を使用した Firehose の例 AWS CLI - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

を使用した Firehose の例 AWS CLI

次のコード例は、Firehose AWS Command Line Interface で を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、list-delivery-streams を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

利用可能な配信ストリームを一覧表示するには

次のlist-delivery-streams例では、 AWS アカウントで使用可能な配信ストリームを一覧表示します。

aws firehose list-delivery-streams

出力:

{ "DeliveryStreamNames": [ "my-stream" ], "HasMoreDeliveryStreams": false }

詳細については、Amazon Kinesis Data Firehose デベロッパーガイドの「Amazon Kinesis Data Firehose 配信ストリームの作成」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListDeliveryStreams」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、put-record-batch を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

複数のレコードをストリームに書き込むには

この put-record-batch の例は、3 つのレコードをストリームに書き込みます。データは Base64 形式でエンコードされます。

aws firehose put-record-batch \ --delivery-stream-name my-stream \ --records file://records.json

myfile.json の内容:

[ {"Data": "Rmlyc3QgdGhpbmc="}, {"Data": "U2Vjb25kIHRoaW5n"}, {"Data": "VGhpcmQgdGhpbmc="} ]

出力:

{ "FailedPutCount": 0, "Encrypted": false, "RequestResponses": [ { "RecordId": "9D2OJ6t2EqCTZTXwGzeSv/EVHxRoRCw89xd+o3+sXg8DhYOaWKPSmZy/CGlRVEys1u1xbeKh6VofEYKkoeiDrcjrxhQp9iF7sUW7pujiMEQ5LzlrzCkGosxQn+3boDnURDEaD42V7GiixpOyLJkYZcae1i7HzlCEoy9LJhMr8EjDSi4Om/9Vc2uhwwuAtGE0XKpxJ2WD7ZRWtAnYlKAnvgSPRgg7zOWL" }, { "RecordId": "jFirejqxCLlK5xjH/UNmlMVcjktEN76I7916X9PaZ+PVaOSXDfU1WGOqEZhxq2js7xcZ552eoeDxsuTU1MSq9nZTbVfb6cQTIXnm/GsuF37Uhg67GKmR5z90l6XKJ+/+pDloFv7Hh9a3oUS6wYm3DcNRLTHHAimANp1PhkQvWpvLRfzbuCUkBphR2QVzhP9OiHLbzGwy8/DfH8sqWEUYASNJKS8GXP5s" }, { "RecordId": "oy0amQ40o5Y2YV4vxzufdcMOOw6n3EPr3tpPJGoYVNKH4APPVqNcbUgefo1stEFRg4hTLrf2k6eliHu/9+YJ5R3iiedHkdsfkIqX0XTySSutvgFYTjNY1TSrK0pM2sWxpjqqnk3+2UX1MV5z88xGro3cQm/DTBt3qBlmTj7Xq8SKVbO1S7YvMTpWkMKA86f8JfmT8BMKoMb4XZS/sOkQLe+qh0sYKXWl" } ] }

詳細については、「Amazon Kinesis Data Firehose ディベロッパーガイド」の「Amazon Kinesis Data Firehose 配信ストリームへのデータの送信」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスPutRecordBatch」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、put-record を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ストリームにレコードを書き込むには

次のput-record例では、ストリームにデータを書き込みます。データは Base64 形式でエンコードされます。

aws firehose put-record \ --delivery-stream-name my-stream \ --record '{"Data":"SGVsbG8gd29ybGQ="}'

出力:

{ "RecordId": "RjB5K/nnoGFHqwTsZlNd/TTqvjE8V5dsyXZTQn2JXrdpMTOwssyEb6nfC8fwf1whhwnItt4mvrn+gsqeK5jB7QjuLg283+Ps4Sz/j1Xujv31iDhnPdaLw4BOyM9Amv7PcCuB2079RuM0NhoakbyUymlwY8yt20G8X2420wu1jlFafhci4erAt7QhDEvpwuK8N1uOQ1EuaKZWxQHDzcG6tk1E49IPeD9k", "Encrypted": false }

詳細については、「Amazon Kinesis Data Firehose ディベロッパーガイド」の「Amazon Kinesis Data Firehose 配信ストリームへのデータの送信」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスPutRecord」の「」を参照してください。 AWS CLI