を使用した Amazon Polly の例 AWS CLI - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

を使用した Amazon Polly の例 AWS CLI

次のコード例は、Amazon Polly AWS Command Line Interface で を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、delete-lexicon を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

レキシコンを削除するには

次の delete-lexicon の例は、指定されたレキシコンを削除します。

aws polly delete-lexicon \ --name w3c

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「Amazon Polly デベロッパーガイド」の「 DeleteLexicon オペレーションの使用」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteLexicon」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-lexicon を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

レキシコンの内容を取得するには

次の get-lexicon の例は、指定された発音レキシコンの内容を取得します。

aws polly get-lexicon \ --name w3c

出力:

{ "Lexicon": { "Content": "<?xml version=\"1.0\" encoding=\"UTF-8\"?>\n<lexicon version=\"1.0\" \n xmlns= \"http://www.w3.org/2005/01/pronunciation-lexicon\"\n xmlns:xsi=\"http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance\" \n xsi:schemaLocation=\"http://www.w3.org/2005/01/pronunciation-lexicon \n http://www.w3.org/TR/2007/CR-pronunciation- lexicon-20071212/pls.xsd\"\n alphabet=\"ipa\" \n xml:lang=\"en-US\">\n <lexeme>\n <grapheme>W3C</grapheme>\n <alias>World Wide Web Consortium</alias>\n </lexeme>\n</lexicon>\n", "Name": "w3c" }, "LexiconAttributes": { "Alphabet": "ipa", "LanguageCode": "en-US", "LastModified": 1603908910.99, "LexiconArn": "arn:aws:polly:us-west-2:880185128111:lexicon/w3c", "LexemesCount": 1, "Size": 492 } }

詳細については、「Amazon Polly デベロッパーガイド」の「 GetLexicon オペレーションの使用」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetLexicon」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-speech-synthesis-task を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

音声合成タスクに関する情報を取得するには

次の get-speech-synthesis-task の例は、指定された音声合成タスクに関する情報を取得します。

aws polly get-speech-synthesis-task \ --task-id 70b61c0f-57ce-4715-a247-cae8729dcce9

出力:

{ "SynthesisTask": { "TaskId": "70b61c0f-57ce-4715-a247-cae8729dcce9", "TaskStatus": "completed", "OutputUri": "https://s3.us-west-2.amazonaws.com/my-s3-bucket/70b61c0f-57ce-4715-a247-cae8729dcce9.mp3", "CreationTime": 1603911042.689, "RequestCharacters": 1311, "OutputFormat": "mp3", "TextType": "text", "VoiceId": "Joanna" } }

詳細については、「Amazon Polly ディベロッパーガイド」の「長いオーディオファイルの作成 (CLI)」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetSpeechSynthesisTask」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-lexicons を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

レキシコンを一覧表示するには

次の list-lexicons の例は、発音レキシコンを一覧表示します。

aws polly list-lexicons

出力:

{ "Lexicons": [ { "Name": "w3c", "Attributes": { "Alphabet": "ipa", "LanguageCode": "en-US", "LastModified": 1603908910.99, "LexiconArn": "arn:aws:polly:us-east-2:123456789012:lexicon/w3c", "LexemesCount": 1, "Size": 492 } } ] }

詳細については、「Amazon Polly デベロッパーガイド」の「 ListLexicons オペレーションの使用」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListLexicons」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-speech-synthesis-tasks を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

音声合成タスクを一覧表示するには

次のlist-speech-synthesis-tasks例では、音声合成タスクを一覧表示します。

aws polly list-speech-synthesis-tasks

出力:

{ "SynthesisTasks": [ { "TaskId": "70b61c0f-57ce-4715-a247-cae8729dcce9", "TaskStatus": "completed", "OutputUri": "https://s3.us-west-2.amazonaws.com/my-s3-bucket/70b61c0f-57ce-4715-a247-cae8729dcce9.mp3", "CreationTime": 1603911042.689, "RequestCharacters": 1311, "OutputFormat": "mp3", "TextType": "text", "VoiceId": "Joanna" } ] }

詳細については、「Amazon Polly ディベロッパーガイド」の「長いオーディオファイルの作成 (CLI)」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListSpeechSynthesisTasks」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、put-lexicon を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

レキシコンを保存するには

次の put-lexicon の例は、指定された発音レキシコンを保存します。example.pls ファイルは W3C PLS 準拠のレキシコンを指定します。

aws polly put-lexicon \ --name w3c \ --content file://example.pls

example.pls の内容

{ <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <lexicon version="1.0" xmlns="http://www.w3.org/2005/01/pronunciation-lexicon" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xsi:schemaLocation="http://www.w3.org/2005/01/pronunciation-lexicon http://www.w3.org/TR/2007/CR-pronunciation-lexicon-20071212/pls.xsd" alphabet="ipa" xml:lang="en-US"> <lexeme> <grapheme>W3C</grapheme> <alias>World Wide Web Consortium</alias> </lexeme> </lexicon> }

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「Amazon Polly デベロッパーガイド」の「 PutLexicon オペレーションの使用」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスPutLexicon」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、start-speech-synthesis-task を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

テキストを合成するには

次の start-speech-synthesis-task の例は、text_file.txt 内のテキストを合成し、生成された MP3 ファイルを指定されたバケットに保存します。

aws polly start-speech-synthesis-task \ --output-format mp3 \ --output-s3-bucket-name my-s3-bucket \ --text file://text_file.txt \ --voice-id Joanna

出力:

{ "SynthesisTask": { "TaskId": "70b61c0f-57ce-4715-a247-cae8729dcce9", "TaskStatus": "scheduled", "OutputUri": "https://s3.us-east-2.amazonaws.com/my-s3-bucket/70b61c0f-57ce-4715-a247-cae8729dcce9.mp3", "CreationTime": 1603911042.689, "RequestCharacters": 1311, "OutputFormat": "mp3", "TextType": "text", "VoiceId": "Joanna" } }

詳細については、「Amazon Polly ディベロッパーガイド」の「長いオーディオファイルの作成 (CLI)」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスStartSpeechSynthesisTask」の「」を参照してください。 AWS CLI