を使用した Athena の例 AWS CLI - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

を使用した Athena の例 AWS CLI

次のコード例は、Athena AWS Command Line Interface で を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、batch-get-named-query を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

複数のクエリに関する情報を返すには

次のbatch-get-named-query例では、指定された IDs を持つ名前付きクエリに関する情報を返します。

aws athena batch-get-named-query \ --named-query-ids a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111 a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE22222 a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE33333

出力:

{ "NamedQueries": [ { "Name": "Flights Select Query", "Description": "Sample query to get the top 10 airports with the most number of departures since 2000", "Database": "sampledb", "QueryString": "SELECT origin, count(*) AS total_departures\nFROM\nflights_parquet\nWHERE year >= '2000'\nGROUP BY origin\nORDER BY total_departures DESC\nLIMIT 10;", "NamedQueryId": "a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111", "WorkGroup": "primary" }, { "Name": "Load flights table partitions", "Description": "Sample query to load flights table partitions using MSCK REPAIR TABLE statement", "Database": "sampledb", "QueryString": "MSCK REPAIR TABLE flights_parquet;", "NamedQueryId": "a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE22222", "WorkGroup": "primary" }, { "Name": "CloudFront Select Query", "Description": "Sample query to view requests per operating system during a particular time frame", "Database": "sampledb", "QueryString": "SELECT os, COUNT(*) count FROM cloudfront_logs WHERE date BETWEEN date '2014-07-05' AND date '2014-08-05' GROUP BY os;", "NamedQueryId": "a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE33333", "WorkGroup": "primary" } ], "UnprocessedNamedQueryIds": [] }

詳細については、Amazon Athena ユーザーガイドの「Amazon Athena を使用した SQL クエリの実行」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスBatchGetNamedQuery」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、batch-get-query-execution を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

1 つ以上のクエリ実行に関する情報を返すには

次のbatch-get-query-execution例では、指定されたクエリ IDs を持つクエリのクエリ実行情報を返します。

aws athena batch-get-query-execution \ --query-execution-ids a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111 a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE22222

出力:

{ "QueryExecutions": [ { "QueryExecutionId": "a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111", "Query": "create database if not exists webdata", "StatementType": "DDL", "ResultConfiguration": { "OutputLocation": "s3://awsdoc-example-bucket/a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111.txt" }, "QueryExecutionContext": {}, "Status": { "State": "SUCCEEDED", "SubmissionDateTime": 1593470720.592, "CompletionDateTime": 1593470720.902 }, "Statistics": { "EngineExecutionTimeInMillis": 232, "DataScannedInBytes": 0, "TotalExecutionTimeInMillis": 310, "ResultConfiguration": { "QueryQueueTimeInMillis": 50, "ServiceProcessingTimeInMillis": 28 }, "WorkGroup": "AthenaAdmin" }, { "QueryExecutionId": "a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE22222", "Query": "select date, location, browser, uri, status from cloudfront_logs where method = 'GET' and status = 200 and location like 'SFO%' limit 10", "StatementType": "DML", "ResultConfiguration": { "OutputLocation": "s3://awsdoc-example-bucket/a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE22222.csv" }, "QueryExecutionContext": { "Database": "mydatabase", "Catalog": "awsdatacatalog" }, "Status": { "State": "SUCCEEDED", "SubmissionDateTime": 1593469842.665, "CompletionDateTime": 1593469846.486 }, "Statistics": { "EngineExecutionTimeInMillis": 3600, "DataScannedInBytes": 203089, "TotalExecutionTimeInMillis": 3821, "QueryQueueTimeInMillis": 267, "QueryPlanningTimeInMillis": 1175 }, "WorkGroup": "AthenaAdmin" } ], "UnprocessedQueryExecutionIds": [] }

詳細については、Amazon Athena ユーザーガイドの「Amazon Athena を使用した SQL クエリの実行」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスBatchGetQueryExecution」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、create-data-catalog を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

