を使用した Network Manager の例 AWS CLI - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

を使用した Network Manager の例 AWS CLI

次のコード例は、Network Manager AWS Command Line Interface で を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、associate-customer-gateway を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

カスタマーゲートウェイを関連付けるには

次のassociate-customer-gateway例ではcgw-11223344556677889、指定されたグローバルネットワークのカスタマーゲートウェイをデバイス に関連付けますdevice-07f6fd08867abc123

aws networkmanager associate-customer-gateway \ --customer-gateway-arn arn:aws:ec2:us-west-2:123456789012:customer-gateway/cgw-11223344556677889 \ --global-network-id global-network-01231231231231231 \ --device-id device-07f6fd08867abc123 \ --region us-west-2

出力:

{ "CustomerGatewayAssociation": { "CustomerGatewayArn": "arn:aws:ec2:us-west-2:123456789012:customer-gateway/cgw-11223344556677889", "GlobalNetworkId": "global-network-01231231231231231", "DeviceId": "device-07f6fd08867abc123", "State": "PENDING" } }

詳細については、Transit Gateway Network Manager ガイドの「カスタマーゲートウェイの関連付け」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスAssociateCustomerGateway」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、associate-link を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リンクを関連付けるには

次のassociate-link例では、リンク link-11112222aaaabbbb1をデバイス に関連付けますdevice-07f6fd08867abc123。リンクとデバイスは、指定されたグローバルネットワークにあります。

aws networkmanager associate-link \ --global-network-id global-network-01231231231231231 \ --device-id device-07f6fd08867abc123 \ --link-id link-11112222aaaabbbb1 \ --region us-west-2

出力:

{ "LinkAssociation": { "GlobalNetworkId": "global-network-01231231231231231", "DeviceId": "device-07f6fd08867abc123", "LinkId": "link-11112222aaaabbbb1", "LinkAssociationState": "PENDING" } }

詳細については、Transit Gateway Network Manager ガイド「デバイスとリンクの関連付け」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスAssociateLink」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、create-core-network を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

コアネットワークを作成するには

次のcreate-core-network例では、 AWS Cloud WAN グローバルネットワーク内でオプションの記述とタグを使用してコアネットワークを作成します。

aws networkmanager create-core-network \ --global-network-id global-network-0d59060f16a73bc41\ --description "Main headquarters location"\ --tags Key=Name,Value="New York City office"

出力:

{ "CoreNetwork": { "GlobalNetworkId": "global-network-0d59060f16a73bc41", "CoreNetworkId": "core-network-0fab62fe438d94db6", "CoreNetworkArn": "arn:aws:networkmanager::987654321012:core-network/core-network-0fab62fe438d94db6", "Description": "Main headquarters location", "CreatedAt": "2022-01-10T19:53:59+00:00", "State": "AVAILABLE", "Tags": [ { "Key": "Name", "Value": "New York City office" } ] } }

詳細については、「Cloud WAN ユーザーガイド」の「コアネットワーク」を参照してください。 AWS

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateCoreNetwork」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、create-device を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

デバイスを作成するには

次のcreate-device例では、指定されたグローバルネットワークにデバイスを作成します。デバイスの詳細には、説明、タイプ、ベンダー、モデル、シリアル番号が含まれます。

aws networkmanager create-device --global-network-id global-network-01231231231231231 \ --description "New York office device" \ --type "office device" \ --vendor "anycompany" \ --model "abcabc" \ --serial-number "1234" \ --region us-west-2

出力:

{ "Device": { "DeviceId": "device-07f6fd08867abc123", "DeviceArn": "arn:aws:networkmanager::123456789012:device/global-network-01231231231231231/device-07f6fd08867abc123", "GlobalNetworkId": "global-network-01231231231231231", "Description": "New York office device", "Type": "office device", "Vendor": "anycompany", "Model": "abcabc", "SerialNumber": "1234", "CreatedAt": 1575554005.0, "State": "PENDING" } }

詳細については、Transit Gateway Network Manager ガイド「デバイスの使用」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateDevice」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、create-global-network を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

グローバルネットワークを作成するには

次のcreate-global-network例では、新しいグローバルネットワークを作成します。作成時の初期状態は ですPENDING

aws networkmanager create-global-network

出力:

{ "GlobalNetwork": { "GlobalNetworkId": "global-network-00a77fc0f722dae74", "GlobalNetworkArn": "arn:aws:networkmanager::987654321012:global-network/global-network-00a77fc0f722dae74", "CreatedAt": "2022-03-14T20:31:56+00:00", "State": "PENDING" } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateGlobalNetwork」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、create-link を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リンクを作成するには

