Amazon CloudSearch
開発者ガイド (API バージョン 2013-01-01)

Amazon CloudSearch での可用性オプションの設定

同じリージョン内の追加のアベイラビリティーゾーンに Amazon CloudSearch ドメインを拡張して、サービス中断が発生した場合の耐障害性を向上させることができます。アベイラビリティゾーンとは、それぞれ物理的に離れた場所にある独立したインフラストラクチャであり、他のアベイラビリティゾーンの障害の影響を受けないように設計されています。詳細については、Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイドの「リージョンとアベイラビリティーゾーン」を参照してください。

マルチ AZ オプションが有効な場合、Amazon CloudSearch は 2 番目のアベイラビリティーゾーンの検索ドメインに追加インスタンスをプロビジョニングして維持し、高可用性を確保します。1 つのドメインをデプロイできるアベイラビリティーゾーンの最大数は 2 つです。

マルチ AZ を有効にしても、検索ドメインのサービスエンドポイントには影響せず、検索ドメインで処理できるデータやトラフィックの量も増加しません。更新は両方のアベイラビリティーゾーンのインスタンスに自動的に適用されます。検索トラフィックは全インスタンス間で分散され、障害発生時にはどちらのゾーンのインスタンスでも全負荷を処理できます。

アベイラビリティゾーンでサービスの中断が発生した場合やあるゾーンのインスタンスの質が低下した場合、Amazon CloudSearch はすべてのトラフィックを他のアベイラビリティゾーンにルーティングします。冗長化インスタンスが別のアベイラビリティーゾーンにリストアされます。管理操作やサービスの中断は発生しません。

既存の検索ドメインを 2 番目のアベイラビリティゾーンに展開するには、マルチ AZ オプションを有効にします。同様に、マルチ AZ オプションを無効にすることによって、ドメインを単一のアベイラビリティゾーンにダウングレードすることもできます。マルチ AZ オプションの有効と無効の切り替えには約 30 分かかります。

Amazon CloudSearch コンソール、aws cloudsearch update-availability-options コマンド、または AWS SDK を使用して、ドメインの可用性オプションを設定できます。

重要

ドメインが単一の検索インスタンスで実行されている場合、マルチ AZ オプションを有効にすると、別のアベイラビリティーゾーンに 2 つめの検索インスタンスが追加され、ドメインの運用コストが 2 倍になります。同様に、インデックスが複数のパーティションに分割される場合、新しいインスタンスが各パーティションの 2 つめのアベイラビリティーゾーンにデプロイされます。追加レプリカは、どのアベイラビリティーゾーンでもトラフィックをすべて処理するのに十分なキャパシティーを確保するために追加されます—マルチ AZ が有効な場合、ドメインには各インデックスパーティションごとに最低 1 つのレプリカがあることになります。必要な数のレプリカを設定し、マルチ AZ オプションを有効にした場合、Amazon CloudSearch は最低でも 2 つのアベイラビリティーゾーンで合計してその数のレプリカが使用できるようにします。ドメインで使用されているインスタンス数は、ドメインダッシュボードで監視できます。

Amazon CloudSearch コンソールを使用した可用性オプションの設定

検索ドメインの可用性オプションを設定するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon CloudSearch コンソールを開きます。[Navigation] ペインで、設定するドメインの名前をクリックし、[Availability Options] リンクをクリックします。

  2. マルチ AZ オプションを有効にするには、[Turn Multi-AZ on] をクリックします。マルチ AZ オプションを無効にするには、[Turn Multi-AZ off] をクリックします。

  3. 確認を求められたら、[OK] をクリックして、ドメインの可用性オプションを変更することを確認します。現在ドメインで単一の検索インスタンスを使用していて、マルチ AZ オプションをオンにした場合、2 つめの検索インスタンスが追加され、ドメインの運用にかかるコストが大幅に増加します。変更を保存せずに終了するには、[Cancel] をクリックします。

AWS CLI を使用した Amazon CloudSearch 可用性オプションの設定

aws cloudsearch update-availability-options コマンドを使用して検索ドメインの可用性オプションを設定します。AWS CLI のインストールおよびセットアップの詳細については、『AWS Command Line Interface ユーザーガイド』を参照してください。

検索ドメインの可用性オプションを設定するには

  • aws cloudsearch update-availability-options コマンドを実行するときに、ドメインのマルチ AZ を有効にする場合は --multi-az オプションを指定し、マルチ AZ を無効にする場合は --no-multi-az オプションを指定します。たとえば、次のリクエストは movies ドメインのマルチ AZ を有効にします。

    aws cloudsearch update-availability-options --domain-name movies --multi-az { "AvailabilityOptions": { "Status": { "PendingDeletion": false, "State": "Processing", "CreationDate": "2014-04-30T20:42:57Z", "UpdateVersion": 13, "UpdateDate": "2014-05-01T00:17:45Z" }, "Options": true } }

AWS SDK を使用した可用性オプションの設定

AWS SDK では(Android および iOS SDK を除く)、UpdateAvailabilityOptions も含めて、Amazon CloudSearch 設定 API で定義されたすべての Amazon CloudSearch アクションがサポートされています。AWS SDK のインストールと使用の詳細については、「AWS Software Development Kits」を参照してください。