Amazon S3 オブジェクトの操作 - AWS Cloud9

Amazon S3 オブジェクトの操作

オブジェクトとは、Amazon S3 に保存される基本エンティティです。オブジェクトは、オブジェクトデータとメタデータで構成されます。

Amazon S3 バケットにファイルをアップロード

ツールキットインターフェイスまたはコマンドを使用して、バケットにファイルをアップロードできます。

どちらの方法でも、ユーザーの環境からファイルをアップロードし、S3 オブジェクトとしてAWSクラウド内での保存が許可されます。ファイルは、バケットまたはバケットのコンテンツを整理するフォルダにアップロードできます。

インターフェイスを使用して S3 バケットにファイルをアップロード

  1. AWS Explorer]で、S3 ノードを選択して、バケットのリストを表示します。

  2. バケットまたはバケット内のフォルダのコンテキストメニュー (右クリック) を開き、[ ファイルのアップロード]を選択します。

    注意

    S3 オブジェクトのコンテキストメニューを開く (右クリック) 場合は、[親にアップロード]を選択できます。これで、選択したファイルを含むフォルダまたはバケットへのファイル追加が有効になります。

  3. 環境のファイルマネージャを使用してファイルを選択し、アップロードを選択します。

    選択したファイルは S3 オブジェクトとしてバケットまたはフォルダにアップロードされます。各オブジェクトのエントリは、保存したオブジェクトのサイズと更新したのはどれぐらい前かを説明します。オブジェクトのリスト上で一時停止して、パス、サイズ、およびオブジェクトが最後に変更された時刻を表示できます。

コマンドを使用して S3 バケットに現在のファイルをアップロードします。

  1. アップロードするファイルを選択するには、ファイルのタブを選択します。

  2. Ctrl+Pを押してコマンドペインを表示します。

  3. Go To Anything (どこにでも移動) の場合、フレーズ upload file の入力をスタートして AWS: Upload File コマンドを表示します。表示されたら、コマンドを選択します。

  4. ステップ 1: アップロードするファイルの選択の場合、選択したファイルを選択するか、別のファイルを参照できます。

  5. ステップ 2: アップロードする S3 バケットを選択する場合、リストからバケットを選択します。

    選択したファイルは S3 オブジェクトとしてバケットまたはフォルダにアップロードされます。各オブジェクトのエントリは、保存したオブジェクトのサイズと更新したのはどれぐらい前かを説明します。オブジェクトのリスト上で一時停止して、パス、サイズ、およびオブジェクトが最後に変更された時刻を表示できます。

Amazon S3 オブジェクトのダウンロード

Amazon S3 バケットのオブジェクトを AWS クラウドから AWS Cloud9 環境のフォルダにダウンロードできます。

  1. AWS Explorer]で、S3 ノードを選択して、バケットのリストを表示します。

  2. バケットまたはバケット内のフォルダで、オブジェクトのコンテキストメニュー (右クリック) を開き、[Download as (形式を指定してダウンロード)]を選択します。

  3. 環境のファイルマネージャを使用して、送信先フォルダを選択し、ファイル名を入力し、[ダウンロード]を選択します。

ファイルがダウンロードされたら、AWS Cloud9 内で開くことができます。

Amazon S3 オブジェクトの削除

バージョニング非対応バケットにある場合、オブジェクトは完全に削除できます。ただし、バージョニングが有効なバケットの場合、削除リクエストはそのオブジェクトを完全に削除しません。代わりに、Amazon S3 はバケットに削除マーカーを挿入します。詳細については、Amazon Simple Storage Service ユーザーガイドオブジェクトバージョンの削除を参照してください。

  1. [AWS Explorer] で、S3 ノードを選択して、バケットのリストを表示します。

  2. バケットまたはバケット内のフォルダで、オブジェクトのコンテキストメニュー (右クリック) を開き、[削除]を選択します。

  3. 削除を確認するには、[Delete] (削除) を選択します。

Amazon S3 オブジェクトの署名付き URL の生成

署名付き URL を使用すると、オブジェクトの所有者はオブジェクトをダウンロードするための期限付きのアクセス許可を付与することにより、プライベート Amazon S3 オブジェクトを共有できます。詳細については、Amazon S3 ユーザーガイド署名付き URL を使用したオブジェクトの共有を参照してください。

  1. [AWS Explorer] で、S3 ノードを選択して、バケットのリストを表示します。

  2. バケット内またはバケット内のフォルダで、オブジェクトを右クリックし、[Generate Presigned URL] (署名付き URL の生成) を選択します。

  3. AWS ツールキットのコマンドペインで、この URL を使用してオブジェクトにアクセスできる分数を入力します。Enter を押して確認します。

    IDE の下部のステータスに、このオブジェクト用の署名付き URL がクリップボードにコピーされたことが示されます。