次のcreate-link例では、指定されたグローバルネットワークにリンクを作成します。リンクには、リンクタイプ、帯域幅、およびプロバイダーの説明と詳細が含まれています。サイト ID は、リンクが関連付けられているサイトを示します。

aws networkmanager create-link \ --global-network-id global-network-01231231231231231 \ --description "VPN Link" \ --type "broadband" \ --bandwidth UploadSpeed=10,DownloadSpeed=20 \ --provider "AnyCompany" \ --site-id site-444555aaabbb11223 \ --region us-west-2

出力:

{ "Link": { "LinkId": "link-11112222aaaabbbb1", "LinkArn": "arn:aws:networkmanager::123456789012:link/global-network-01231231231231231/link-11112222aaaabbbb1", "GlobalNetworkId": "global-network-01231231231231231", "SiteId": "site-444555aaabbb11223", "Description": "VPN Link", "Type": "broadband", "Bandwidth": { "UploadSpeed": 10, "DownloadSpeed": 20 }, "Provider": "AnyCompany", "CreatedAt": 1575555811.0, "State": "PENDING" } }

詳細については、Transit Gateway Network Manager ガイド「リンクの使用」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateLink」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、create-site を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

サイトを作成するには

次のcreate-site例では、指定されたグローバルネットワークにサイトを作成します。サイトの詳細には、説明と位置情報が含まれます。

aws networkmanager create-site \ --global-network-id global-network-01231231231231231 \ --description "New York head office" \ --location Latitude=40.7128,Longitude=-74.0060 \ --region us-west-2

出力:

{ "Site": { "SiteId": "site-444555aaabbb11223", "SiteArn": "arn:aws:networkmanager::123456789012:site/global-network-01231231231231231/site-444555aaabbb11223", "GlobalNetworkId": "global-network-01231231231231231", "Description": "New York head office", "Location": { "Latitude": "40.7128", "Longitude": "-74.0060" }, "CreatedAt": 1575554300.0, "State": "PENDING" } }

詳細については、Transit Gateway Network Manager ガイド「サイトの使用」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateSite」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、create-vpc-attachment を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

VPC アタッチメントを作成するには

次のcreate-vpc-attachment例では、コアネットワークで IPv6 をサポートする VPC アタッチメントを作成します。

aws networkmanager create-vpc-attachment \ --core-network-id core-network-0fab62fe438d94db6 \ --vpc-arn arn:aws:ec2:us-east-1:987654321012:vpc/vpc-09f37f69e2786eeb8 \ --subnet-arns arn:aws:ec2:us-east-1:987654321012:subnet/subnet-04ca4e010857e7bb7 \ --Ipv6Support=true

出力:

{ "VpcAttachment": { "Attachment": { "CoreNetworkId": "core-network-0fab62fe438d94db6", "AttachmentId": "attachment-05e1da6eba87a06e6", "OwnerAccountId": "987654321012", "AttachmentType": "VPC", "State": "CREATING", "EdgeLocation": "us-east-1", "ResourceArn": "arn:aws:ec2:us-east-1:987654321012:vpc/vpc-09f37f69e2786eeb8", "Tags": [], "CreatedAt": "2022-03-10T20:59:14+00:00", "UpdatedAt": "2022-03-10T20:59:14+00:00" }, "SubnetArns": [ "arn:aws:ec2:us-east-1:987654321012:subnet/subnet-04ca4e010857e7bb7" ], "Options": { "Ipv6Support": true } } }

詳細については、「Cloud WAN ユーザーガイド」の「添付ファイルを作成する」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateVpcAttachment」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-attachment を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

アタッチメントを削除するには

次のdelete-attachment例では、Connect アタッチメントを削除します。

aws networkmanager delete-attachment \ --attachment-id attachment-01feddaeae26ab68c

出力:

{ "Attachment": { "CoreNetworkId": "core-network-0f4b0a9d5ee7761d1", "AttachmentId": "attachment-01feddaeae26ab68c", "OwnerAccountId": "987654321012", "AttachmentType": "CONNECT", "State": "DELETING", "EdgeLocation": "us-east-1", "ResourceArn": "arn:aws:networkmanager::987654321012:attachment/attachment-02c3964448fedf5aa", "CreatedAt": "2022-03-15T19:18:41+00:00", "UpdatedAt": "2022-03-15T19:28:59+00:00" } }

