MediaPackage を使用した の例 AWS CLI - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

MediaPackage を使用した の例 AWS CLI

次のコード例は、 AWS Command Line Interface で を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています MediaPackage。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、create-channel を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

チャンネルを作成するには

次のcreate-channelコマンドは、現在のアカウントに という名前sportschannelのチャネルを作成します。

aws mediapackage create-channel --id sportschannel

出力:

{ "Arn": "arn:aws:mediapackage:us-west-2:111222333:channels/6d345804ec3f46c9b454a91d4a80d0e0", "HlsIngest": { "IngestEndpoints": [ { "Id": "6d345804ec3f46c9b454a91d4a80d0e0", "Password": "generatedwebdavpassword1", "Url": "https://f31c86aed53b815a.mediapackage.us-west-2.amazonaws.com/in/v2/6d345804ec3f46c9b454a91d4a80d0e0/6d345804ec3f46c9b454a91d4a80d0e0/channel", "Username": "generatedwebdavusername1" }, { "Id": "2daa32878af24803b24183727211b8ff", "Password": "generatedwebdavpassword2", "Url": "https://6ebbe7e04c4b0afa.mediapackage.us-west-2.amazonaws.com/in/v2/6d345804ec3f46c9b454a91d4a80d0e0/2daa32878af24803b24183727211b8ff/channel", "Username": "generatedwebdavusername2" } ] }, "Id": "sportschannel", "Tags": { "region": "west" } }

詳細については、「 AWS Elemental MediaPackage ユーザーガイド」の「チャネルの作成」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateChannel」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、create-origin-endpoint を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

オリジンエンドポイントを作成するには

次のcreate-origin-endpointコマンドは、JSON ファイルで提供されるパッケージ設定と指定されたエンドポイント設定cmafsportsを使用して、 という名前のオリジンエンドポイントを作成します。

aws mediapackage create-origin-endpoint \ --channel-id sportschannel \ --id cmafsports \ --cmaf-package file://file/path/cmafpkg.json --description "cmaf output of sports" \ --id cmaf_sports \ --manifest-name sports_channel \ --startover-window-seconds 300 \ --tags region=west,media=sports \ --time-delay-seconds 10

出力:

{ "Arn": "arn:aws:mediapackage:us-west-2:111222333:origin_endpoints/1dc6718be36f4f34bb9cd86bc50925e6", "ChannelId": "sportschannel", "CmafPackage": { "HlsManifests": [ { "AdMarkers": "PASSTHROUGH", "Id": "cmaf_sports_endpoint", "IncludeIframeOnlyStream": true, "ManifestName": "index", "PlaylistType": "EVENT", "PlaylistWindowSeconds": 300, "ProgramDateTimeIntervalSeconds": 300, "Url": "https://c4af3793bf76b33c.mediapackage.us-west-2.amazonaws.com/out/v1/1dc6718be36f4f34bb9cd86bc50925e6/cmaf_sports_endpoint/index.m3u8" } ], "SegmentDurationSeconds": 2, "SegmentPrefix": "sportschannel" }, "Description": "cmaf output of sports", "Id": "cmaf_sports", "ManifestName": "sports_channel", "StartoverWindowSeconds": 300, "Tags": { "region": "west", "media": "sports" }, "TimeDelaySeconds": 10, "Url": "", "Whitelist": [] }

詳細については、「 AWS Elemental MediaPackage ユーザーガイド」の「エンドポイントの作成」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateOriginEndpoint」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-channel を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

チャンネルを削除するには

次のdelete-channelコマンドは、 という名前のチャネルを削除しますtest

aws mediapackage delete-channel \ --id test

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「 AWS Elemental MediaPackage ユーザーガイド」の「チャネルの削除」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteChannel」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-origin-endpoint を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

オリジンエンドポイントを削除するには

次のdelete-origin-endpointコマンドは、 という名前のオリジンエンドポイントを削除しますtester2

aws mediapackage delete-origin-endpoint \ --id tester2

詳細については、「 AWS Elemental MediaPackage ユーザーガイド」の「エンドポイントの削除」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteOriginEndpoint」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、describe-channel を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

チャンネルを記述するには

次のdescribe-channelコマンドは、 という名前のチャネルの詳細をすべて表示しますtest

aws mediapackage describe-channel \ --id test

出力:

