チュートリアル: AWS CloudShellの開始方法 - AWS CloudShell

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

チュートリアル: AWS CloudShellの開始方法

この入門チュートリアルでは、を起動する方法を示します。AWS CloudShellシェルコマンドラインインターフェイスを使用して主要なタスクを実行します。

まず、にサインインしますAWS Management Consoleを起動するAWS CloudShell新しいブラウザウィンドウで。次に、AWS作業するリージョンとシェルタイプ。

次に、ホームディレクトリに新しいフォルダを作成し、ローカルマシンからフォルダにファイルをアップロードします。コマンドラインからプログラムとして実行する前に、プリインストールされたエディタを使用してそのファイルを操作します。最後に、あなたは電話しますAWS CLIAmazon S 3 バケットを作成し、ファイルをオブジェクトとして追加します。

前提条件

IAM アクセス許可

の権限を取得する最速の方法AWS CloudShell以下を添付することですAWSIAM アイデンティティ (ユーザー、ロール、またはグループ) に対する管理ポリシー:

  • AWSCloudShellFullAccess: ユーザーにへのフルアクセスを提供します。AWS CloudShellとその特徴。

このチュートリアルでは、AWSサービス (この場合は、Amazon S3 バケットを作成して、そのバケットにオブジェクトを追加します)。したがって、IAM アイデンティティには、最低限、s3:CreateBucketそしてs3:PutObjectアクセス許可。

詳細については、「」を参照してください。Amazon S3 のアクションAmazon Simple Storage Service ユーザーガイド

演習ファイル

この演習では、コマンドラインインターフェイスからプログラムとして実行されるファイルをアップロードして編集します。ローカルマシンでテキストエディタを開き、次のコードスニペットを追加します。

import sys x=int(sys.argv[1]) y=int(sys.argv[2]) sum=x+y print("The sum is",sum)

ファイルを名前を付けて保存します。add_prog.py

内容

ステップ 1: にサインインAWS Management Console

この手順では、IAM ユーザー情報を入力して、AWS Management Console。すでにコンソールを使用している場合は、に進みます。ステップ 2

  • のアクセスできます。AWS Management ConsoleIAM ユーザーのサインイン URL を使用するか、メインのサインインページに移動します。

    IAM user sign-in URL
    • ブラウザを開き、次のサインイン URL を入力します。account_alias_or_id管理者から提供されたアカウントエイリアスまたはアカウント ID を使用します。

      https://account_alias_or_id.signin.aws.amazon.com/console/
    • IAM ユーザー名とパスワードを入力し、[Sign In (サインイン)] を選択します。

    
                              IAM ユーザーとしてのサインイン
    Main sign-in page
    • オープンhttps://aws.amazon.com/console/

    • このブラウザを使用して以前にサインインしたことがない場合は、メインのサインインページが表示されます。[IAM ユーザー] を選択し、アカウントのエイリアスまたはアカウント ID を入力して、

      
                                    IAM ユーザーとしてのサインイン
    • すでに IAM ユーザーとしてサインインしている場合。お使いのブラウザには、AWS アカウントのアカウントエイリアスまたはアカウント ID が記憶されている可能性があります。その場合は、IAM ユーザー名とパスワードを入力し、サインイン

      
                                    IAM ユーザーとしてのサインイン
    注記

    また、としてサインインすることもできます。ルートユーザー。このアイデンティティでは、すべての人に完全にアクセスできます。AWSアカウントのサービスとリソース。日常的なタスクには、それが管理者タスクであっても、ルートユーザーを使用しないことを強くお勧めします。代わりに、初期の IAM ユーザーを作成するためにのみ、ルートユーザーを使用するというベストプラクティスに従います。

ステップ 2: を起動するAWS CloudShellで、[リージョン] を選択し、シェルを選択します。

このステップでは、を起動します。AWS CloudShellコンソールインターフェイスから、使用可能なものを選択します。AWSリージョンを選択し、ご希望のシェル (Bash、PowerShell、または Z シェル) に切り替えます。

  1. 「」からAWS Management Consoleと起動できるAWS CloudShellナビゲーションバーで使用できる次のオプションを選択します。

    • [AWS CloudShellアイコン.

