AWS SDK またはコマンドラインツールDescribeSpotInstanceRequestsで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールDescribeSpotInstanceRequestsで を使用する

以下のコード例は、DescribeSpotInstanceRequests の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

例 1: スポットインスタンスリクエストを記述するには

次のdescribe-spot-instance-requests例では、指定されたスポットインスタンスリクエストについて説明します。

aws ec2 describe-spot-instance-requests \ --spot-instance-request-ids sir-08b93456

出力:

{ "SpotInstanceRequests": [ { "CreateTime": "2018-04-30T18:14:55.000Z", "InstanceId": "i-1234567890abcdef1", "LaunchSpecification": { "InstanceType": "t2.micro", "ImageId": "ami-003634241a8fcdec0", "KeyName": "my-key-pair", "SecurityGroups": [ { "GroupName": "default", "GroupId": "sg-e38f24a7" } ], "BlockDeviceMappings": [ { "DeviceName": "/dev/sda1", "Ebs": { "DeleteOnTermination": true, "SnapshotId": "snap-0e54a519c999adbbd", "VolumeSize": 8, "VolumeType": "standard", "Encrypted": false } } ], "NetworkInterfaces": [ { "DeleteOnTermination": true, "DeviceIndex": 0, "SubnetId": "subnet-049df61146c4d7901" } ], "Placement": { "AvailabilityZone": "us-east-2b", "Tenancy": "default" }, "Monitoring": { "Enabled": false } }, "LaunchedAvailabilityZone": "us-east-2b", "ProductDescription": "Linux/UNIX", "SpotInstanceRequestId": "sir-08b93456", "SpotPrice": "0.010000" "State": "active", "Status": { "Code": "fulfilled", "Message": "Your Spot request is fulfilled.", "UpdateTime": "2018-04-30T18:16:21.000Z" }, "Tags": [], "Type": "one-time", "InstanceInterruptionBehavior": "terminate" } ] }

例 2: フィルターに基づいてスポットインスタンスリクエストを記述するには

次のdescribe-spot-instance-requests例では、フィルターを使用して、指定されたアベイラビリティーゾーン内の指定されたインスタンスタイプのスポットインスタンスリクエストに結果をスコープします。この例では、 --queryパラメータを使用してインスタンス IDsのみを表示します。

aws ec2 describe-spot-instance-requests \ --filters Name=launch.instance-type,Values=m3.medium Name=launched-availability-zone,Values=us-east-2a \ --query "SpotInstanceRequests[*].[InstanceId]" \ --output text

出力:

i-057750d42936e468a i-001efd250faaa6ffa i-027552a73f021f3bd ...

フィルターを使用したその他の例については、「Amazon Elastic Compute Cloud ユーザーガイド」の「リソースの一覧表示とフィルタリング」を参照してください。

例 3: タグに基づいてスポットインスタンスリクエストを記述するには

次のdescribe-spot-instance-requests例では、タグフィルターを使用して、タグ を持つスポットインスタンスリクエストに結果をスコープしますcost-center=cc123

aws ec2 describe-spot-instance-requests \ --filters Name=tag:cost-center,Values=cc123

describe-spot-instance-requests の出力例については、例 1 を参照してください。

タグフィルターを使用するその他の例については、「Amazon EC2 ユーザーガイド」でタグの使用方法を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeSpotInstanceRequests」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたスポットインスタンスリクエストについて説明します。

Get-EC2SpotInstanceRequest -SpotInstanceRequestId sir-12345678

出力:

ActualBlockHourlyPrice : AvailabilityZoneGroup : BlockDurationMinutes : 0 CreateTime : 4/8/2015 2:51:33 PM Fault : InstanceId : i-12345678 LaunchedAvailabilityZone : us-west-2b LaunchGroup : LaunchSpecification : Amazon.EC2.Model.LaunchSpecification ProductDescription : Linux/UNIX SpotInstanceRequestId : sir-12345678 SpotPrice : 0.020000 State : active Status : Amazon.EC2.Model.SpotInstanceStatus Tags : {Name} Type : one-time

例 2: この例では、すべてのスポットインスタンスリクエストについて説明します。

Get-EC2SpotInstanceRequest
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスDescribeSpotInstanceRequests」の「」を参照してください。