詳細については、「Cloud WAN ユーザーガイド」の「添付ファイルの削除」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteAttachment」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-bucket-analytics-configuration を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

バケットの分析設定を削除するには

次の delete-bucket-analytics-configuration の例では、指定されたバケットと ID の分析設定を削除します。

aws s3api delete-bucket-analytics-configuration \ --bucket my-bucket \ --id 1

このコマンドでは何も出力されません。

次の例は、delete-bucket-metrics-configuration を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

バケットのメトリクス設定を削除するには

次の delete-bucket-metrics-configuration の例では、指定したバケットと ID のメトリクス設定を削除します。

aws s3api delete-bucket-metrics-configuration \ --bucket my-bucket \ --id 123

このコマンドでは何も出力されません。

次の例は、delete-core-network を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

コアネットワークを削除するには

次のdelete-core-network例では、Cloud WAN グローバルネットワークからコアネットワークを削除します。

aws networkmanager delete-core-network \ --core-network-id core-network-0fab62fe438d94db6

出力:

{ "CoreNetwork": { "GlobalNetworkId": "global-network-0d59060f16a73bc41", "CoreNetworkId": "core-network-0fab62fe438d94db6", "Description": "Main headquarters location", "CreatedAt": "2021-12-09T18:31:11+00:00", "State": "DELETING", "Segments": [ { "Name": "dev", "EdgeLocations": [ "us-east-1" ], "SharedSegments": [] } ], "Edges": [ { "EdgeLocation": "us-east-1", "Asn": 64512, "InsideCidrBlocks": [] } ] } }

詳細については、「Cloud WAN ユーザーガイド」の「コアネットワーク」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteCoreNetwork」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-device を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

デバイスを削除するには

次のdelete-device例では、指定されたグローバルネットワークから指定されたデバイスを削除します。

aws networkmanager delete-device \ --global-network-id global-network-01231231231231231 \ --device-id device-07f6fd08867abc123 \ --region us-west-2

出力:

{ "Device": { "DeviceId": "device-07f6fd08867abc123", "DeviceArn": "arn:aws:networkmanager::123456789012:device/global-network-01231231231231231/device-07f6fd08867abc123", "GlobalNetworkId": "global-network-01231231231231231", "Description": "New York office device", "Type": "office device", "Vendor": "anycompany", "Model": "abcabc", "SerialNumber": "1234", "SiteId": "site-444555aaabbb11223", "CreatedAt": 1575554005.0, "State": "DELETING" } }

詳細については、Transit Gateway Network Manager ガイド「デバイスの使用」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteDevice」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-global-network を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

グローバルネットワークを削除するには

次のdelete-global-network例では、グローバルネットワークを削除します。

aws networkmanager delete-global-network \ --global-network-id global-network-052bedddccb193b6b

出力:

{ "GlobalNetwork": { "GlobalNetworkId": "global-network-052bedddccb193b6b", "GlobalNetworkArn": "arn:aws:networkmanager::987654321012:global-network/global-network-052bedddccb193b6b", "CreatedAt": "2021-12-09T18:19:12+00:00", "State": "DELETING" } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteGlobalNetwork」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-link を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リンクを削除するには

次のdelete-link例では、指定されたリンクを指定されたグローバルネットワークから削除します。

aws networkmanager delete-link \ --global-network-id global-network-01231231231231231 \ --link-id link-11112222aaaabbbb1 \ --region us-west-2

出力:

{ "Link": { "LinkId": "link-11112222aaaabbbb1", "LinkArn": "arn:aws:networkmanager::123456789012:link/global-network-01231231231231231/link-11112222aaaabbbb1", "GlobalNetworkId": "global-network-01231231231231231", "SiteId": "site-444555aaabbb11223", "Description": "VPN Link", "Type": "broadband", "Bandwidth": { "UploadSpeed": 20, "DownloadSpeed": 20 }, "Provider": "AnyCompany", "CreatedAt": 1575555811.0, "State": "DELETING" } }

詳細については、Transit Gateway Network Manager ガイド「リンクの使用」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteLink」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-public-access-block を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

バケットのブロックパブリックアクセス設定を削除するには

次の delete-public-access-block の例では、指定したバケットのブロックパブリックアクセス設定を削除します。

aws s3api delete-public-access-block \ --bucket my-bucket

このコマンドでは何も出力されません。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeletePublicAccessBlock」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-site を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

