AWS Cloud9 で環境を開く - AWS Cloud9

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS Cloud9 で環境を開く

この手順では、AWS Cloud9 で環境を開く方法について説明します。

注記

この手順は、AWS Cloud9 開発環境が既に作成されていることを前提としています。環境を作成する時は、環境を作成する を参照してください。

  1. 次のように AWS Cloud9 コンソールにサインインします。

    • AWS アカウント の使用者が自分だけであるか、単一の AWS アカウントの IAM ユーザーである場合は、https://console.aws.amazon.com/cloud9/ にアクセスします。

    • 組織で AWS IAM Identity Center を使用している場合は、AWS アカウント管理者にサインインの手順をお問い合わせください。

    重要

    AWS アカウント からサインアウトしても、その後 5 分間までは AWS Cloud9 IDE にアクセスできます。その後、必要なアクセス許可の有効期限が切れると、アクセスが拒否されます。

  2. 上部のナビゲーションバーで、環境が存在する AWS リージョン を選択します。

    AWS Cloud9 コンソールの AWS リージョン セレクター
  3. 環境リストの開きたい環境で、次のいずれかのアクションを実行します。

    • カード内で、[Open in Cloud9] (Cloud9 で開く) リンクを選択します。

    • カードを選択し、[Open in Cloud9] (Cloud9 で開く) ボタンを選択します。

      [Open in Cloud9] (Cloud9 で開く) ボタンを使用して環境を選択する

環境がコンソールに表示されない場合は、次の 1 つ以上のアクションを試行して表示を試みてください。

  • [Environments] (環境) ページのドロップダウンメニューバーで、以下の 1 つまたは複数を選択します。

    • [My environments] (自分の環境) を選択して、選択した AWS リージョン および AWS アカウント 内で AWS エンティティが所有するすべての環境を表示します。

    • [Shared with me] (自分と共有) を選択し、選択した AWS リージョン および AWS アカウント 内で AWS エンティティの招待先となっているすべての環境を表示します。

    • [All account environments] (アカウントのすべての環境) を選択し、選択した AWS リージョン および AWS アカウント 内で、AWS エンティティが表示することを許可されているすべての環境を表示します。

  • 自分がメンバーである環境が [Shared with you] (自分と共有) リストに表示されていない場合は、環境の所有者に確認してください。

  • 上部のナビゲーションバーで、別の AWS リージョン を選択します。