AWS SDK またはコマンドラインツールForgotPasswordで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールForgotPasswordで を使用する

以下のコード例は、ForgotPassword の使用方法を示しています。

アクション例は、より大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。次のコード例で、このアクションのコンテキストを確認できます。

CLI
AWS CLI

パスワードの変更を強制するには

次のforgot-password例では、 にメッセージを送信 jane@example.com してパスワードを変更します。

aws cognito-idp forgot-password --client-id 38fjsnc484p94kpqsnet7mpld0 --username jane@example.com

出力:

{ "CodeDeliveryDetails": { "Destination": "j***@e***.com", "DeliveryMedium": "EMAIL", "AttributeName": "email" } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスForgotPassword」の「」を参照してください。 AWS CLI

Go
SDK for Go V2
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

type CognitoActions struct { CognitoClient *cognitoidentityprovider.Client } // ForgotPassword starts a password recovery flow for a user. This flow typically sends a confirmation code // to the user's configured notification destination, such as email. func (actor CognitoActions) ForgotPassword(clientId string, userName string) (*types.CodeDeliveryDetailsType, error) { output, err := actor.CognitoClient.ForgotPassword(context.TODO(), &cognitoidentityprovider.ForgotPasswordInput{ ClientId: aws.String(clientId), Username: aws.String(userName), }) if err != nil { log.Printf("Couldn't start password reset for user '%v'. Here;s why: %v\n", userName, err) } return output.CodeDeliveryDetails, err }
  • API の詳細については、「 API リファレンスForgotPassword」の「」を参照してください。 AWS SDK for Go