の使用AWS Lambda関数を使用するAWSToolkit for - AWS Cloud9

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

の使用AWS Lambda関数を使用するAWSToolkit for

-AWSToolkit では、AWS Lambda関数。の使用AWSToolkit では、Lambda 関数のコードを作成できます。サーバーレスアプリケーション。さらに、Lambda 関数をローカルまたはAWS。

Lambda は、カスタムコードによって生成されるイベント、またはさまざまなAWSサービスは、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)、Amazon DynamoDB、Amazon Kinesis、Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS)、Amazon Cognito などのサービスです。

-AWSToolkit は、Lambda プラグインで提供される機能をAWS Cloud9。Lambda プラグインを使用するには、AWSToolkit for 詳細については、「の無効化AWSToolkit」を参照してください。

重要

Serverless Application Model (SAM) によって提供されるリソースを使用する Lambda アプリケーションを構築する場合は、の使用AWSサーバーレスアプリケーションを使用するAWSToolkit to

リモート Lambda 関数の呼び出し

の使用AWS対話できるツールキットAWS Lambdaこのトピックで後述するように、関数をさまざまな方法で操作できます。

-AWSToolkit は、Lambda プラグインで提供される機能をAWS Cloud9。Lambda プラグインを使用するには、AWSToolkit for 詳細については、「の無効化AWSToolkit」を参照してください。

Lambda の詳細については、AWS Lambda開発者ガイド

注記

使用して Lambda 関数を既に作成している場合はAWS Management Consoleを使用する別の方法では、Toolkit から呼び出すことができます。を使用して新しい関数を作成するにはAWSデプロイできるツールキットAWS Lambda先にを行う必要があります。サーバーレスアプリケーションを作成する

Prerequisites

  • 「」で設定した認証情報に、AWS Lambdaサービス。[AWSExplorer、[] の下でLambdaで、「Lambda リソースの読み込みエラー」のようなメッセージが表示される場合は、これらの認証情報にアタッチされているアクセス許可を確認してください。アクセス許可に変更を加えるには、数分かかりますAWSExplorerがAWSToolkit for

Lambda 関数の呼び出し

重要

使用してAPIメソッドを呼び出すAWSToolkit では、リソースが変更され、元に戻せなくなる場合があります。たとえば、POSTメソッドを呼び出すと、呼び出しが成功すると API のリソースが更新されます。

Lambda 関数をで呼び出すことができます。AWSの使用AWSToolkit for

  1. AWSExplorer[] で、呼び出す Lambda 関数の名前を選択し、コンテキストメニューを開きます。

  2. [Invoke on AWS (AWS での呼び出し)] を選択します。

  3. 関数を呼び出すウィンドウで、Lambda 関数が必要とするペイロードのオプションを選択します。ペイロードは、入力として Lambda 関数に渡される JSON です。以下を選択することができます。参照をクリックしてペイロードとして使用するファイルを選択するか、ドロップダウンフィールドを使用してペイロードのテンプレートを選択します。この場合、Lambda 関数では、テキストボックスに示すように、入力として文字列を指定できます。

選択呼び出しを使用してLambda を呼び出し、ペイロードを渡します。

Lambda 関数の出力は、AWS Lambdaタブ。

Lambda 関数のインポート、アップロード、削除

-AWSToolkit は Lambda プラグインを置き換えます。以前は、AWS Cloud9IDE. Lambda プラグインを使用するには、AWSToolkit for 詳細については、「の無効化AWSToolkit」を参照してください。

Lambda 関数のインポート

Lambda 関数をインポートすると、関数を記述するプロジェクトファイルをインポートし、AWS Cloud9IDE.

Lambda 関数をインポートするには

  1. AWSExplorerの Lambda ノードの下で、インポートする関数を右クリックし、インポート

  2. を求められたとき新しいプロジェクトのワークスペースフォルダを選択する、以下のいずれか方法があります。

    • Lambda プロジェクトと同じ名前のサブフォルダを作成することを提案するフォルダを選択します

    • 選択別のフォルダを選択するをクリックしてダイアログボックスを開き、プロジェクトサブフォルダの別の親フォルダを参照して選択します。

    IDE によって新しいエディタウィンドウが開きます。

Lambda 関数のアップロード

既存の Lambda 関数をローカルコードで更新できます。この方法でコードを更新しても、AWS Serverless Application ModelCLI を使用してデプロイし、AWS CloudFormationスタック。この機能は、Lambda でサポートされている任意のランタイムで Lambda 関数をアップロードできます。

  1. AWSExplorer[] で、インポートする Lambda 関数のコンテキストメニュー (右クリック) を開きます。

  2. 選択Lambda をアップロードする...

  3. Lambda 関数をアップロードするための 3 つのオプションから選択します。

    事前に作成された.zipアーカイブをアップロードする

    1. 選択ZIP アーカイブ[] メニューから [] を選択します。

    2. .zip ファイルを選択します。AWS Cloud9ファイルシステムを起動し、オープン

    3. モーダルダイアログでアップロードを確認します。これにより、.zip ファイルがアップロードされ、デプロイ後にすぐに Lambda が更新されます。

    ディレクトリをそのままアップロードする

    1. 選択ディレクトリ[] メニューから [] を選択します。

    2. ディレクトリをAWS Cloud9ファイルシステムを起動し、オープン

    3. 選択いいえディレクトリを構築するかどうかを確認するプロンプトが表示されます。

    4. モーダルダイアログでアップロードを確認します。これにより、ディレクトリがそのままアップロードされ、デプロイ後にすぐに Lambda が更新されます。

    ディレクトリの構築とアップロード

    1. 選択ディレクトリ[] メニューから [] を選択します。

    2. ディレクトリをAWS Cloud9ファイルシステムを起動し、オープン

    3. 選択はいディレクトリを構築するかどうかを確認するプロンプトが表示されます。

    4. モーダルダイアログでアップロードを確認します。これは、使用してディレクトリにコードをビルドしますAWS SAMCLIsam buildコマンドを実行し、デプロイ後にすぐに Lambda を更新します。

Lambda 関数の削除

同じコンテキストメニューを使用して Lambda 関数を削除することもできます。

警告

関連付けられている Lambda 関数を削除するには、この手順を使用しないでください。AWS CloudFormation(たとえば、サーバーレスアプリケーションを作成するこのガイドの前)。これらの関数は、AWS CloudFormation スタックを通じて削除する必要があります。

  1. AWSExplorer[] で、削除する Lambda 関数の名前を選択し、コンテキストメニューを開きます。

  2. [削除] を選択します。

  3. 表示されるメッセージで、[はい] を選択して削除を確認します。

関数が削除されると、[] ダイアログボックスに表示されなくなります。AWSExplorerビュー。