{ "Arn": "arn:aws:mediapackage:us-west-2:111222333:channels/584797f1740548c389a273585dd22a63", "HlsIngest": { "IngestEndpoints": [ { "Id": "584797f1740548c389a273585dd22a63", "Password": "webdavgeneratedpassword1", "Url": "https://9be9c4405c474882.mediapackage.us-west-2.amazonaws.com/in/v2/584797f1740548c389a273585dd22a63/584797f1740548c389a273585dd22a63/channel", "Username": "webdavgeneratedusername1" }, { "Id": "7d187c8616fd455f88aaa5a9fcf74442", "Password": "webdavgeneratedpassword2", "Url": "https://7bf454c57220328d.mediapackage.us-west-2.amazonaws.com/in/v2/584797f1740548c389a273585dd22a63/7d187c8616fd455f88aaa5a9fcf74442/channel", "Username": "webdavgeneratedusername2" } ] }, "Id": "test", "Tags": {} }

詳細については、「 AWS Elemental MediaPackage ユーザーガイド」の「チャネルの詳細の表示<https://docs.aws.amazon.com/mediapackage/latest/ug/channels-view.html>」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeChannel」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、describe-origin-endpoint を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

オリジンエンドポイントを記述するには

次のdescribe-origin-endpointコマンドは、 という名前のオリジンエンドポイントの詳細をすべて表示しますcmaf_sports

aws mediapackage describe-origin-endpoint \ --id cmaf_sports

出力:

{ "Arn": "arn:aws:mediapackage:us-west-2:111222333:origin_endpoints/1dc6718be36f4f34bb9cd86bc50925e6", "ChannelId": "sportschannel", "CmafPackage": { "HlsManifests": [ { "AdMarkers": "NONE", "Id": "cmaf_sports_endpoint", "IncludeIframeOnlyStream": false, "PlaylistType": "EVENT", "PlaylistWindowSeconds": 60, "ProgramDateTimeIntervalSeconds": 0, "Url": "https://c4af3793bf76b33c.mediapackage.us-west-2.amazonaws.com/out/v1/1dc6718be36f4f34bb9cd86bc50925e6/cmaf_sports_endpoint/index.m3u8" } ], "SegmentDurationSeconds": 2, "SegmentPrefix": "sportschannel" }, "Id": "cmaf_sports", "ManifestName": "index", "StartoverWindowSeconds": 0, "Tags": { "region": "west", "media": "sports" }, "TimeDelaySeconds": 0, "Url": "", "Whitelist": [] }

詳細については、「 AWS Elemental MediaPackage ユーザーガイド」の「単一のエンドポイントの表示」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeOriginEndpoint」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-channels を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

すべてのチャネルを一覧表示するには

次のlist-channelsコマンドは、現在の AWS アカウントに設定されているすべてのチャネルを一覧表示します。

aws mediapackage list-channels

出力:

{ "Channels": [ { "Arn": "arn:aws:mediapackage:us-west-2:111222333:channels/584797f1740548c389a273585dd22a63", "HlsIngest": { "IngestEndpoints": [ { "Id": "584797f1740548c389a273585dd22a63", "Password": "webdavgeneratedpassword1", "Url": "https://9be9c4405c474882.mediapackage.us-west-2.amazonaws.com/in/v2/584797f1740548c389a273585dd22a63/584797f1740548c389a273585dd22a63/channel", "Username": "webdavgeneratedusername1" }, { "Id": "7d187c8616fd455f88aaa5a9fcf74442", "Password": "webdavgeneratedpassword2", "Url": "https://7bf454c57220328d.mediapackage.us-west-2.amazonaws.com/in/v2/584797f1740548c389a273585dd22a63/7d187c8616fd455f88aaa5a9fcf74442/channel", "Username": "webdavgeneratedusername2" } ] }, "Id": "test", "Tags": {} } ] }

詳細については、「 AWS Elemental MediaPackage ユーザーガイド」の「チャネルの詳細の表示」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListChannels」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-origin-endpoints を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

チャネルのすべてのオリジンエンドポイントを一覧表示するには

次の list-origin-endpoints コマンドは、test という名前のチャネルに設定されているすべてのオリジンエンドポイントを一覧表示します。

aws mediapackage list-origin-endpoints \ --channel-id test

出力:

{ "OriginEndpoints": [ { "Arn": "arn:aws:mediapackage:us-west-2:111222333:origin_endpoints/247cff871f2845d3805129be22f2c0a2", "ChannelId": "test", "DashPackage": { "ManifestLayout": "FULL", "ManifestWindowSeconds": 60, "MinBufferTimeSeconds": 30, "MinUpdatePeriodSeconds": 15, "PeriodTriggers": [], "Profile": "NONE", "SegmentDurationSeconds": 2, "SegmentTemplateFormat": "NUMBER_WITH_TIMELINE", "StreamSelection": { "MaxVideoBitsPerSecond": 2147483647, "MinVideoBitsPerSecond": 0, "StreamOrder": "ORIGINAL" }, "SuggestedPresentationDelaySeconds": 25 }, "Id": "tester2", "ManifestName": "index", "StartoverWindowSeconds": 0, "Tags": {}, "TimeDelaySeconds": 0, "Url": "https://8343f7014c0ea438.mediapackage.us-west-2.amazonaws.com/out/v1/247cff871f2845d3805129be22f2c0a2/index.mpd", "Whitelist": [] }, { "Arn": "arn:aws:mediapackage:us-west-2:111222333:origin_endpoints/869e237f851549e9bcf10e3bc2830839", "ChannelId": "test", "HlsPackage": { "AdMarkers": "NONE", "IncludeIframeOnlyStream": false, "PlaylistType": "EVENT", "PlaylistWindowSeconds": 60, "ProgramDateTimeIntervalSeconds": 0, "SegmentDurationSeconds": 6, "StreamSelection": { "MaxVideoBitsPerSecond": 2147483647, "MinVideoBitsPerSecond": 0, "StreamOrder": "ORIGINAL" }, "UseAudioRenditionGroup": false }, "Id": "tester", "ManifestName": "index", "StartoverWindowSeconds": 0, "Tags": {}, "TimeDelaySeconds": 0, "Url": "https://8343f7014c0ea438.mediapackage.us-west-2.amazonaws.com/out/v1/869e237f851549e9bcf10e3bc2830839/index.m3u8", "Whitelist": [] } ] }

詳細については、「 AWS Elemental MediaPackage ユーザーガイド」の「チャネルに関連付けられているすべてのエンドポイントの表示」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListOriginEndpoints」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-tags-for-resource を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リソースに割り当てられたタグを一覧表示するには

次のlist-tags-for-resourceコマンドは、指定されたリソースに割り当てられているタグを一覧表示します。

aws mediapackage list-tags-for-resource \ --resource-arn arn:aws:mediapackage:us-west-2:111222333:channels/6d345804ec3f46c9b454a91d4a80d0e0

出力:

{ "Tags": { "region": "west" } }

詳細については、「 AWS Elemental ユーザーガイド」の「 Elemental でのリソースのタグ付け MediaPackageAWS MediaPackage 」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListTagsForResource」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、rotate-ingest-endpoint-credentials を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

取り込み認証情報をローテーションするには

次のrotate-ingest-endpoint-credentialsコマンドは、指定された取り込みエンドポイントの WebDAV ユーザー名とパスワードをローテーションします。

aws mediapackage rotate-ingest-endpoint-credentials \ --id test \ --ingest-endpoint-id 584797f1740548c389a273585dd22a63

出力:

{ "Arn": "arn:aws:mediapackage:us-west-2:111222333:channels/584797f1740548c389a273585dd22a63", "HlsIngest": { "IngestEndpoints": [ { "Id": "584797f1740548c389a273585dd22a63", "Password": "webdavregeneratedpassword1", "Url": "https://9be9c4405c474882.mediapackage.us-west-2.amazonaws.com/in/v2/584797f1740548c389a273585dd22a63/584797f1740548c389a273585dd22a63/channel", "Username": "webdavregeneratedusername1" }, { "Id": "7d187c8616fd455f88aaa5a9fcf74442", "Password": "webdavgeneratedpassword2", "Url": "https://7bf454c57220328d.mediapackage.us-west-2.amazonaws.com/in/v2/584797f1740548c389a273585dd22a63/7d187c8616fd455f88aaa5a9fcf74442/channel", "Username": "webdavgeneratedusername2" } ] }, "Id": "test", "Tags": {} }

