AWS Cloud9 で 環境 を作成する - AWS Cloud9

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

AWS Cloud9 で 環境 を作成する

AWS Cloud9 開発環境 を作成するには、AWS Cloud9 を使用する計画に応じて以下のいずれかの手順を実行します。

何を選べばよいか明確でない場合、EC2 環境を作成することをお勧めします。

最も簡単なオプションは、EC2 環境 の作成です。AWS Cloud9 は、AWS アカウント内に新しい Amazon EC2 インスタンスを自動的に作成してセットアップします。次に、AWS Cloud9 は新しいインスタンスを 環境 に自動的に接続します。

開発環境の主な類似点と相違点については、「EC2 環境とAWS Cloud9のSSH 環境 」を参照してください。

ソースコードの提供元 開発環境ホストの提供元 以下の手順に従います

お客様

AWS Cloud9

このトピック (EC2 環境の作成)

お客様

お客様

このトピック (SSH 環境の作成)

Amazon Lightsail またはお客様

お客様 (Lightsail を使用)

との共同作業 Amazon Lightsail のインスタンス AWS Cloud9 Integrated Development Environment (IDE)

AWS CodeStar またはお客様

AWS Cloud9 (AWS CodeStar を使用)

AWS Cloud9 Integrated Development Environment (IDE) で AWS CodeStar プロジェクトを操作する

お客様 (AWS CodePipeline を使用)

AWS Cloud9 またはお客様

このトピック (EC2 または SSH 環境の作成)。その後、「AWS Cloud9 Integrated Development Environment (IDE) で AWS CodePipeline を操作する」を参照

お客様 (AWS CodeCommit を使用)

AWS Cloud9 またはお客様

AWS Cloud9 の AWS CodeCommit サンプル

お客様 (GitHub を使用)

AWS Cloud9 またはお客様

このトピック (EC2 または SSH 環境の作成)。その後、「AWS Cloud9 の GitHub サンプル」を参照