    • に「cloudshell」と入力し始める検索ボックスをクリックし、CloudShellオプション。

    
                  の主な特徴AWS CloudShellインターフェイスからリクエスト.

    AWS CloudShell が新しいブラウザウィンドウで初めて起動すると、ウェルカムパネルが表示され、主要な機能が一覧表示されます。このパネルを閉じると、シェルがコンソール認証情報を構成および転送する間、ステータスの更新が提供されます。コマンドプロンプトが表示されると、シェルが対話できる状態になります。

    注記

    正常に起動または操作できない問題が発生した場合AWS CloudShellで、これらの問題を特定して対処するための情報を確認してください。AWS CloudShellトラブルシューティング

  2. 選択するにはAWS作業する地域は、リージョンの選択メニューを選択し、サポートされているAWSリージョンで働く。(使用可能なリージョンは強調表示されます)。

    重要

    Regions を切り替えると、インターフェイスが更新され、選択したの名前が更新されます。AWSコマンドラインテキストの上にリージョンが表示されます。永続ストレージに追加したファイルは、このストレージでのみ使用できます。AWSリージョン。リージョンを変更すると、異なるストレージ (およびファイル) にアクセスできます。

  3. 使用するプリインストールされたシェルを選択するには、コマンドラインプロンプトでプログラム名を入力します。

    Bash

    bash

    Bash に切り替えると、コマンドプロンプトの記号が$

    注記

    Bash は、起動時に実行されるデフォルトのシェルですAWS CloudShell。

    PowerShell

    pwsh

    PowerShell に切り替えると、コマンドプロンプトの記号がPS>

    Z shell

    zsh

    Z シェルに切り替えると、コマンドプロンプトの記号が%

ステップ 3: AWS CloudShell へのファイルのアップロード

この手順では、ファイルをアップロードし、ホームディレクトリ内の新しいディレクトリに移動する手順を説明します。

  1. 現在の作業ディレクトリを確認するには、プロンプトで次のコマンドを入力します。

    pwd

    を押すとEnterの場合、シェルは現在の作業ディレクトリを返します。例: /home/cloudshell-user

  2. このディレクトリにファイルをアップロードするには、アクションを選択し、ファイルをアップロードする[] メニューから。

    
                     の主な特徴AWS CloudShellインターフェイスからリクエスト.

    -ファイルをアップロードするダイアログボックスが表示されます。

  3. [Browse (参照)] を選択します。

  4. お使いのシステムのファイルのアップロードダイアログボックスで、このチュートリアル用に作成したテキストファイルを選択します (add_prog.py) を選択し、オープン

  5. ファイルをアップロードする] ダイアログボックスで、を選択します。アップロード

    プログレスバーはアップロードを追跡します。アップロードが成功すると、次のことが確認されるメッセージが表示されます。add_prog.pyがホームディレクトリのルートに追加されました。

  6. ファイルのディレクトリを作成するには、make Directories コマンドを入力します。mkdir mysub_dir

  7. アップロードしたファイルをホームディレクトリのルートから新しいディレクトリに移動するには、mvコマンド:

    mv add_prog.py mysub_dir.

  8. 作業ディレクトリを新しいディレクトリに変更するには、を入力します。cd mysub_dir

    コマンドプロンプトが更新され、作業ディレクトリが変更されたことを示します。

  9. 現在のディレクトリの内容を表示するには、mysub_dir「」と入力します。lsコマンド。

    アップロードしたファイルを含め、作業ディレクトリの内容が一覧表示されます。

ステップ 4: ファイルのコードを編集し、コマンドラインから実行します。

この手順では、プリインストールされた Vim エディタを使用してファイルを操作する方法を説明します。その後、コマンドラインからそのファイルをプログラムとして実行します。