詳細については、「 AWS Elemental MediaPackage ユーザーガイド」の「入力 URL での認証情報のローテーション」を参照してください。

次の例は、tag-resource を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リソースにタグを追加

次のtag-resourceコマンドは、指定されたリソースにregion=westキーと値のペアを追加します。

aws mediapackage tag-resource \ --resource-arn arn:aws:mediapackage:us-west-2:111222333:channels/6d345804ec3f46c9b454a91d4a80d0e0 \ --tags region=west

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「 AWS Elemental ユーザーガイド」の「 Elemental でのリソースのタグ付け MediaPackageAWS MediaPackage 」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスTagResource」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、untag-resource を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リソースからタグを削除するには

次のuntag-resourceコマンドは、指定されたチャネルregionから キーを持つタグを削除します。

aws mediapackage untag-resource \ --resource-arn arn:aws:mediapackage:us-west-2:111222333:channels/6d345804ec3f46c9b454a91d4a80d0e0 \ --tag-keys region

詳細については、「 AWS Elemental ユーザーガイド」の「 Elemental でのリソースのタグ付け MediaPackageAWS MediaPackage 」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUntagResource」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、update-channel を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

チャンネルを更新するには

次のupdate-channelコマンドは、 という名前のチャネルを更新sportschannelして説明 を含めます24x7 sports

aws mediapackage update-channel \ --id sportschannel \ --description "24x7 sports"

出力:

{ "Arn": "arn:aws:mediapackage:us-west-2:111222333:channels/6d345804ec3f46c9b454a91d4a80d0e0", "Description": "24x7 sports", "HlsIngest": { "IngestEndpoints": [ { "Id": "6d345804ec3f46c9b454a91d4a80d0e0", "Password": "generatedwebdavpassword1", "Url": "https://f31c86aed53b815a.mediapackage.us-west-2.amazonaws.com/in/v2/6d345804ec3f46c9b454a91d4a80d0e0/6d345804ec3f46c9b454a91d4a80d0e0/channel", "Username": "generatedwebdavusername1" }, { "Id": "2daa32878af24803b24183727211b8ff", "Password": "generatedwebdavpassword2", "Url": "https://6ebbe7e04c4b0afa.mediapackage.us-west-2.amazonaws.com/in/v2/6d345804ec3f46c9b454a91d4a80d0e0/2daa32878af24803b24183727211b8ff/channel", "Username": "generatedwebdavusername2" } ] }, "Id": "sportschannel", "Tags": {} }

詳細については、「 AWS Elemental MediaPackage ユーザーガイド」の「チャネルの編集」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateChannel」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、update-origin-endpoint を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

オリジンエンドポイントを更新するには

次のupdate-origin-endpointコマンドは、 という名前のオリジンエンドポイントを更新しますcmaf_sports。遅延時間を0秒に変更します。

aws mediapackage update-origin-endpoint \ --id cmaf_sports \ --time-delay-seconds 0

出力:

{ "Arn": "arn:aws:mediapackage:us-west-2:111222333:origin_endpoints/1dc6718be36f4f34bb9cd86bc50925e6", "ChannelId": "sportschannel", "CmafPackage": { "HlsManifests": [ { "AdMarkers": "NONE", "Id": "cmaf_sports_endpoint", "IncludeIframeOnlyStream": false, "PlaylistType": "EVENT", "PlaylistWindowSeconds": 60, "ProgramDateTimeIntervalSeconds": 0, "Url": "https://c4af3793bf76b33c.mediapackage.us-west-2.amazonaws.com/out/v1/1dc6718be36f4f34bb9cd86bc50925e6/cmaf_sports_endpoint/index.m3u8" } ], "SegmentDurationSeconds": 2, "SegmentPrefix": "sportschannel" }, "Id": "cmaf_sports", "ManifestName": "index", "StartoverWindowSeconds": 0, "Tags": { "region": "west", "media": "sports" }, "TimeDelaySeconds": 0, "Url": "", "Whitelist": [] }

詳細については、「 AWS Elemental MediaPackage ユーザーガイド」の「エンドポイントの編集」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateOriginEndpoint」の「」を参照してください。 AWS CLI