データカタログを作成するには

次のcreate-data-catalog例では、 dynamo_db_catalog データカタログを作成します。

aws athena create-data-catalog \ --name dynamo_db_catalog \ --type LAMBDA \ --description "DynamoDB Catalog" \ --parameters function=arn:aws:lambda:us-west-2:111122223333:function:dynamo_db_lambda

このコマンドでは何も出力されません。結果を表示するには、 を使用しますaws athena get-data-catalog --name dynamo_db_catalog

詳細については、「Amazon Athena ユーザーガイド」の「カタログの登録: create-data-catalog」を参照してください。 Amazon Athena

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateDataCatalog」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、create-named-query を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

名前付きクエリを作成するには

次のcreate-named-query例では、2016 年 1 月にシアトルからニューヨークへの出発と到着の両方が 10 分以上遅れた便のflights_parquetテーブルをクエリする保存されたクエリをAthenaAdminワークグループに作成します。テーブル内の空港コード値は二重引用符 (「SEA」など) を含む文字列であるため、バックスラッシュでエスケープされ、一重引用符で囲まれます。

aws athena create-named-query \ --name "SEA to JFK delayed flights Jan 2016" \ --description "Both arrival and departure delayed more than 10 minutes." \ --database sampledb \ --query-string "SELECT flightdate, carrier, flightnum, origin, dest, depdelayminutes, arrdelayminutes FROM sampledb.flights_parquet WHERE yr = 2016 AND month = 1 AND origin = '\"SEA\"' AND dest = '\"JFK\"' AND depdelayminutes > 10 AND arrdelayminutes > 10" \ --work-group AthenaAdmin

出力:

{ "NamedQueryId": "a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111" }

詳細については、Amazon Athena ユーザーガイドの「Amazon Athena を使用した SQL クエリの実行」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateNamedQuery」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、create-work-group を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ワークグループを作成するには

次のcreate-work-group例では、クエリ結果の出力場所が Data_Analyst_Groupである というワークグループを作成しますs3://awsdoc-example-bucket。コマンドは、クエリ結果の出力場所を含むクライアント設定を上書きするワークグループを作成します。このコマンドは、 CloudWatch メトリクスを有効にし、ワークグループに 3 つのキーと値のタグペアを追加して、他のワークグループと区別します。--configuration 引数には、オプションを区切るカンマの前にスペースがないことに注意してください。

aws athena create-work-group \ --name Data_Analyst_Group \ --configuration ResultConfiguration={OutputLocation="s3://awsdoc-example-bucket"},EnforceWorkGroupConfiguration="true",PublishCloudWatchMetricsEnabled="true" \ --description "Workgroup for data analysts" \ --tags Key=Division,Value=West Key=Location,Value=Seattle Key=Team,Value="Big Data"

このコマンドでは何も出力されません。結果を表示するには、 を使用しますaws athena get-work-group --work-group Data_Analyst_Group

詳細については、「Amazon Athena ユーザーガイド」の「ワークグループの管理」を参照してください。 Amazon Athena

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateWorkGroup」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-data-catalog を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

データカタログを削除するには

次のdelete-data-catalog例では、 UnusedDataCatalog データカタログを削除します。

aws athena delete-data-catalog \ --name UnusedDataCatalog

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「Amazon Athena ユーザーガイド」の「カタログの削除: delete-data-catalog」を参照してください。 Amazon Athena

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteDataCatalog」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-named-query を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

名前付きクエリを削除するには

次のdelete-named-query例では、指定された ID を持つ名前付きクエリを削除します。

aws athena delete-named-query \ --named-query-id a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、Amazon Athena ユーザーガイドの「Amazon Athena を使用した SQL クエリの実行」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteNamedQuery」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-work-group を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ワークグループを削除するには