サイトを削除するには

次のdelete-site例では、指定されたグローバルネットワーク内の指定されたサイト (site-444555aaabbb11223) を削除します。

aws networkmanager delete-site \ --global-network-id global-network-01231231231231231 \ --site-id site-444555aaabbb11223 \ --region us-west-2

出力:

{ "Site": { "SiteId": "site-444555aaabbb11223", "SiteArn": "arn:aws:networkmanager::123456789012:site/global-network-01231231231231231/site-444555aaabbb11223", "GlobalNetworkId": "global-network-01231231231231231", "Description": "New York head office", "Location": { "Latitude": "40.7128", "Longitude": "-74.0060" }, "CreatedAt": 1575554300.0, "State": "DELETING" } }

詳細については、Transit Gateway Network Manager ガイド「サイトの使用」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteSite」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、deregister-transit-gateway を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

グローバルネットワークからトランジットゲートウェイを登録解除するには

次のderegister-transit-gateway例では、指定されたグローバルネットワークから指定されたトランジットゲートウェイを登録解除します。

aws networkmanager deregister-transit-gateway \ --global-network-id global-network-01231231231231231 \ --transit-gateway-arn arn:aws:ec2:us-west-2:123456789012:transit-gateway/tgw-123abc05e04123abc \ --region us-west-2

出力:

{ "TransitGatewayRegistration": { "GlobalNetworkId": "global-network-01231231231231231", "TransitGatewayArn": "arn:aws:ec2:us-west-2:123456789012:transit-gateway/tgw-123abc05e04123abc", "State": { "Code": "DELETING" } } }

詳細については、Transit Gateway Network Manager ガイドの「Transit Gateway の登録」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeregisterTransitGateway」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、describe-global-networks を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

グローバルネットワークを記述するには

次のdescribe-global-networks例では、アカウント内のすべてのグローバルネットワークについて説明します。

aws networkmanager describe-global-networks \ --region us-west-2

出力:

{ "GlobalNetworks": [ { "GlobalNetworkId": "global-network-01231231231231231", "GlobalNetworkArn": "arn:aws:networkmanager::123456789012:global-network/global-network-01231231231231231", "Description": "Company 1 global network", "CreatedAt": 1575553525.0, "State": "AVAILABLE" } ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeGlobalNetworks」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、disassociate-customer-gateway を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

カスタマーゲートウェイの関連付けを解除するには

次のdisassociate-customer-gateway例では、指定されたグローバルネットワークから指定されたカスタマーゲートウェイ (cgw-11223344556677889) の関連付けを解除します。

aws networkmanager disassociate-customer-gateway \ --global-network-id global-network-01231231231231231 \ --customer-gateway-arn arn:aws:ec2:us-west-2:123456789012:customer-gateway/cgw-11223344556677889 \ --region us-west-2

出力:

{ "CustomerGatewayAssociation": { "CustomerGatewayArn": "arn:aws:ec2:us-west-2:123456789012:customer-gateway/cgw-11223344556677889", "GlobalNetworkId": "global-network-01231231231231231", "DeviceId": "device-07f6fd08867abc123", "State": "DELETING" } }

詳細については、Transit Gateway Network Manager ガイドの「カスタマーゲートウェイの関連付け」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDisassociateCustomerGateway」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、disassociate-link を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リンクの関連付けを解除するには

次のdisassociate-link例では、指定されたグローバルネットワークのデバイスから指定されたリンクdevice-07f6fd08867abc123の関連付けを解除します。

aws networkmanager disassociate-link \ --global-network-id global-network-01231231231231231 \ --device-id device-07f6fd08867abc123 \ --link-id link-11112222aaaabbbb1 \ --region us-west-2

出力:

{ "LinkAssociation": { "GlobalNetworkId": "global-network-01231231231231231", "DeviceId": "device-07f6fd08867abc123", "LinkId": "link-11112222aaaabbbb1", "LinkAssociationState": "DELETING" } }

詳細については、Transit Gateway Network Manager ガイド「デバイスとリンクの関連付け」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDisassociateLink」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-bucket-analytics-configuration を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

特定の ID を持つバケットの分析設定を取得するには

次の get-bucket-analytics-configuration の例では、指定されたバケットと ID の分析設定を表示します。

aws s3api get-bucket-analytics-configuration \ --bucket my-bucket \ --id 1

出力:

{ "AnalyticsConfiguration": { "StorageClassAnalysis": {}, "Id": "1" } }

次の例は、get-bucket-metrics-configuration を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

