サーバーレスアプリケーションのデバッグ用設定オプション - AWS Cloud9

サーバーレスアプリケーションのデバッグ用設定オプション

インラインアクションを使用すると、Lambda 関数を直接呼び出すか、SAM テンプレートを使用してプロパティを簡単に検索して定義できます。"lambda" (関数の実行方法) 、"sam" (AWS SAM CLIがアプリケーションを構築する方法) 、および "aws" (AWS 接続情報の提供方法) に関するプロパティを定義することもできます。

AWSSAM: 直接 Lambda ハンドラー呼び出し/テンプレートベースの Lambda 呼び出し
プロパティ 説明書

type

起動設定を管理する拡張機能を指定します。常に aws-sam に設定して AWS SAM CLI を使用して、ローカルで構築およびデバッグを行います。

name

起動設定のデバッグリストに表示される読みやすい名前を指定します。

request

指定された拡張子 (aws-sam) が実行する構成の種類を指定します。常に direct-invoke に設定され、Lambda 関数をスタートします。

invokeTarget

リソースを呼び出すためのエントリポイントを指定します。

Lambda 関数を直接呼び出すには、次のinvokeTargetフィールドに値を設定:

  • target – に設定します。。code

  • lambdaHandler – 呼び出す予定の Lambda 関数ハンドラの名前。

  • projectRoot – Lambda ハンドラーを含むアプリケーションファイルのパス。

SAM テンプレートを使用して Lambda リソースを呼び出すには、次のinvokeTargetイールドに値を設定:

  • target – に設定します。。template

  • templatePath – SAM テンプレートファイルへのパス。

  • logicalId – 呼び出す リソース名 AWS::Lambda::Function またはAWS::Serverless::Function。リソース名は、YAML 形式の SAM テンプレートで検索できます。

Lambda ("lambda") のプロパティ
プロパティ 説明書

environmentVariables

オペレーショナルパラメータを関数に渡します。たとえば、Amazon S3 バケットに書き込む場合、書き込み先のバケット名はハードコーディングせずに、環境可変として設定します。

payload

入力として Lambda 関数に提供されるイベントペイロード用に 2 つのオプションを提供します。

  • "json": イベントペイロードを定義する JSON 形式のキーバリューのペア。

  • "path": イベントペイロードとして使用されるファイルへのパス。

memoryMB

、呼び出された Lambda 関数のために提供されたメモリのメガバイトを指定します

runtime

Lambda 関数で使用するランタイムを指定します。詳細については、「AWS Lambda ランタイム」を参照してください。

timeoutSec

デバッグセッションがタイムアウトするまでの許可される時間を秒単位で設定します。

AWSツールキット拡張子はAWS SAM CLI を使用して、サーバーレスアプリケーションをローカルで構築およびデバッグできます。launch.json ファイル内の "sam" 設定のプロパティを使って AWS SAM CLI コマンドの動作を設定できます。

AWS SAM CLI ("sam") プロパティ
プロパティ 説明書 デフォルト値

buildArguments

sam build コマンドが Lambda ソースコードを構築する方法を設定します。構築オプションを表示するには、AWS Serverless Application Model デベロッパーガイド内のsam buildを参照。

空の文字列

containerBuild

AWS LambdaのようなDocker コンテナ内部に関数を構築するかどうかを示します。

false

dockerNetwork

Lambda Docker コンテナが接続する既存の Docker ネットワークの名前または ID を、デフォルトのブリッジネットワークとともに指定します。指定しない場合、Lambda コンテナはデフォルトのブリッジ Docker ネットワークにのみ接続します。

空の文字列

localArguments

追加のローカル呼び出し引数。

空の文字列

skipNewImageCheck

コマンドが Lambda ランタイム用の最新 Docker イメージのプルダウンをスキップするかどうかを指定します。

false

template

パラメータを使用してそれに対して顧客の値を入力することで、SAM テンプレートをカスタマイズします。詳細については、AWS CloudFormation ユーザーガイドの「パラメータ」を参照してください。

"parameters":{}

AWS接続 ("aws") プロパティ
プロパティ 説明書 デフォルト値

credentials

認証情報ファイルから特定のプロファイルを選択 (例えば、profile:default) して、AWS 認証情報を取得します。

既存の共有 AWS Config ファイルまたは共有 AWS 認証情報ファイルによって提供される AWS 認証情報。

Region

サービスの AWS リージョン (us-east-1 など) を設定します。

アクティブな認証情報プロファイルに関連付けられたデフォルトのAWSリージョン。