次のdelete-work-group例では、TeamBワークグループを削除します。

aws athena delete-work-group \ --work-group TeamB

このコマンドでは何も出力されません。削除を確認するには、 を使用しますaws athena list-work-groups

詳細については、「Amazon Athena ユーザーガイド」の「ワークグループの管理」を参照してください。 Amazon Athena

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteWorkGroup」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-data-catalog を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

データカタログに関する情報を返すには

次のget-data-catalog例では、 dynamo_db_catalog データカタログに関する情報を返します。

aws athena get-data-catalog \ --name dynamo_db_catalog

出力:

{ "DataCatalog": { "Name": "dynamo_db_catalog", "Description": "DynamoDB Catalog", "Type": "LAMBDA", "Parameters": { "catalog": "dynamo_db_catalog", "metadata-function": "arn:aws:lambda:us-west-2:111122223333:function:dynamo_db_lambda", "record-function": "arn:aws:lambda:us-west-2:111122223333:function:dynamo_db_lambda" } } }

詳細については、「Amazon Athena ユーザーガイド」の「Showing Catalog Details: get-data-catalog」を参照してください。 Amazon Athena

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetDataCatalog」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-database を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

データカタログ内のデータベースに関する情報を返すには

次のget-database例では、AwsDataCatalogデータカタログ内のsampledbデータベースに関する情報を返します。

aws athena get-database \ --catalog-name AwsDataCatalog \ --database-name sampledb

出力:

{ "Database": { "Name": "sampledb", "Description": "Sample database", "Parameters": { "CreatedBy": "Athena", "EXTERNAL": "TRUE" } } }

詳細については、「Amazon Athena ユーザーガイド」の「データベースの詳細の表示: get-database」を参照してください。 Amazon Athena

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetDatabase」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-named-query を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

名前付きクエリを返すには

次のget-named-query例では、指定された ID を持つクエリに関する情報を返します。

aws athena get-named-query \ --named-query-id a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111

出力:

{ "NamedQuery": { "Name": "CloudFront Logs - SFO", "Description": "Shows successful GET request data for SFO", "Database": "default", "QueryString": "select date, location, browser, uri, status from cloudfront_logs where method = 'GET' and status = 200 and location like 'SFO%' limit 10", "NamedQueryId": "a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111", "WorkGroup": "AthenaAdmin" } }

詳細については、Amazon Athena ユーザーガイドの「Amazon Athena を使用した SQL クエリの実行」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetNamedQuery」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-query-execution を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

クエリ実行に関する情報を返すには

次のget-query-execution例では、指定されたクエリ ID を持つクエリに関する情報を返します。

aws athena get-query-execution \ --query-execution-id a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111

出力:

{ "QueryExecution": { "QueryExecutionId": "a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111", "Query": "select date, location, browser, uri, status from cloudfront_logs where method = 'GET ' and status = 200 and location like 'SFO%' limit 10", "StatementType": "DML", "ResultConfiguration": { "OutputLocation": "s3://awsdoc-example-bucket/a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111.csv" }, "QueryExecutionContext": { "Database": "mydatabase", "Catalog": "awsdatacatalog" }, "Status": { "State": "SUCCEEDED", "SubmissionDateTime": 1593469842.665, "CompletionDateTime": 1593469846.486 }, "Statistics": { "EngineExecutionTimeInMillis": 3600, "DataScannedInBytes": 203089, "TotalExecutionTimeInMillis": 3821, "QueryQueueTimeInMillis": 267, "QueryPlanningTimeInMillis": 1175 }, "WorkGroup": "AthenaAdmin" } }

詳細については、Amazon Athena ユーザーガイドの「Amazon Athena を使用した SQL クエリの実行」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetQueryExecution」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-query-results を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

クエリの結果を返すには

次のget-query-results例では、指定されたクエリ ID を持つクエリの結果を返します。

aws athena get-query-results \ --query-execution-id a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111

出力:

{ "ResultSet": { "Rows": [ { "Data": [ { "VarCharValue": "date" }, { "VarCharValue": "location" }, { "VarCharValue": "browser" }, { "VarCharValue": "uri" }, { "VarCharValue": "status" } ] }, { "Data": [ { "VarCharValue": "2014-07-05" }, { "VarCharValue": "SFO4" }, { "VarCharValue": "Safari" }, { "VarCharValue": "/test-image-2.jpeg" }, { "VarCharValue": "200" } ] }, { "Data": [ { "VarCharValue": "2014-07-05" }, { "VarCharValue": "SFO4" }, { "VarCharValue": "Opera" }, { "VarCharValue": "/test-image-2.jpeg" }, { "VarCharValue": "200" } ] }, { "Data": [ { "VarCharValue": "2014-07-05" }, { "VarCharValue": "SFO4" }, { "VarCharValue": "Firefox" }, { "VarCharValue": "/test-image-3.jpeg" }, { "VarCharValue": "200" } ] }, { "Data": [ { "VarCharValue": "2014-07-05" }, { "VarCharValue": "SFO4" }, { "VarCharValue": "Lynx" }, { "VarCharValue": "/test-image-3.jpeg" }, { "VarCharValue": "200" } ] }, { "Data": [ { "VarCharValue": "2014-07-05" }, { "VarCharValue": "SFO4" }, { "VarCharValue": "IE" }, { "VarCharValue": "/test-image-2.jpeg" }, { "VarCharValue": "200" } ] }, { "Data": [ { "VarCharValue": "2014-07-05" }, { "VarCharValue": "SFO4" }, { "VarCharValue": "Opera" }, { "VarCharValue": "/test-image-1.jpeg" }, { "VarCharValue": "200" } ] }, { "Data": [ { "VarCharValue": "2014-07-05" }, { "VarCharValue": "SFO4" }, { "VarCharValue": "Chrome" }, { "VarCharValue": "/test-image-3.jpeg" }, { "VarCharValue": "200" } ] }, { "Data": [ { "VarCharValue": "2014-07-05" }, { "VarCharValue": "SFO4" }, { "VarCharValue": "Firefox" }, { "VarCharValue": "/test-image-2.jpeg" }, { "VarCharValue": "200" } ] }, { "Data": [ { "VarCharValue": "2014-07-05" }, { "VarCharValue": "SFO4" }, { "VarCharValue": "Chrome" }, { "VarCharValue": "/test-image-3.jpeg" }, { "VarCharValue": "200" } ] }, { "Data": [ { "VarCharValue": "2014-07-05" }, { "VarCharValue": "SFO4" }, { "VarCharValue": "IE" }, { "VarCharValue": "/test-image-2.jpeg" }, { "VarCharValue": "200" } ] } ], "ResultSetMetadata": { "ColumnInfo": [ { "CatalogName": "hive", "SchemaName": "", "TableName": "", "Name": "date", "Label": "date", "Type": "date", "Precision": 0, "Scale": 0, "Nullable": "UNKNOWN", "CaseSensitive": false }, { "CatalogName": "hive", "SchemaName": "", "TableName": "", "Name": "location", "Label": "location", "Type": "varchar", "Precision": 2147483647, "Data": [ "Scale": 0, "Nullable": "UNKNOWN", "CaseSensitive": true }, { "CatalogName": "hive", "SchemaName": "", "TableName": "", "Name": "browser", "Label": "browser", "Type": "varchar", "Precision": 2147483647, "Scale": 0, "Nullable": "UNKNOWN", "CaseSensitive": true }, { "CatalogName": "hive", "SchemaName": "", "TableName": "", "Name": "uri", "Label": "uri", "Type": "varchar", "Precision": 2147483647, "Scale": 0, "Nullable": "UNKNOWN", "CaseSensitive": true }, { "CatalogName": "hive", "SchemaName": "", "TableName": "", "Name": "status", "Label": "status", "Type": "integer", "Precision": 10, "Scale": 0, "Nullable": "UNKNOWN", "CaseSensitive": false } ] } }, "UpdateCount": 0 }

