AWS Cloud9
ユーザーガイド

AWS Cloud9 で Environment を作成する

AWS Cloud9 development environment を作成するには、AWS Cloud9 を使用する計画に応じて以下のいずれかの手順を実行します。

何を選べばよいか明確でない場合、EC2 Environmentを作成するすることをお勧めします。

最も簡単なオプションは、EC2 environment の作成です。AWS Cloud9 は、AWS アカウント内に新しい Amazon EC2 インスタンスを自動的に作成してセットアップします。次に、AWS Cloud9 は新しいインスタンスを environment に自動的に接続します。

ソースコードの提供元 開発environmentホストの提供元 以下の手順に従います

お客様

AWS Cloud9

このトピック (EC2 environmentの作成)

お客様

お客様

このトピック (SSH environmentの作成)

Amazon Lightsail またはお客様

お客様 (Lightsail を使用)

AWS Cloud9 Integrated Development Environment (IDE) で Amazon Lightsail インスタンスを操作する

AWS CodeStar またはお客様

AWS Cloud9 (AWS CodeStar を使用)

AWS Cloud9 Integrated Development Environment (IDE) で AWS CodeStar プロジェクトを操作する

お客様 (AWS CodePipeline を使用)

AWS Cloud9 またはお客様

このトピック (EC2 または SSH environmentの作成)。その後、「AWS Cloud9 Integrated Development Environment (IDE) で AWS CodePipeline を操作する」を参照

お客様 (AWS CodeCommit を使用)

AWS Cloud9 またはお客様

AWS Cloud9 の AWS CodeCommit サンプル

お客様 (GitHub を使用)

AWS Cloud9 またはお客様

このトピック (EC2 または SSH environmentの作成)。その後、「AWS Cloud9 の GitHub サンプル」を参照

EC2 Environmentを作成する

注記

この手順を完了すると、AWS アカウントに料金が発生する可能性があります。Amazon EC2 に対して発生する可能性がある料金も含まれます。詳細については、「Amazon EC2 料金表」を参照してください。

この手順では、AWS Cloud9 が EC2 environment を作成して、新しい Amazon EC2 インスタンスを作成した後、この新しく作成したインスタンスに environment を接続します。AWS Cloud9 は、必要に応じてインスタンスの起動、停止、再起動など、このインスタンスのライフサイクルを管理します。この environment を削除すると、このインスタンスは AWS Cloud9 で自動的に削除されます。

AWS Cloud9 EC2 development environment は、AWS Cloud9 コンソールまたはコードを使用して作成できます。

コンソールを使用して EC2 Environment を作成する

  1. AWS Cloud9 の開始方法」のステップを完了していることを確認し、AWS Cloud9 コンソールにサインインして environments を作成できるようにします。

  2. 以下のようにして AWS Cloud9 コンソールにサインインします。

    • AWS アカウントを使用する唯一のユーザーである、または単一の AWS アカウント内の IAM ユーザーである場合は、https://console.aws.amazon.com/cloud9/ を参照してください。

    • 組織で AWS シングルサインオン (AWS SSO) を使用している場合は、サインインの手順について AWS アカウント管理者にお問い合わせください。

    • AWS Educate Starter Account を使用している場合は、個々の学生のサインアップの「ステップ 2: AWS Cloud9 コンソールへのサインイン」を参照してください。

    • 教室内の学生である場合は、サインインの手順についてインストラクターにお問い合わせください。

  3. AWS Cloud9 コンソールにサインインした後、上部のナビゲーションバーで、environment を作成する AWS リージョンを選択します。利用可能な AWS リージョンのリストについては、AWS General Reference の「AWS Cloud9」を参照してください。

    
                     AWS Cloud9 コンソールの AWS リージョンセレクター
  4. ウェルカムページが表示されたら、[New AWS Cloud9 environment (新しい AWS Cloud9 環境)] で、[environment の作成] を選択します。それ以外の場合は、[environmentの作成] を選択します。

    
                     ウェルカムページが表示されら、[Next step (次のステップ)] ボタンを選択する

    または:

    
                     ウェルカムページが表示されない場合は、[environmentの作成] ボタンを選択する
  5. [Name environment (環境に名前を付ける)] ページで、[名前] に environment の名前を入力します。

  6. environment に説明を追加するには、[Description (説明)] ボックスに入力します。

  7. [Next step] を選択します。

  8. [Configure settings (構成設定)] ページの [環境タイプ] で、[Create a new instance for environment (EC2) (環境の新しいインスタンスを作成する)] を選択します。