特定の ID を持つバケットのメトリクス設定を取得するには

次の get-bucket-metrics-configuration の例では、指定したバケットと ID のメトリクス設定を表示します。

aws s3api get-bucket-metrics-configuration \ --bucket my-bucket \ --id 123

出力:

{ "MetricsConfiguration": { "Filter": { "Prefix": "logs" }, "Id": "123" } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetBucketMetricsConfiguration」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-customer-gateway-associations を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

カスタマーゲートウェイの関連付けを取得するには

次のget-customer-gateway-associations例では、指定されたグローバルネットワークのカスタマーゲートウェイの関連付けを取得します。

aws networkmanager get-customer-gateway-associations \ --global-network-id global-network-01231231231231231 \ --region us-west-2

出力:

{ "CustomerGatewayAssociations": [ { "CustomerGatewayArn": "arn:aws:ec2:us-west-2:123456789012:customer-gateway/cgw-11223344556677889", "GlobalNetworkId": "global-network-01231231231231231", "DeviceId": "device-07f6fd08867abc123", "State": "AVAILABLE" } ] }

次の例は、get-devices を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

デバイスを取得するには

次のget-devices例では、指定されたグローバルネットワーク内のデバイスを取得します。

aws networkmanager get-devices \ --global-network-id global-network-01231231231231231 \ --region us-west-2

出力:

{ "Devices": [ { "DeviceId": "device-07f6fd08867abc123", "DeviceArn": "arn:aws:networkmanager::123456789012:device/global-network-01231231231231231/device-07f6fd08867abc123", "GlobalNetworkId": "global-network-01231231231231231", "Description": "NY office device", "Type": "office device", "Vendor": "anycompany", "Model": "abcabc", "SerialNumber": "1234", "CreatedAt": 1575554005.0, "State": "AVAILABLE" } ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetDevices」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-link-associations を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リンクの関連付けを取得するには

次のget-link-associations例では、指定されたグローバルネットワーク内のリンクの関連付けを取得します。

aws networkmanager get-link-associations \ --global-network-id global-network-01231231231231231 \ --region us-west-2

出力:

{ "LinkAssociations": [ { "GlobalNetworkId": "global-network-01231231231231231", "DeviceId": "device-07f6fd08867abc123", "LinkId": "link-11112222aaaabbbb1", "LinkAssociationState": "AVAILABLE" } ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetLinkAssociations」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-links を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リンクを取得するには

次のget-links例では、指定されたグローバルネットワーク内のリンクを取得します。

aws networkmanager get-links \ --global-network-id global-network-01231231231231231 \ --region us-west-2

出力:

{ "Links": [ { "LinkId": "link-11112222aaaabbbb1", "LinkArn": "arn:aws:networkmanager::123456789012:link/global-network-01231231231231231/link-11112222aaaabbbb1", "GlobalNetworkId": "global-network-01231231231231231", "SiteId": "site-444555aaabbb11223", "Description": "VPN Link", "Type": "broadband", "Bandwidth": { "UploadSpeed": 10, "DownloadSpeed": 20 }, "Provider": "AnyCompany", "CreatedAt": 1575555811.0, "State": "AVAILABLE" } ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetLinks」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-object-retention を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

オブジェクトのオブジェクト保持設定を取得するには

次の get-object-retention 例では、指定されたオブジェクトの保持設定を取得します。

aws s3api get-object-retention \ --bucket my-bucket-with-object-lock \ --key doc1.rtf

出力:

{ "Retention": { "Mode": "GOVERNANCE", "RetainUntilDate": "2025-01-01T00:00:00.000Z" } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetObjectRetention」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-public-access-block を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

バケットのブロックパブリックアクセス設定を指定または削除するには

次の get-public-access-block の例では、指定したバケットのブロックパブリックアクセス設定を表示します。

aws s3api get-public-access-block --bucket my-bucket

出力:

{ "PublicAccessBlockConfiguration": { "IgnorePublicAcls": true, "BlockPublicPolicy": true, "BlockPublicAcls": true, "RestrictPublicBuckets": true } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetPublicAccessBlock」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-sites を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

サイトを取得するには

次のget-sites例では、指定されたグローバルネットワークのサイトを取得します。

aws networkmanager get-sites \ --global-network-id global-network-01231231231231231 \ --region us-west-2

出力:

{ "Sites": [ { "SiteId": "site-444555aaabbb11223", "SiteArn": "arn:aws:networkmanager::123456789012:site/global-network-01231231231231231/site-444555aaabbb11223", "GlobalNetworkId": "global-network-01231231231231231", "Description": "NY head office", "Location": { "Latitude": "40.7128", "Longitude": "-74.0060" }, "CreatedAt": 1575554528.0, "State": "AVAILABLE" } ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetSites」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-transit-gateway-registrations を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