詳細については、「Amazon Athena ユーザーガイド」の「クエリ結果、出力ファイル、クエリ履歴の使用」を参照してください。 Amazon Athena

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetQueryResults」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-table-metadata を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

テーブルに関するメタデータ情報を返すには

次のget-table-metadata例では、データAwsDataCatalogカタログのsampledbデータベースから、列名とそのデータ型を含むcountiesテーブルに関するメタデータ情報を返します。

aws athena get-table-metadata \ --catalog-name AwsDataCatalog \ --database-name sampledb \ --table-name counties

出力:

{ "TableMetadata": { "Name": "counties", "CreateTime": 1593559968.0, "LastAccessTime": 0.0, "TableType": "EXTERNAL_TABLE", "Columns": [ { "Name": "name", "Type": "string", "Comment": "from deserializer" }, { "Name": "boundaryshape", "Type": "binary", "Comment": "from deserializer" }, { "Name": "motto", "Type": "string", "Comment": "from deserializer" }, { "Name": "population", "Type": "int", "Comment": "from deserializer" } ], "PartitionKeys": [], "Parameters": { "EXTERNAL": "TRUE", "inputformat": "com.esri.json.hadoop.EnclosedJsonInputFormat", "location": "s3://awsdoc-example-bucket/json", "outputformat": "org.apache.hadoop.hive.ql.io.HiveIgnoreKeyTextOutputFormat", "serde.param.serialization.format": "1", "serde.serialization.lib": "com.esri.hadoop.hive.serde.JsonSerde", "transient_lastDdlTime": "1593559968" } } }

詳細については、「Amazon Athena ユーザーガイド」の「テーブルの詳細の表示: get-table-metadata」を参照してください。 Amazon Athena

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetTableMetadata」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-work-group を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ワークグループに関する情報を返すには

次のget-work-group例では、AthenaAdminワークグループに関する情報を返します。

aws athena get-work-group \ --work-group AthenaAdmin

出力:

{ "WorkGroup": { "Name": "AthenaAdmin", "State": "ENABLED", "Configuration": { "ResultConfiguration": { "OutputLocation": "s3://awsdoc-example-bucket/" }, "EnforceWorkGroupConfiguration": false, "PublishCloudWatchMetricsEnabled": true, "RequesterPaysEnabled": false }, "Description": "Workgroup for Athena administrators", "CreationTime": 1573677174.105 } }

詳細については、「Amazon Athena ユーザーガイド」の「ワークグループの管理」を参照してください。 Amazon Athena

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetWorkGroup」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-data-catalogs を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Athena に登録されているデータカタログを一覧表示するには

次のlist-data-catalogs例では、Athena に登録されているデータカタログを一覧表示します。

aws athena list-data-catalogs

出力:

{ "DataCatalogsSummary": [ { "CatalogName": "AwsDataCatalog", "Type": "GLUE" }, { "CatalogName": "cw_logs_catalog", "Type": "LAMBDA" }, { "CatalogName": "cw_metrics_catalog", "Type": "LAMBDA" } ] }

詳細については、「Amazon Athena ユーザーガイド」の「登録済みカタログの一覧表示: list-data-catalogs」を参照してください。 Amazon Athena

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListDataCatalogs」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-databases を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

データカタログ内のデータベースを一覧表示するには

次のlist-databases例では、AwsDataCatalogデータカタログ内のデータベースを一覧表示します。

aws athena list-databases \ --catalog-name AwsDataCatalog

出力:

{ "DatabaseList": [ { "Name": "default" }, { "Name": "mydatabase" }, { "Name": "newdb" }, { "Name": "sampledb", "Description": "Sample database", "Parameters": { "CreatedBy": "Athena", "EXTERNAL": "TRUE" } }, { "Name": "webdata" } ] }

