AWS SDK またはコマンドラインツールCopyImageで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールCopyImageで を使用する

以下のコード例は、CopyImage の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

例 1: AMI を別のリージョンにコピーするには

次のコマンドcopy-image例では、指定した AMI を us-west-2リージョンから us-east-1リージョンにコピーし、簡単な説明を追加します。

aws ec2 copy-image \ --region us-east-1 \ --name ami-name \ --source-region us-west-2 \ --source-image-id ami-066877671789bd71b \ --description "This is my copied image."

出力:

{ "ImageId": "ami-0123456789abcdefg" }

詳細については、「Amazon EC2 ユーザーガイド」の「AMI のコピー」を参照してください。

例 2: AMI を別のリージョンにコピーし、バッキングスナップショットを暗号化するには

次のcopy-imageコマンドは、指定された AMI をus-west-2リージョンから現在のリージョンにコピーし、指定された KMS キー を使用してバッキングスナップショットを暗号化します。

aws ec2 copy-image \ --source-region us-west-2 \ --name ami-name \ --source-image-id ami-066877671789bd71b \ --encrypted \ --kms-key-id alias/my-kms-key

出力:

{ "ImageId": "ami-0123456789abcdefg" }

詳細については、「Amazon EC2 ユーザーガイド」の「AMI のコピー」を参照してください。 Amazon EC2

例 3: AMI をコピーするときにユーザー定義の AMI タグを含めるには

次のcopy-imageコマンドでは、 --copy-image-tagsパラメータを使用して、AMI をコピーするときにユーザー定義の AMI タグをコピーします。

aws ec2 copy-image \ --region us-east-1 \ --name ami-name \ --source-region us-west-2 \ --source-image-id ami-066877671789bd71b \ --description "This is my copied image." --copy-image-tags

出力:

{ "ImageId": "ami-0123456789abcdefg" }

詳細については、「Amazon EC2 ユーザーガイド」の「AMI のコピー」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCopyImage」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、「EU (アイルランド)」リージョンの指定された AMI を「米国西部 (オレゴン)」リージョンにコピーします。-Region が指定されていない場合、現在のデフォルトリージョンが送信先リージョンとして使用されます。

Copy-EC2Image -SourceRegion eu-west-1 -SourceImageId ami-12345678 -Region us-west-2 -Name "Copy of ami-12345678"

出力:

ami-87654321
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスCopyImage」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell