で環境を開くAWS Cloud9 - AWS Cloud9

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

で環境を開くAWS Cloud9

この手順では、AWS Cloud9 で環境を開く方法について説明します。

注記

この手順は、すでに作成されていることを前提としていますAWS Cloud9開発環境。環境を作成するには、環境を作成する

  1. 以下のようにして AWS Cloud9 コンソールにサインインします。

    • あなただけがAWSアカウントまたは単一の IAM ユーザーであるAWSアカウントを開くには、https://console.aws.amazon.com/cloud9/

    • 組織でAWSシングルサインオン (SSO) を使用する場合は、AWSアカウント管理者でサインイン手順を確認します。

    • 使用している IDAWSStarter アカウントのEducate Starterステップ 2: サインイン先になっているAWS Cloud9コンソール個々の学生サインアップ

    • 教室内の学生である場合は、サインインの手順についてインストラクターにお問い合わせください。

    重要

    後でサインアウトするAWSアカウントとすると、AWS Cloud9IDE はその後最大 5 分間アクセスできます。その後、必要なアクセス許可の有効期限が切れると、アクセスが拒否されます。

  2. 上部のナビゲーションバーで、AWS環境があるリージョン。

    
               AWSの  リージョンセレクターAWS Cloud9console
  3. 環境のリストを開く環境で、次のいずれかを実行します。

    • カード内で、[Open IDE (IDE を開く)] リンクをクリックします。

      
                     [Open IDE (IDE を開く)] リンクを使用して環境を選択する
    • カードを選択し、[Open IDE (IDE を開く)] ボタンを選択します。

      
                     [Open IDE (IDE を開く)] ボタンを使用して環境を選択する

環境がコンソールに表示されない場合は、次の 1 つ以上のアクションを実行して表示を試みてください。

  • サイドナビゲーションバーで、以下を 1 つ以上選択します。

    • 選択お客様の環境を使用してすべての環境をAWSエンティティは、選択したAWSリージョンとAWSアカウント.

    • 選択自分に共有先になっているを使用して、すべての環境をAWSエンティティが、選択したAWSリージョンとAWSアカウント.

    • 選択アカウント環境を選択すると、選択したAWSリージョンとAWSアカウントがAWSエンティティには、表示するアクセス許可があります。

    
               環境リストのスコープAWS Cloud9console
  • 前への矢印、次への矢印、またはページ番号ボタンを選択して現在のスコープに追加の環境を表示します。

    
               環境リストのページ制御AWS Cloud9console
  • 環境のメンバーであるはずだが、環境が自分に共有先になっているリストで、環境所有者に確認してください。

  • 上部のナビゲーションバーで、別の AWS リージョンを選択します。

    
               AWSの  リージョンセレクターAWS Cloud9console