詳細については、「Amazon Athena ユーザーガイド」の「カタログ内のデータベースの一覧表示: list-databases」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListDatabases」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-named-queries を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ワークグループの名前付きクエリを一覧表示するには

次のlist-named-queries例では、AthenaAdminワークグループの名前付きクエリを一覧表示します。

aws athena list-named-queries \ --work-group AthenaAdmin

出力:

{ "NamedQueryIds": [ "a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111", "a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE22222", "a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE33333" ] }

詳細については、Amazon Athena ユーザーガイドの「Amazon Athena を使用した SQL クエリの実行」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListNamedQueries」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-query-executions を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

指定したワークグループ内のクエリのクエリ IDs を一覧表示するには

次のlist-query-executions例では、AthenaAdminワークグループ内の最大 10 個のクエリ IDs を一覧表示します。

aws athena list-query-executions \ --work-group AthenaAdmin \ --max-items 10

出力:

{ "QueryExecutionIds": [ "a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11110", "a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111", "a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE22222", "a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE33333", "a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11114", "a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11115", "a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11116", "a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11117", "a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11118", "a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11119" ], "NextToken": "eyJOZXh0VG9rZW4iOiBudWxsLCAiYm90b190cnVuY2F0ZV9hbW91bnQiOiAxMH0=" }

詳細については、「Amazon Athena ユーザーガイド」の「クエリ結果、出力ファイル、クエリ履歴の使用」を参照してください。 Amazon Athena

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListQueryExecutions」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-table-metadata を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

データカタログの指定されたデータベース内のテーブルのメタデータを一覧表示するには

次のlist-table-metadata例では、AwsDataCatalogデータカタログの geography データベース内の最大 2 つのテーブルのメタデータ情報を返します。

aws athena list-table-metadata \ --catalog-name AwsDataCatalog \ --database-name geography \ --max-items 2

出力:

{ "TableMetadataList": [ { "Name": "country_codes", "CreateTime": 1586553454.0, "TableType": "EXTERNAL_TABLE", "Columns": [ { "Name": "country", "Type": "string", "Comment": "geo id" }, { "Name": "alpha-2 code", "Type": "string", "Comment": "geo id2" }, { "Name": "alpha-3 code", "Type": "string", "Comment": "state name" }, { "Name": "numeric code", "Type": "bigint", "Comment": "" }, { "Name": "latitude", "Type": "bigint", "Comment": "location (latitude)" }, { "Name": "longitude", "Type": "bigint", "Comment": "location (longitude)" } ], "Parameters": { "areColumnsQuoted": "false", "classification": "csv", "columnsOrdered": "true", "delimiter": ",", "has_encrypted_data": "false", "inputformat": "org.apache.hadoop.mapred.TextInputFormat", "location": "s3://awsdoc-example-bucket/csv/countrycode", "outputformat": "org.apache.hadoop.hive.ql.io.HiveIgnoreKeyTextOutputFormat", "serde.param.field.delim": ",", "serde.serialization.lib": "org.apache.hadoop.hive.serde2.lazy.LazySimpleSerDe", "skip.header.line.count": "1", "typeOfData": "file" } }, { "Name": "county_populations", "CreateTime": 1586553446.0, "TableType": "EXTERNAL_TABLE", "Columns": [ { "Name": "id", "Type": "string", "Comment": "geo id" }, { "Name": "country", "Name": "id2", "Type": "string", "Comment": "geo id2" }, { "Name": "county", "Type": "string", "Comment": "county name" }, { "Name": "state", "Type": "string", "Comment": "state name" }, { "Name": "population estimate 2018", "Type": "string", "Comment": "" } ], "Parameters": { "areColumnsQuoted": "false", "classification": "csv", "columnsOrdered": "true", "delimiter": ",", "has_encrypted_data": "false", "inputformat": "org.apache.hadoop.mapred.TextInputFormat", "location": "s3://awsdoc-example-bucket/csv/CountyPopulation", "outputformat": "org.apache.hadoop.hive.ql.io.HiveIgnoreKeyTextOutputFormat", "serde.param.field.delim": ",", "serde.serialization.lib": "org.apache.hadoop.hive.serde2.lazy.LazySimpleSerDe", "skip.header.line.count": "1", "typeOfData": "file" } } ], "NextToken": "eyJOZXh0VG9rZW4iOiBudWxsLCAiYm90b190cnVuY2F0ZV9hbW91bnQiOiAyfQ==" }