トランジットゲートウェイの登録を取得するには

次のget-transit-gateway-registrations例では、指定されたグローバルネットワークに登録されているトランジットゲートウェイを取得します。

aws networkmanager get-transit-gateway-registrations \ --global-network-id global-network-01231231231231231 \ --region us-west-2

出力:

{ "TransitGatewayRegistrations": [ { "GlobalNetworkId": "global-network-01231231231231231", "TransitGatewayArn": "arn:aws:ec2:us-west-2:123456789012:transit-gateway/tgw-123abc05e04123abc", "State": { "Code": "AVAILABLE" } } ] }

次の例は、get-vpc-attachment を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

VPC アタッチメントを取得するには

次のget-vpc-attachment例では、VPC アタッチメントに関する情報を返します。

aws networkmanager get-vpc-attachment \ --attachment-id attachment-03b7ea450134787da

出力:

{ "VpcAttachment": { "Attachment": { "CoreNetworkId": "core-network-0522de1b226a5d7b3", "AttachmentId": "attachment-03b7ea450134787da", "OwnerAccountId": "987654321012", "AttachmentType": "VPC", "State": "CREATING", "EdgeLocation": "us-east-1", "ResourceArn": "arn:aws:ec2:us-east-1:987654321012:vpc/vpc-a7c4bbda", "Tags": [ { "Key": "Name", "Value": "DevVPC" } ], "CreatedAt": "2022-03-11T17:48:58+00:00", "UpdatedAt": "2022-03-11T17:48:58+00:00" }, "SubnetArns": [ "arn:aws:ec2:us-east-1:987654321012:subnet/subnet-202cde6c", "arn:aws:ec2:us-east-1:987654321012:subnet/subnet-e5022dba", "arn:aws:ec2:us-east-1:987654321012:subnet/subnet-2387ae02", "arn:aws:ec2:us-east-1:987654321012:subnet/subnet-cda9dffc" ], "Options": { "Ipv6Support": false } } }

詳細については、「Cloud WAN ユーザーガイド」の「添付ファイル」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetVpcAttachment」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-bucket-analytics-configurations を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

バケットの分析設定のリストを取得するには

次の list-bucket-analytics-configurations の例では、指定したバケットの分析設定のリストを取得します。

aws s3api list-bucket-analytics-configurations \ --bucket my-bucket

出力:

{ "AnalyticsConfigurationList": [ { "StorageClassAnalysis": {}, "Id": "1" } ], "IsTruncated": false }

次の例は、list-bucket-metrics-configurations を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

バケットのメトリクス設定のリストを取得するには

次のlist-bucket-metrics-configurations例では、指定したバケットのメトリクス設定のリストを取得します。

aws s3api list-bucket-metrics-configurations \ --bucket my-bucket

出力:

{ "IsTruncated": false, "MetricsConfigurationList": [ { "Filter": { "Prefix": "logs" }, "Id": "123" }, { "Filter": { "Prefix": "tmp" }, "Id": "234" } ] }

次の例は、list-tags-for-resource を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リソースのタグを一覧表示するには

次のlist-tags-for-resource例では、指定されたデバイスリソース () のタグを一覧表示しますdevice-07f6fd08867abc123

aws networkmanager list-tags-for-resource \ --resource-arn arn:aws:networkmanager::123456789012:device/global-network-01231231231231231/device-07f6fd08867abc123 \ --region us-west-2

出力:

{ "TagList": [ { "Key": "Network", "Value": "Northeast" } ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListTagsForResource」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、put-bucket-metrics-configuration を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

バケットのメトリクス設定を行うには

次のput-bucket-metrics-configuration例では、指定したバケットの ID 123 のメトリクス設定を設定します。

aws s3api put-bucket-metrics-configuration \ --bucket my-bucket \ --id 123 \ --metrics-configuration '{"Id": "123", "Filter": {"Prefix": "logs"}}'

このコマンドでは何も出力されません。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスPutBucketMetricsConfiguration」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、put-object-retention を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

オブジェクトのオブジェクト保持設定を設定するには

次の put-object-retention 例では、指定されたオブジェクトのオブジェクト保持設定を 2025-01-01 まで設定します。

aws s3api put-object-retention \ --bucket my-bucket-with-object-lock \ --key doc1.rtf \ --retention '{ "Mode": "GOVERNANCE", "RetainUntilDate": "2025-01-01T00:00:00" }'

