプファイルのウェブサイトを参照してください。

    • [Emacs] では Emacs モードを使用します。詳細については、GNU オペレーティングシステムのウェブサイトの「Emacs エディタ」を参照してください。

    • [Sublime] では Sublime モードを使用します。詳細については、Sublime Text ドキュメントのウェブサイトを参照してください。

オペレーティングシステムのキー割り当てを変更する

AWS Cloud9 IDE が認識するオペレーティングシステムのキー割り当ては、IAM ユーザーに関連付けられているすべての 環境 にまたがって変更できます。

  1. メニューバーで、[AWS Cloud9]、[Preferences (設定)] の順に選択します。

  2. [Preferences (設定)] タブで、サイドナビゲーションペインの [Keybindings (キー割り当て)] を選択します。

  3. [Operating System (オペレーティングシステム)] で、以下のいずれかのオペレーティングシステムを選択します。

    • [Auto (自動)] では、どのオペレーティングシステムのキー割り当てセットを使用するかを AWS Cloud9 IDE で検出します。

    • [MacOS] では、Mac 形式のキー割り当てを AWS Cloud9 IDE で使用します。

    • [Windows/Linux] では、Windows および Linux 形式のキー割り当てを AWS Cloud9 IDE で使用します。

特定のキー割り当てを変更する

IAM ユーザーに関連付けられているすべての 環境 にまたがってキー割り当てを個別に変更できます。

一度に 1 つのキー割り当てを変更するには

  1. メニューバーで、[AWS Cloud9]、[Preferences (設定)] の順に選択します。

  2. [Preferences (設定)] タブで、サイドナビゲーションペインの [Keybindings (キー割り当て)] を選択します。

  3. キー割り当てのリストで、変更するキー割り当てを [Keystroke (キーストローク)] 列でダブルクリックします。

  4. キーボードを使用して置換キーの組み合わせを指定し、Enter を押します。

    注記

    現在のキーの組み合わせを完全に削除するには、Windows または Linux の場合は Backspace を、Mac の場合は Delete を押します。

一度に複数のキー割り当てを変更するには

  1. メニューバーで、[AWS Cloud9]、[Open Your Keymap (キーマップを開く)] の順に選択します。

  2. keybindings.settings ファイルで、変更する各キー割り当てを定義します。次に例を示します。

    [ { "command": "addfavorite", "keys": { "win": ["Ctrl-Alt-F"], "mac": ["Ctrl-Option-F"] } }, { "command": "copyFilePath", "keys": { "win": ["Ctrl-Shift-F"], "mac": ["Alt-Shift-F"] } } ]

    次の例で、addFavoritecopyFilePath は、[Preferences (設定)] タブの [Keybindings (キー割り当て)] ペインにある [Keystroke (キーストローク)] 列のキー割り当ての名前です。Windows/Linux と Mac の場合、必要なキー割り当ては、winmac です。

    変更を適用するには、keybindings.settings ファイルを保存します。変更は、少し時間が経過すると、[Keybindings (キー割り当て)] ペインに表示されます。

すべてのカスタムキー割り当てを削除する

IAM ユーザーに関連付けられているすべての 環境 にまたがって、すべてのカスタムキー割り当てを削除し、すべてのキー割り当てをデフォルト値に復元できます。

警告

このアクションは元に戻すことができません。

  1. メニューバーで、[AWS Cloud9]、[Preferences (設定)] の順に選択します。

  2. [Preferences (設定)] タブで、サイドナビゲーションペインの [Keybindings (キー割り当て)] を選択します。

  3. [Reset to Defaults (デフォルトにリセット)] を選択します。