詳細については、「Amazon Athena ユーザーガイド」の「データベース内のすべてのテーブルのメタデータを表示する list-table-metadata」を参照してください。 Amazon Athena

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListTableMetadata」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-tags-for-resource を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

例 1: ワークグループのタグを一覧表示するには

次のlist-tags-for-resource例では、Data_Analyst_Groupワークグループのタグを一覧表示します。

aws athena list-tags-for-resource \ --resource-arn arn:aws:athena:us-west-2:111122223333:workgroup/Data_Analyst_Group

出力:

{ "Tags": [ { "Key": "Division", "Value": "West" }, { "Key": "Team", "Value": "Big Data" }, { "Key": "Location", "Value": "Seattle" } ] }

例 2: データカタログのタグを一覧表示するには

次のlist-tags-for-resource例では、dynamo_db_catalogデータカタログのタグを一覧表示します。

aws athena list-tags-for-resource \ --resource-arn arn:aws:athena:us-west-2:111122223333:datacatalog/dynamo_db_catalog

出力:

{ "Tags": [ { "Key": "Division", "Value": "Mountain" }, { "Key": "Organization", "Value": "Retail" }, { "Key": "Product_Line", "Value": "Shoes" }, { "Key": "Location", "Value": "Denver" } ] }

詳細については、「Amazon Athena ユーザーガイド」の「リソースのタグの一覧表示 list-tags-for-resource」を参照してください。 Amazon Athena

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListTagsForResource」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-work-groups を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ワークグループを一覧表示するには

次のlist-work-groups例では、現在のアカウントのワークグループを一覧表示します。

aws athena list-work-groups

出力:

{ "WorkGroups": [ { "Name": "Data_Analyst_Group", "State": "ENABLED", "Description": "", "CreationTime": 1578006683.016 }, { "Name": "AthenaAdmin", "State": "ENABLED", "Description": "", "CreationTime": 1573677174.105 }, { "Name": "primary", "State": "ENABLED", "Description": "", "CreationTime": 1567465222.723 } ] }

詳細については、「Amazon Athena ユーザーガイド」の「ワークグループの管理」を参照してください。 Amazon Athena

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListWorkGroups」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、start-query-execution を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

例 1: 指定したデータベースとデータカタログの指定したテーブルのワークグループでクエリを実行するには

次のstart-query-execution例では、 AthenaAdmin ワークグループを使用して、AwsDataCatalogデータカタログの の cloudfront_logsテーブルcflogsdatabaseに対してクエリを実行します。

aws athena start-query-execution \ --query-string "select date, location, browser, uri, status from cloudfront_logs where method = 'GET' and status = 200 and location like 'SFO%' limit 10" \ --work-group "AthenaAdmin" \ --query-execution-context Database=cflogsdatabase,Catalog=AwsDataCatalog

出力:

{ "QueryExecutionId": "a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111" }

詳細については、Amazon Athena ユーザーガイドの「Amazon Athena を使用した SQL クエリの実行」を参照してください。

例 2: 指定したワークグループを使用して指定したデータカタログにデータベースを作成するクエリを実行するには

次のstart-query-execution例では、 AthenaAdmin ワークグループを使用して、デフォルトのデータカタログ newdbにデータベース を作成しますAwsDataCatalog

aws athena start-query-execution \ --query-string "create database if not exists newdb" \ --work-group "AthenaAdmin"

出力:

{ "QueryExecutionId": "a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11112" }