このコマンドでは何も出力されません。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスPutObjectRetention」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、put-public-access-block を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

バケットのパブリックアクセスブロック設定を設定するには

次のput-public-access-block例では、指定されたバケットに対して制限ブロックパブリックアクセス設定を設定します。

aws s3api put-public-access-block \ --bucket my-bucket \ --public-access-block-configuration "BlockPublicAcls=true,IgnorePublicAcls=true,BlockPublicPolicy=true,RestrictPublicBuckets=true"

このコマンドでは何も出力されません。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスPutPublicAccessBlock」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、register-transit-gateway を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

グローバルネットワークにトランジットゲートウェイを登録するには

次のregister-transit-gateway例では、指定されたグローバルネットワークtgw-123abc05e04123abcにトランジットゲートウェイを登録します。

aws networkmanager register-transit-gateway \ --global-network-id global-network-01231231231231231 \ --transit-gateway-arn arn:aws:ec2:us-west-2:123456789012:transit-gateway/tgw-123abc05e04123abc \ --region us-west-2

出力:

{ "TransitGatewayRegistration": { "GlobalNetworkId": "global-network-01231231231231231", "TransitGatewayArn": "arn:aws:ec2:us-west-2:123456789012:transit-gateway/tgw-123abc05e04123abc", "State": { "Code": "PENDING" } } }

詳細については、Transit Gateway Network Manager ガイドの「Transit Gateway の登録」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスRegisterTransitGateway」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、reject-attachment を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

添付ファイルを拒否するには

次のreject-attachment例では、VPC アタッチメントリクエストを拒否します。

aws networkmanager reject-attachment \ --attachment-id attachment-03b7ea450134787da

出力:

{ "Attachment": { "CoreNetworkId": "core-network-0522de1b226a5d7b3", "AttachmentId": "attachment-03b7ea450134787da", "OwnerAccountId": "987654321012", "AttachmentType": "VPC", "State": "AVAILABLE", "EdgeLocation": "us-east-1", "ResourceArn": "arn:aws:ec2:us-east-1:987654321012:vpc/vpc-a7c4bbda", "CreatedAt": "2022-03-11T17:48:58+00:00", "UpdatedAt": "2022-03-11T17:51:25+00:00" } }

詳細については、「Cloud WAN ユーザーガイド」の「添付ファイルの受け入れ」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスRejectAttachment」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、start-route-analysis を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ルート分析を開始するには

次のstart-route-analysis例では、オプションの を含め、送信元と送信先の間の分析を開始しますinclude-return-path

aws networkmanager start-route-analysis \ --global-network-id global-network-00aa0aaa0b0aaa000 \ --source TransitGatewayAttachmentArn=arn:aws:ec2:us-east-1:503089527312:transit-gateway-attachment/tgw-attach-0d4a2d491bf68c093,IpAddress=10.0.0.0 \ --destination TransitGatewayAttachmentArn=arn:aws:ec2:us-west-1:503089527312:transit-gateway-attachment/tgw-attach-002577f30bb181742,IpAddress=11.0.0.0 \ --include-return-path

出力:

{ "RouteAnalysis": { "GlobalNetworkId": "global-network-00aa0aaa0b0aaa000 "OwnerAccountId": "1111222233333", "RouteAnalysisId": "a1873de1-273c-470c-1a2bc2345678", "StartTimestamp": 1695760154.0, "Status": "RUNNING", "Source": { "TransitGatewayAttachmentArn": "arn:aws:ec2:us-east-1:111122223333:transit-gateway-attachment/tgw-attach-1234567890abcdef0, "TransitGatewayArn": "arn:aws:ec2:us-east-1:111122223333:transit-gateway/tgw-abcdef01234567890", "IpAddress": "10.0.0.0" }, "Destination": { "TransitGatewayAttachmentArn": "arn:aws:ec2:us-west-1:555555555555:transit-gateway-attachment/tgw-attach-021345abcdef6789", "TransitGatewayArn": "arn:aws:ec2:us-west-1:111122223333:transit-gateway/tgw-09876543210fedcba0", "IpAddress": "11.0.0.0" }, "IncludeReturnPath": true, "UseMiddleboxes": false } }

詳細については、「 Global Networks for Transit Gateways ユーザーガイド」の「Route Analyzer」を参照してください。 AWS

