AWS SDK またはコマンドラインツールDeleteRoleで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールDeleteRoleで を使用する

以下のコード例は、DeleteRole の使用方法を示しています。

アクション例は、より大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。次のコード例で、このアクションのコンテキストを確認できます。

.NET
AWS SDK for .NET
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

/// <summary> /// Delete an IAM role. /// </summary> /// <param name="roleName">The name of the IAM role to delete.</param> /// <returns>A Boolean value indicating the success of the action.</returns> public async Task<bool> DeleteRoleAsync(string roleName) { var response = await _IAMService.DeleteRoleAsync(new DeleteRoleRequest { RoleName = roleName }); return response.HttpStatusCode == System.Net.HttpStatusCode.OK; }
  • API の詳細については、「 API リファレンスDeleteRole」の「」を参照してください。 AWS SDK for .NET

Bash
AWS CLI Bash スクリプトを使用した
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

############################################################################### # function iecho # # This function enables the script to display the specified text only if # the global variable $VERBOSE is set to true. ############################################################################### function iecho() { if [[ $VERBOSE == true ]]; then echo "$@" fi } ############################################################################### # function errecho # # This function outputs everything sent to it to STDERR (standard error output). ############################################################################### function errecho() { printf "%s\n" "$*" 1>&2 } ############################################################################### # function iam_delete_role # # This function deletes an IAM role. # # Parameters: # -n role_name -- The name of the IAM role. # # Returns: # 0 - If successful. # 1 - If it fails. ############################################################################### function iam_delete_role() { local role_name response local option OPTARG # Required to use getopts command in a function. # bashsupport disable=BP5008 function usage() { echo "function iam_delete_role" echo "Deletes an WS Identity and Access Management (IAM) role" echo " -n role_name -- The name of the IAM role." echo "" } # Retrieve the calling parameters. while getopts "n:h" option; do case "${option}" in n) role_name="${OPTARG}" ;; h) usage return 0 ;; \?) echo "Invalid parameter" usage return 1 ;; esac done export OPTIND=1 echo "role_name:$role_name" if [[ -z "$role_name" ]]; then errecho "ERROR: You must provide a role name with the -n parameter." usage return 1 fi iecho "Parameters:\n" iecho " Role name: $role_name" iecho "" response=$(aws iam delete-role \ --role-name "$role_name") local error_code=${?} if [[ $error_code -ne 0 ]]; then aws_cli_error_log $error_code errecho "ERROR: AWS reports delete-role operation failed.\n$response" return 1 fi iecho "delete-role response:$response" iecho return 0 }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteRole」の「」を参照してください。 AWS CLI

CLI
AWS CLI

IAM ロールを削除するには

次の delete-role コマンドは、Test-Role という名前のロールを削除します。

aws iam delete-role \ --role-name Test-Role

このコマンドでは何も出力されません。

ロールを削除する前に、インスタンスプロファイルからロールを削除し (remove-role-from-instance-profile)、管理ポリシーをデタッチして (detach-role-policy)、ロールにアタッチされているインラインポリシーを削除する (delete-role-policy) 必要があります。

詳細については、「AWS IAM ユーザーガイド」の「IAM ロールの作成」および「インスタンスプロファイルの使用」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteRole」の「」を参照してください。 AWS CLI

Go
SDK for Go V2
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

// RoleWrapper encapsulates AWS Identity and Access Management (IAM) role actions // used in the examples. // It contains an IAM service client that is used to perform role actions. type RoleWrapper struct { IamClient *iam.Client } // DeleteRole deletes a role. All attached policies must be detached before a // role can be deleted. func (wrapper RoleWrapper) DeleteRole(roleName string) error { _, err := wrapper.IamClient.DeleteRole(context.TODO(), &iam.DeleteRoleInput{ RoleName: aws.String(roleName), }) if err != nil { log.Printf("Couldn't delete role %v. Here's why: %v\n", roleName, err) } return err }
  • API の詳細については、「 API リファレンスDeleteRole」の「」を参照してください。 AWS SDK for Go

