チュートリアル: で CodeCommit を使用するAWS CloudShell - AWS CloudShell

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

チュートリアル: で CodeCommit を使用するAWS CloudShell

CodeCommit は、プライベート Git リポジトリをホストする、セキュアでスケーラブル性が高いマネージド型ソースコントロールサービスです。を使用するAWS CloudShellの場合、コマンドラインで CodeCommit を使用して CodeCommit を操作できます。git-remote-codecommit。このユーティリティは、AWS CloudShellコンピューティング環境を提供し、CodeCommit リポジトリからコードをプッシュおよびプルするための簡単な方法を提供します。これは Git を拡張することによって行われます。詳細については、AWS CodeCommit「 ユーザーガイド」を参照してください。

このチュートリアルでは、CodeCommit リポジトリを作成し、そのリポジトリをAWS CloudShellコンピューティング環境。このチュートリアルでは、で管理されているリモートリポジトリにファイルをプッシュする前に、クローンリポジトリにファイルをステージングしてコミットする方法についても説明します。AWSクラウド型。

前提条件

IAM ユーザーが使用するために必要なアクセス権限の詳細については、AWS CloudShell「」を参照してください。「はじめに」チュートリアルの前提条件セクション。また、次の操作も行う必要がありますIAM アクセス許可CodeCommit で作業する。

さらに、開始する前に次の項目が格納されているはずです。

  • Git コマンドとバージョン管理の概念に関する基本的な理解

  • ローカルおよびリモートリポジトリにコミットできる、シェルのホームディレクトリ内のファイル。このチュートリアルでは、次のように参照します。my-git-file

ステップ 1: 新しい CodeCommit リポジトリを作成してクローンする

  1. AWS CloudShell コマンドラインインターフェイスで、次のように入力します。codecommitコマンドはと呼ばれる CodeCommit リポジトリを作成します。MyDemoRepo:

    aws codecommit create-repository --repository-name MyDemoRepo --repository-description "My demonstration repository"

    リポジトリが正常に作成されると、コマンドラインにサービスの応答が表示されます。

    { "repositoryMetadata": { "accountId": "111122223333", "repositoryId": "0dcd29a8-941a-1111-1111-11111111111a", "repositoryName": "MyDemoRepo", "repositoryDescription": "My demonstration repository", "lastModifiedDate": "2020-11-23T20:38:23.068000+00:00", "creationDate": "2020-11-23T20:38:23.068000+00:00", "cloneUrlHttp": "https://git-codecommit.eu-west-1.amazonaws.com/v1/repos/MyDemoRepo", "cloneUrlSsh": "ssh://git-codecommit.eu-west-1.amazonaws.com/v1/repos/MyDemoRepo", "Arn": "arn:aws:codecommit:eu-west-1:111111111111:MyDemoRepo" } )
  2. コマンドラインを使用して、ローカルリポジトリ用に新しいディレクトリを作成し、それを作業ディレクトリにします。

    mkdir my-shell-repo cd my-shell-repo
  3. 次に、リモートリポジトリをクローンします。git cloneコマンド。(一緒に作業しているようにgit-remote-codecommitでは、HTTPS (GRC) の URL スタイルを使用します)。

    git clone codecommit::eu-west-1://MyDemoRepo

    リポジトリが正常にクローン化されると、コマンドラインにサービスの応答が表示されます。

    Cloning into 'MyDemoRepo'... warning: You appear to have cloned an empty repository.
  4. クローンリポジトリに移動するには、cdコマンド:

    cd MyDemoRepo

ステップ 2: CodeCommit リポジトリにプッシュする前にファイルをステージングしてコミットする

  1. という名前のファイルを追加するmy-git-fileMyDemoRepoVim エディタまたはのファイルアップロード機能を使用するフォルダーAWS CloudShell。両方の使い方については、「」を参照してください。入門チュートリアル

  2. リポジトリにファイルをステージングするには、git を実行します。addコマンド:

    git add my-git-file
  3. ファイルがステージングされ、コミットする準備ができていることを確認するには、git を実行します。statusコマンド:

    git status

    my-git-file新しいファイルとしてリストされ、コミットする準備ができていることを示す緑色のテキストで表示されます。

  4. 次に、ステージングされたファイルのこのバージョンをリポジトリにコミットします。

    git commit -m "first commit to repo"
    注記

    コミットを完了するための設定情報の入力を求められる場合は、次の形式を使用します。

    $ git config --global user.name "Jane Doe" $ git config --global user.email janedoe@example.com
  5. 最後に、ローカルリポジトリで行われた変更とリモートリポジトリを同期するには、変更をアップストリームブランチにプッシュします。

    git push