  9. [Instance type (インスタンスタイプ)] で、実行するタスクの種類に必要と思われる容量の RAM および vCPU を備えたインスタンスタイプを選択します。または、デフォルトの選択のままにします。

    注記

    よりサイズの大きい RAM および vCPU を備えたインスタンスタイプを選択すると、Amazon EC2 の AWS アカウントに追加料金が発生する可能性があります。

  10. [プラットフォーム] で、AWS Cloud9 が作成する Amazon EC2 インスタンスのタイプを選択し、この environment ([Amazon Linux] または [Ubuntu]) に接続します。

  11. [Cost-saving setting (コスト削減のセットアップ)] で、environment の IDE に接続されているすべてのウェブブラウザインスタンスが閉じられてから、AWS Cloud9 で environment の Amazon EC2 インスタンスがシャットダウンされるまでの時間を選択します。または、デフォルトの選択のままにします。

    注記

    期間が短いほど、AWS アカウントに対する課金が少なくなる可能性が高くなります。同様に、期間が長いと課金が高くなる可能性があります。

  12. [Network settings (advanced) (ネットワーク設定 (高度))] を展開します。

  13. AWS Cloud9 は Amazon Virtual Private Cloud(Amazon VPC) を使用して、この environment 用に AWS Cloud9 が作成した Amazon EC2 インスタンスと通信します。Amazon VPC のセットアップ方法に応じて、次のいずれかの操作を実行します。

    何を選択すればいいのかわからない場合、この手順のステップ 14 までスキップすることをお勧めします。

    [Network settings (advanced) (ネットワーク設定 (高度))] をスキップして事前選択されたデフォルト設定のままにした場合、AWS Cloud9 は新しい environment と同じ AWS アカウントおよび AWS リージョンで単一のサブネットを持つデフォルト VPC を自動的に使用します。

    AWS アカウントは Amazon VPC にアクセスできる VPC は新しい environment と同じ AWS アカウントおよび AWS リージョンにある VPC は AWS アカウントのデフォルト VPC である VPC 内に単一のサブネットがある 操作

    いいえ

    VPC が存在しない場合は、作成してください。

    新しい environment と同じ AWS アカウントおよび AWS リージョンに VPC を作成するには、[新しい VPC の作成] を選択し、画面に表示される手順に従います。詳細については、「AWS Cloud9 向けの Amazon VPC を作成する」を参照してください。

    新しい environment とは異なる AWS アカウントに VPC を作成する場合は、Amazon VPC ユーザーガイド の「共有 VPC の使用」を参照してください。

    はい

    はい

    はい

    はい

    この手順のステップ 14 までスキップします。

    [Network settings (advanced) (ネットワーク設定 (高度))] をスキップして事前選択されたデフォルト設定のままにした場合、AWS Cloud9 は新しい environment と同じアカウントおよびリージョンで単一のサブネットを持つデフォルト VPC を自動的に使用します。

    はい

    はい

    はい

    いいえ

    デフォルト VPC に複数のサブネットがある場合は、[Network settings (advanced) (ネットワーク設定 (高度))] を展開します。[Subnet (サブネット)] で、AWS Cloud9 で使用する、事前に選択されたデフォルト VPC のサブネットを選択します。

    デフォルト VPC にサブネットがない場合は、サブネットを作成します。これを行うには、[Create new subnet (新しいサブネットの作成)] を選択し、画面の指示に従います。詳細については、「AWS Cloud9 のサブネットの作成」を参照してください。

    はい

    はい

    いいえ

    はい

    [Network settings (ネットワーク設定)] を展開します。[Network (VPC) (ネットワーク (VPC))] で、AWS Cloud9 が使用する VPC を選択します。

    はい

    はい

    なし

    いいえ

    [Network settings (ネットワーク設定)] を展開します。[Network (VPC) (ネットワーク (VPC))] で、AWS Cloud9 が使用する VPC を選択します。

    選択した VPC に複数のサブネットがある場合は、[Network settings (advanced) (ネットワーク設定 (高度))] を展開します。[Subnet (サブネット)] で、選択した VPC で AWS Cloud9 が使用するサブネットを選択します。

    選択した VPC にサブネットがない場合は、サブネットを作成します。これを行うには、[Create new subnet (新しいサブネットの作成)] を選択し、画面の指示に従います。詳細については、「AWS Cloud9 のサブネットの作成」を参照してください。

    はい

    いいえ

    はい

    AWS Cloud9 では、新しい environment の AWS アカウントとは異なる AWS アカウントのデフォルト VPC を使用できません。このリストで別のオプションを選択します。

