AWS SDK またはコマンドラインツールDeletePolicyVersionで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールDeletePolicyVersionで を使用する

以下のコード例は、DeletePolicyVersion の使用方法を示しています。

アクション例は、より大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。次のコード例で、このアクションのコンテキストを確認できます。

CLI
AWS CLI

管理ポリシーのバージョンを削除するには

この例では、v2 と識別されたバージョンを ARN が arn:aws:iam::123456789012:policy/MySamplePolicy であるポリシーから削除します。

aws iam delete-policy-version \ --policy-arn arn:aws:iam::123456789012:policy/MyPolicy \ --version-id v2

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「AWS IAM ユーザーガイド」の「IAM のポリシーとアクセス許可」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeletePolicyVersion」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、v2 と識別されたバージョンを ARN が arn:aws:iam::123456789012:policy/MySamplePolicy であるポリシーから削除します。

Remove-IAMPolicyVersion -PolicyArn arn:aws:iam::123456789012:policy/MySamplePolicy -VersionID v2

例 2: この例では、最初にデフォルト以外のポリシーバージョンをすべて削除し、次にポリシー自体を削除することでポリシーを削除します。1 行目では、ポリシーオブジェクトを取得します。2 行目では、デフォルトとしてフラグが立てられていないすべてのポリシーバージョンをコレクションに取得し、このコマンドを使用してコレクション内の各ポリシーを削除します。最後の行では、ポリシー自体と残りのデフォルトバージョンを削除します。管理ポリシーを正常に削除するには、Unregister-IAMUserPolicyUnregister-IAMGroupPolicyUnregister-IAMRolePolicy コマンドを使用して、ユーザー、グループ、またはロールからポリシーをデタッチする必要があることに注意してください。Remove-IAMPolicy コマンドレットの例を参照してください。

$pol = Get-IAMPolicy -PolicyArn arn:aws:iam::123456789012:policy/MySamplePolicy Get-IAMPolicyVersions -PolicyArn $pol.Arn | where {-not $_.IsDefaultVersion} | Remove-IAMPolicyVersion -PolicyArn $pol.Arn -force Remove-IAMPolicy -PolicyArn $pol.Arn -force
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスDeletePolicyVersion」の「」を参照してください。