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスStartRouteAnalysis」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、tag-resource を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リソースにタグを適用するには

次のtag-resource例では、デバイス Network=Northeastに タグを適用しますdevice-07f6fd08867abc123

aws networkmanager tag-resource \ --resource-arn arn:aws:networkmanager::123456789012:device/global-network-01231231231231231/device-07f6fd08867abc123 \ --tags Key=Network,Value=Northeast \ --region us-west-2

このコマンドでは何も出力されません。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスTagResource」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、untag-resource を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リソースからタグを削除する

次のuntag-resource例では、 キーを持つ タグをデバイス Networkから削除しますdevice-07f6fd08867abc123

aws networkmanager untag-resource \ --resource-arn arn:aws:networkmanager::123456789012:device/global-network-01231231231231231/device-07f6fd08867abc123 ] --tag-keys Network \ --region us-west-2

このコマンドでは何も出力されません。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUntagResource」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、update-device を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

デバイスを更新するには

次のupdate-device例では、デバイスのサイト ID を指定device-07f6fd08867abc123してデバイスを更新します。

aws networkmanager update-device \ --global-network-id global-network-01231231231231231 \ --device-id device-07f6fd08867abc123 \ --site-id site-444555aaabbb11223 \ --region us-west-2

出力:

{ "Device": { "DeviceId": "device-07f6fd08867abc123", "DeviceArn": "arn:aws:networkmanager::123456789012:device/global-network-01231231231231231/device-07f6fd08867abc123", "GlobalNetworkId": "global-network-01231231231231231", "Description": "NY office device", "Type": "Office device", "Vendor": "anycompany", "Model": "abcabc", "SerialNumber": "1234", "SiteId": "site-444555aaabbb11223", "CreatedAt": 1575554005.0, "State": "UPDATING" } }

詳細については、Transit Gateway Network Manager ガイド「デバイスの使用」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateDevice」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、update-global-network を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

グローバルネットワークを更新するには

次のupdate-global-network例では、グローバルネットワーク の説明を更新しますglobal-network-01231231231231231

aws networkmanager update-global-network \ --global-network-id global-network-01231231231231231 \ --description "Head offices" \ --region us-west-2

出力:

{ "GlobalNetwork": { "GlobalNetworkId": "global-network-01231231231231231", "GlobalNetworkArn": "arn:aws:networkmanager::123456789012:global-network/global-network-01231231231231231", "Description": "Head offices", "CreatedAt": 1575553525.0, "State": "UPDATING" } }

詳細については、Transit Gateway Network Manager ガイド「グローバルネットワーク」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateGlobalNetwork」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、update-link を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リンクを更新するには

次のupdate-link例では、リンク の帯域幅情報を更新しますlink-11112222aaaabbbb1

aws networkmanager update-link \ --global-network-id global-network-01231231231231231 \ --link-id link-11112222aaaabbbb1 \ --bandwidth UploadSpeed=20,DownloadSpeed=20 \ --region us-west-2

出力:

{ "Link": { "LinkId": "link-11112222aaaabbbb1", "LinkArn": "arn:aws:networkmanager::123456789012:link/global-network-01231231231231231/link-11112222aaaabbbb1", "GlobalNetworkId": "global-network-01231231231231231", "SiteId": "site-444555aaabbb11223", "Description": "VPN Link", "Type": "broadband", "Bandwidth": { "UploadSpeed": 20, "DownloadSpeed": 20 }, "Provider": "AnyCompany", "CreatedAt": 1575555811.0, "State": "UPDATING" } }

詳細については、Transit Gateway Network Manager ガイドの「リンクの使用」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateLink」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、update-site を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

サイトを更新するには

次のupdate-site例では、指定されたグローバルネットワークsite-444555aaabbb11223内のサイトの説明を更新します。

aws networkmanager update-site \ --global-network-id global-network-01231231231231231 \ --site-id site-444555aaabbb11223 \ --description "New York Office site" \ --region us-west-2

出力:

{ "Site": { "SiteId": "site-444555aaabbb11223", "SiteArn": "arn:aws:networkmanager::123456789012:site/global-network-01231231231231231/site-444555aaabbb11223", "GlobalNetworkId": "global-network-01231231231231231", "Description": "New York Office site", "Location": { "Latitude": "40.7128", "Longitude": "-74.0060" }, "CreatedAt": 1575554528.0, "State": "UPDATING" } }

詳細については、Transit Gateway Network Manager ガイドの「サイトの使用」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateSite」の「」を参照してください。 AWS CLI