    はい

    なし

    いいえ

    はい

    [Network settings (ネットワーク設定)] を展開します。[Network (VPC) (ネットワーク (VPC))] で、AWS Cloud9 が使用する VPC を選択します。

    注記

    VPC は、別の AWS アカウントにある場合でも、新しい environment と同じ AWS リージョンに存在する必要があります。

    はい

    なし

    いいえ

    いいえ

    [Network settings (ネットワーク設定)] を展開します。[Network (VPC) (ネットワーク (VPC))] で、AWS Cloud9 が使用する VPC を選択します。

    [Subnet (サブネット)] で、選択した VPC で AWS Cloud9 が使用するサブネットを選択します。

    選択した VPC にサブネットがない場合、新しい environment とは異なる AWS アカウントに VPC のサブネットを作成するには、Amazon VPC ユーザーガイド の「共有 VPC の使用」を参照してください。

    注記

    VPC およびサブネットは、別の AWS アカウントにある場合でも、新しい environment と同じ AWS リージョンに存在する必要があります。

    これらの選択肢の詳細については、「AWS Cloud9 Development Environments の VPC の設定」を参照してください。

  14. [Next step] を選択します。

  15. [確認] ページで、[environmentの作成] を選択します。AWS Cloud9 によって environment が作成されるまで待ちます。これには数分間かかる場合があります。

AWS Cloud9 が environment を作成すると、environment の AWS Cloud9 IDE が表示されます。

少なくとも 5 分後に AWS Cloud9 に IDE が表示されない場合は、ウェブブラウザ、AWS アクセス権限、インスタンス、または関連する Virtual Private Cloud (VPC) に問題がある可能性があります。環境の修正については、トラブルシューティングの「Environment を開くことができない」を参照してください。

コードを使用して EC2 Environment を作成する

コードを使用して AWS Cloud9 に EC2 environment を作成するには、次のように、AWS Cloud9 の EC2 environment 作成オペレーションを呼び出します。

注記

AWS Cloud9 の開始方法」のステップを完了していることを確認し、environments を作成できるようにします。

現時点では、コードを使用して、たとえば、AWS CLI、AWS CloudFormation、AWS SDK、Tools for Windows PowerShell、または AWS Cloud9 API を使用して Ubuntu Server ベースの EC2 environment を作成することはできません。現時点では、コードを使用して作成できるのは、Amazon Linux に接続されている EC2 environment だけです。コードを使用した Ubuntu Server ベースの EC2 environment の作成は、将来予定されています。

SSH Environmentを作成する

AWS Cloud9 コンソールを使用して AWS Cloud9 SSH development environment を作成します。(SSH environment をコードで作成することはできません)。

前提条件

  • AWS Cloud9 の開始方法」のステップを完了していることを確認し、AWS Cloud9 コンソールにサインインして environments を作成できるようにします。

  • AWS Cloud9 で environment と接続する既存のクラウドコンピューティングインスタンス (AWS アカウントの Amazon EC2 インスタンスなど) または独自のサーバーを特定します。

  • 既存のインスタンスまたは独自のサーバーが、すべての SSH ホスト要件を満たしていることを確認します。これには、特定のバージョンの Python、Node.js、およびその他のコンポーネントをインストールしていること、ログイン後に AWS Cloud9 の開始元のディレクトリに特定のアクセス許可を設定していること、関連する Amazon Virtual Private Cloud をセットアップしていることなどが含まれます。

SSH Environment の作成

  1. 前述の前提条件を完了していることを確認してください。

  2. SSH クライアントを使用して既存のインスタンスまたは独自のサーバーに接続します (まだ接続していない場合)。これは、この手順で後ほど説明するように、必要なパブリック SSH キー値をインスタンスやサーバーに追加するために必要です。

    注記

    既存の AWS クラウドコンピューティングインスタンスに接続するには、以下のリソース (1 つ以上) を参照してください。

    独自のサーバーに接続するには、「ssh コマンドを使用してサーバーに接続」 (macOS/Linux)、または「PuTTY を使用してサーバーに接続」 (Windows) などの語句を使用してインターネットを検索してください。

  3. AWS Cloud9 コンソール (https://console.aws.amazon.com/cloud9/) にサインインします。

  4. AWS Cloud9 コンソールにサインインした後、上部のナビゲーションバーで、environment を作成する AWS リージョンを選択します。利用可能な AWS リージョンのリストについては、AWS General Reference の「AWS Cloud9」を参照してください。

    
                     AWS Cloud9 コンソールの AWS リージョンセレクター
  5. ウェルカムページが表示されたら、[New AWS Cloud9 environment (新しい AWS Cloud9 環境)] で、[environment の作成] を選択します。それ以外の場合は、[environmentの作成] を選択します。

