ステップ 3: クリーンアップする - AWS Cloud9

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ステップ 3: クリーンアップする

(前のステップ: ステップ 2: IDE のベーシック演習)

このチュートリアルに関連した AWS アカウントで料金が継続的に発生するのを防ぐには、環境を削除します。

警告

削除した環境を復元することはできません。

AWS Cloud9 コンソールを使用して、環境を削除します。

  1. ダッシュボードを開くには、IDE のメニューバーで、[AWS Cloud9]、[Go To Your Dashboard (ダッシュボードを開く)]を選択します。

  2. 次のいずれかを行います:

    • my-demo-environment]カード内のタイトルを選択し、もう一度[Delete (削除)]を選択します。

      環境の詳細ページで環境を削除する
    • my-demo-environment]を選択し、次に[Delete (削除)]を選択します。

      環境リストで環境を削除する
  3. Delete (削除)]ダイアログボックスに「Delete」と入力し、[Delete (削除)]を選択します。削除オペレーションには数分かかります。

注記

このチュートリアルに厳密に従っていれば、環境は EC2 環境であり、AWS Cloud9は、その環境に接続されていた Amazon EC2 インスタンスも終了します。

ただし、チュートリアルに従う代わりに SSH 環境を使用し、環境がAmazon EC2 インスタンスに接続されていた場合、AWS Cloud9 はそのインスタンスを終了しません。インスタンスを後で終了しないと、そのインスタンスに関連する Amazon EC2 に対する継続的な料金が AWS アカウントで発生する場合があります。

次のステップ

関連情報