JavaScript
SDK for JavaScript (v3)
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

ロールを削除します。

import { DeleteRoleCommand, IAMClient } from "@aws-sdk/client-iam"; const client = new IAMClient({}); /** * * @param {string} roleName */ export const deleteRole = (roleName) => { const command = new DeleteRoleCommand({ RoleName: roleName }); return client.send(command); };
  • API の詳細については、「 API リファレンスDeleteRole」の「」を参照してください。 AWS SDK for JavaScript

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、現在の IAM アカウントから MyNewRole という名前のロールを削除します。ロールを削除する前に、まず Unregister-IAMRolePolicy コマンドを使用して、管理ポリシーをデタッチする必要があります。インラインポリシーは、ロールと共に削除されます。

Remove-IAMRole -RoleName MyNewRole

例 2: この例では、MyNewRole という名前のロールから管理ポリシーをすべてデタッチして、ロールを削除します。最初の行では、ロールにアタッチされているすべての管理ポリシーをコレクションとして取得し、コレクション内の各ポリシーをロールからデタッチします。2 行目では、ロール自体を削除します。インラインポリシーは、ロールと共に削除されます。

Get-IAMAttachedRolePolicyList -RoleName MyNewRole | Unregister-IAMRolePolicy -RoleName MyNewRole Remove-IAMRole -RoleName MyNewRole
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスDeleteRole」の「」を参照してください。

Python
SDK for Python (Boto3)
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

def delete_role(role_name): """ Deletes a role. :param role_name: The name of the role to delete. """ try: iam.Role(role_name).delete() logger.info("Deleted role %s.", role_name) except ClientError: logger.exception("Couldn't delete role %s.", role_name) raise
  • API の詳細については、DeleteRoleAWS 「 SDK for Python (Boto3) API リファレンス」の「」を参照してください。

Ruby
SDK for Ruby
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

# Deletes a role and its attached policies. # # @param role_name [String] The name of the role to delete. def delete_role(role_name) begin # Detach and delete attached policies @iam_client.list_attached_role_policies(role_name: role_name).each do |response| response.attached_policies.each do |policy| @iam_client.detach_role_policy({ role_name: role_name, policy_arn: policy.policy_arn }) # Check if the policy is a customer managed policy (not AWS managed) unless policy.policy_arn.include?("aws:policy/") @iam_client.delete_policy({ policy_arn: policy.policy_arn }) @logger.info("Deleted customer managed policy #{policy.policy_name}.") end end end # Delete the role @iam_client.delete_role({ role_name: role_name }) @logger.info("Deleted role #{role_name}.") rescue Aws::IAM::Errors::ServiceError => e @logger.error("Couldn't detach policies and delete role #{role_name}. Here's why:") @logger.error("\t#{e.code}: #{e.message}") raise end end
  • API の詳細については、「 API リファレンスDeleteRole」の「」を参照してください。 AWS SDK for Ruby

Rust
SDK for Rust
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

pub async fn delete_role(client: &iamClient, role: &Role) -> Result<(), iamError> { let role = role.clone(); while client .delete_role() .role_name(role.role_name()) .send() .await .is_err() { sleep(Duration::from_secs(2)).await; } Ok(()) }
  • API の詳細については、DeleteRoleAWS 「 SDK for Rust API リファレンス」の「」を参照してください。

Swift
SDK for Swift
注記

これはプレビューリリースの SDK に関するプレリリースドキュメントです。このドキュメントは変更される可能性があります。

注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

public func deleteRole(role: IAMClientTypes.Role) async throws { let input = DeleteRoleInput( roleName: role.roleName ) do { _ = try await iamClient.deleteRole(input: input) } catch { throw error } }
  • API の詳細については、DeleteRoleAWS 「 SDK for Swift API リファレンス」の「」を参照してください。