    
                     ウェルカムページが表示されら、[Next step (次のステップ)] ボタンを選択する

    または:

    
                     ウェルカムページが表示されない場合は、[environmentの作成] ボタンを選択する
  6. [Name environment (環境に名前を付ける)] ページで、[名前] に environment の名前を入力します。

  7. environment に説明を追加するには、[Description (説明)] ボックスに入力します。

  8. [Next step] を選択します。

  9. [Environment type (環境タイプ)] で [Connect and run in remote server (SSH) (リモートサーバーに接続して実行する)] を選択します。

  10. [User (ユーザー)] に、この手順でインスタンスまたはサーバーに接続するために前に使用したログイン名を入力します。たとえば、AWS クラウドコンピューティングインスタンスの場合は、ec2-userubunturoot などを入力します。

    注記

    最善の結果を得るには、ログイン名をインスタンスやサーバーの管理者権限または管理者ユーザーに関連付けることをお勧めします。特に、このログイン名はインスタンスやサーバーの Node.js インストールを所有している必要があります。これを確認するには、インスタンスやサーバーのターミナルから、ls -l $(which node) (または nvm を使用している場合は ls -l $(nvm which node)) コマンドを実行します。このコマンドは、Node.js インストールの所有者名 (およびインストールのアクセス許可、グループ名、場所) を表示します。

  11. [Host (ホスト)] に、インスタンスまたはサーバーのパブリック IP アドレス (優先) またはホスト名を入力します。

  12. [Port (ポート)] に、インスタンスまたはサーバーとの接続に AWS Cloud9 で使用するポートを入力します。または、デフォルトポートのままにしておきます。

  13. 手順の前提条件で前に特定した、ログイン後に AWS Cloud9 を開始するインスタンスまたはサーバーのディレクトリへのパスを指定するには、[詳細設定] を展開し、[Environment path (環境パス)] にパスを入力します。空白のままにすると、AWS Cloud9 はログイン後に通常インスタンスまたはサーバーが開始されるディレクトリを使用します。これは通常、ホームまたはデフォルトのディレクトリです。

  14. インスタンスまたはサーバーの Node.js バイナリへのパスを指定するには、[Advanced settings (詳細設定)] を展開し、[Node.js binary path (Node.js バイナリパス)] にパスを入力します。パスを取得するには、インスタンスまたはサーバーでコマンド which node を実行します (nvm を使用している場合は nvm which node)。たとえば、パスは /usr/bin/node のようになります。空白のままにした場合は、AWS Cloud9 は接続の試行時に Node.js バイナリの場所を推測します。

  15. インスタンスまたはサーバーが使用するジャンプホストを指定するには、[Advanced settings (詳細設定)] を展開し、ジャンプホストに関する情報を [SSH jump host (SSH ジャンプホスト)] を入力します。形式は USER_NAME@HOSTNAME:PORT_NUMBER を使用します (例: ec2-user@:ip-192-0-2-0:22)。

    ジャンプホストは、次の要件を満たしている必要があります。

    • SSH を使用してパブリックインターネット経由で到達可能である必要があります。

    • 特定のポートを経由したすべての IP アドレスからのインバウンドアクセスを許可する必要があります。

    • 既存のインスタンスまたはサーバーの ~/.ssh/authorized_keys ファイルにコピーされたパブリック SSH キー値を、ジャンプホストの ~/.ssh/authorized_keys ファイルにもコピーする必要があります。

    • Netcat をインストールする必要があります。

  16. [Copy key to clipboard (キーをクリップボードにコピー)] を選択します (これは [View public SSH key (パブリック SSH キーの表示)] と [Advanced settings (詳細設定)] の間になります)。 コピーしたパブリック SSH キー値を、この手順で前に接続した既存のインスタンスやサーバーの ~/.ssh/authorized_keys ファイル内に貼り付けます (~ は、この手順で前に [User (ユーザー)] に指定したログイン名のホームディレクトリを示します)。

    注記

    コピーしたパブリック SSH キーの値を確認するには、[View public SSH key (パブリック SSH キーの表示)] を展開します。

  17. [Next step] を選択します。

  18. [確認] ページで、[environmentの作成] を選択します。AWS Cloud9 によって environment が作成されるまで待ちます。これには数分間かかる場合があります。

少なくとも 5 分後に AWS Cloud9 に IDE が表示されない場合は、ウェブブラウザ、AWS アクセス許可、インスタンス、または関連するネットワークに問題がある可能性があります。環境の修正については、トラブルシューティングの「Environment を開くことができない」を参照してください。