  1. 前のステップでアップロードしたファイルを編集するには、次のコマンドを入力します。

    vim add_prog.py

    シェルインターフェイスが更新され、Vim エディタが表示されます。

  2. Vim でファイルを編集するには、Ikey。次に、プログラムが 2 つではなく 3 つの数字を加算するように内容を編集します。

    import sys x=int(sys.argv[1]) y=int(sys.argv[2]) z=int(sys.argv[3]) sum=x+y+z print("The sum is",sum)
    注記

    テキストをエディタに貼り付けて、セーフペースト機能有効にすると、警告が表示されます。コピーされたマルチテキストには、悪意のあるスクリプトが含まれている可能性があります。[セーフペースト] を使用すると、貼り付け前にテキスト全体を検証できます。テキストが安全であることが満足したら、Paste (貼り付ける)

  3. プログラムを編集したら、Escをクリックして Vim コマンドモードに入ります。次に、次のコマンドを入力してファイルを保存し、エディタを終了します。

    :wq

    注記

    Vim を初めて使用する場合は、コマンドモード (ファイルの保存とアプリケーションの終了時に使用) と挿入モード (新しいテキストの挿入時に使用) を切り替えるのが最初難しいかもしれません。わかりやすい基準点として、挿入モードに入るには、Iを選択し、コマンドモードを開始するには、を押します。Esc。Vim およびその他のツールの詳細については、を参照してください。AWS CloudShell「」を参照してください。開発ツールとシェルユーティリティ

  4. メインコマンドラインインターフェイスに戻り、プログラムを実行し、入力に次の 3 つの数値を指定します。

    python3 add_prog.py 4 5 6

    コマンドラインにプログラムの出力が表示されます。The sum is 15

ステップ 5: を使用するAWS CLIをクリックして、ファイルを Amazon S3 バケットにオブジェクトとして追加します。

このステップでは、Amazon S3 バケットを作成し、PutObjectメソッドを使用して、コードファイルをオブジェクトとしてバケットに追加します。

注記

ほとんどの場合、次の操作を実行できます。CodeCommit などのサービスを使用するソフトウェアファイルをバージョン管理されたリポジトリにコミットします。この入門チュートリアルでは、ストレージに Amazon S3 を使用して、使いやすさを示します。AWS CLIにAWS CloudShell。この方法では、追加リソースをダウンロードまたはインストールする必要はありません。さらに、シェル内で既に認証されているため、呼び出しを行う前に資格情報を設定する必要はありません。

  1. 指定した AWS リージョンにバケットを作成するには、次のコマンドを入力します。

    aws s3api create-bucket --bucket insert-unique-bucket-name-here --region us-east-1
    注記

    の外部にバケットを作成している場合us-east-1リージョン、追加create-bucket-configurationLocationConstraintパラメータを使用して、リージョンを指定します。以下はその例です。

    $ aws s3api create-bucket --bucket my-bucket --region eu-west-1 --create-bucket-configuration LocationConstraint=eu-west-1

    コールが成功すると、コマンドラインに次のようなサービスからの応答が表示されます。

    { "Location": "/insert-unique-bucket-name-here" }
    注記

    君が守らないとバケットの名前付け規則(たとえば、小文字のみを使用)、次のエラーが表示されます。CreateBucket オペレーションを呼び出すときにエラーが発生しました (InvalidBucketName): 指定されたバケットが無効です。

  2. ファイルをアップロードし、作成したばかりのバケットにオブジェクトとして追加するには、PutObject方法:

    aws s3api put-object --bucket insert-unique-bucket-name-here --key add_prog --body add_prog.py

    オブジェクトが Amazon S3 バケットに正常にアップロードされると、コマンドラインに次のようなサービスからの応答が表示されます。

    { "ETag": "\"ab123c1:w:wad4a567d8bfd9a1234ebeea56\"" }

    -ETag格納されているオブジェクトのハッシュを示します。のには使用できます。Amazon S3 にアップロードされたオブジェクトの整合性をチェックする