詳細については、Amazon Athena ユーザーガイドの「Amazon Athena を使用した SQL クエリの実行」を参照してください。

例 3: 指定したデータベースとデータカタログのテーブルにビューを作成するクエリを実行するには

次のstart-query-execution例では、 の cloudfront_logsテーブルの SELECTステートメントを使用してビュー cflogsdatabaseを作成しますcf10

aws athena start-query-execution \ --query-string "CREATE OR REPLACE VIEW cf10 AS SELECT * FROM cloudfront_logs limit 10" \ --query-execution-context Database=cflogsdatabase

出力:

{ "QueryExecutionId": "a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11113" }

詳細については、Amazon Athena ユーザーガイドの「Amazon Athena を使用した SQL クエリの実行」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスStartQueryExecution」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、stop-query-execution を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

実行中のクエリを停止するには

次のstop-query-execution例では、指定されたクエリ ID を持つクエリを停止します。

aws athena stop-query-execution \ --query-execution-id a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、Amazon Athena ユーザーガイドの「Amazon Athena を使用した SQL クエリの実行」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスStopQueryExecution」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、tag-resource を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リソースにタグを追加

次のtag-resource例では、dynamo_db_catalogデータカタログに 3 つのタグを追加します。

aws athena tag-resource \ --resource-arn arn:aws:athena:us-west-2:111122223333:datacatalog/dynamo_db_catalog \ --tags Key=Organization,Value=Retail Key=Division,Value=Mountain Key=Product_Line,Value=Shoes Key=Location,Value=Denver

このコマンドでは何も出力されません。結果を表示するには、 を使用しますaws athena list-tags-for-resource --resource-arn arn:aws:athena:us-west-2:111122223333:datacatalog/dynamo_db_catalog

詳細については、「Amazon Athena ユーザーガイド」の「リソースへのタグの追加: tag-resource」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスTagResource」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、untag-resource を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リソースからタグを削除するには

次のuntag-resource例では、dynamo_db_catalogデータカタログリソースから Specializationおよび Focusキーとそれに関連する値を削除します。

aws athena untag-resource \ --resource-arn arn:aws:athena:us-west-2:111122223333:datacatalog/dynamo_db_catalog \ --tag-keys Specialization Focus

このコマンドでは何も出力されません。結果を表示するには、 list-tags-for-resource コマンドを使用します。

詳細については、「Amazon Athena ユーザーガイド」の「リソースからのタグの削除: untag-resource」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUntagResource」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、update-data-catalog を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

データカタログを更新するには

次のupdate-data-catalog例では、Lambda 関数とcw_logs_catalogデータカタログの説明を更新します。

aws athena update-data-catalog \ --name cw_logs_catalog \ --type LAMBDA \ --description "New CloudWatch Logs Catalog" \ --function=arn:aws:lambda:us-west-2:111122223333:function:new_cw_logs_lambda

このコマンドでは何も出力されません。結果を表示するには、 を使用しますaws athena get-data-catalog --name cw_logs_catalog

詳細については、「Amazon Athena ユーザーガイド」の「カタログの更新: update-data-catalog」を参照してください。 Amazon Athena

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateDataCatalog」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、update-work-group を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ワークグループを更新するには

次のupdate-work-group例では、Data_Analyst_Groupワークグループを無効にします。ユーザーは、無効化されたワークグループでクエリを実行または作成することはできませんが、メトリクス、データ使用量制限コントロール、ワークグループ設定、クエリ履歴、保存されたクエリは引き続き表示できます。

aws athena update-work-group \ --work-group Data_Analyst_Group \ --state DISABLED

このコマンドでは何も出力されません。状態の変化を確認するには、 を使用して出力の Stateプロパティaws athena get-work-group --work-group Data_Analyst_Groupを確認します。

詳細については、「Amazon Athena ユーザーガイド」の「ワークグループの管理」を参照してください。 Amazon Athena

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateWorkGroup」の「」を参照してください。 AWS CLI