AWS SDK またはコマンドラインツールDeleteServerCertificateで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールDeleteServerCertificateで を使用する

以下のコード例は、DeleteServerCertificate の使用方法を示しています。

C++
SDK for C++
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

bool AwsDoc::IAM::deleteServerCertificate(const Aws::String &certificateName, const Aws::Client::ClientConfiguration &clientConfig) { Aws::IAM::IAMClient iam(clientConfig); Aws::IAM::Model::DeleteServerCertificateRequest request; request.SetServerCertificateName(certificateName); const auto outcome = iam.DeleteServerCertificate(request); bool result = true; if (!outcome.IsSuccess()) { if (outcome.GetError().GetErrorType() != Aws::IAM::IAMErrors::NO_SUCH_ENTITY) { std::cerr << "Error deleting server certificate " << certificateName << ": " << outcome.GetError().GetMessage() << std::endl; result = false; } else { std::cout << "Certificate '" << certificateName << "' not found." << std::endl; } } else { std::cout << "Successfully deleted server certificate " << certificateName << std::endl; } return result; }
  • API の詳細については、「 API リファレンスDeleteServerCertificate」の「」を参照してください。 AWS SDK for C++

CLI
AWS CLI

AWS アカウントからサーバー証明書を削除するには

次のdelete-server-certificateコマンドは、指定されたサーバー証明書を AWS アカウントから削除します。

aws iam delete-server-certificate \ --server-certificate-name myUpdatedServerCertificate

このコマンドでは何も出力されません。

AWS アカウントで使用可能なサーバー証明書を一覧表示するには、 list-server-certificates コマンドを使用します。

詳細については、「IAM ユーザーガイドAWS 」の「IAM でのサーバー証明書の管理」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteServerCertificate」の「」を参照してください。 AWS CLI

JavaScript
SDK for JavaScript (v3)
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

サーバー証明書を削除します。

import { DeleteServerCertificateCommand, IAMClient } from "@aws-sdk/client-iam"; const client = new IAMClient({}); /** * * @param {string} certName */ export const deleteServerCertificate = (certName) => { const command = new DeleteServerCertificateCommand({ ServerCertificateName: certName, }); return client.send(command); };
SDK for JavaScript (v2)
注記

には他にもがあります GitHub。用例一覧を検索し、AWS コードサンプルリポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

// Load the AWS SDK for Node.js var AWS = require("aws-sdk"); // Set the region AWS.config.update({ region: "REGION" }); // Create the IAM service object var iam = new AWS.IAM({ apiVersion: "2010-05-08" }); iam.deleteServerCertificate( { ServerCertificateName: "CERTIFICATE_NAME" }, function (err, data) { if (err) { console.log("Error", err); } else { console.log("Success", data); } } );
PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、MyServerCert という名前のサーバー証明書を削除します。

Remove-IAMServerCertificate -ServerCertificateName MyServerCert
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスDeleteServerCertificate」の「」を参照してください。

Ruby
SDK for Ruby
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

サーバー証明書を一覧表示、更新、および削除します。

class ServerCertificateManager def initialize(iam_client, logger: Logger.new($stdout)) @iam_client = iam_client @logger = logger @logger.progname = "ServerCertificateManager" end # Creates a new server certificate. # @param name [String] the name of the server certificate # @param certificate_body [String] the contents of the certificate # @param private_key [String] the private key contents # @return [Boolean] returns true if the certificate was successfully created def create_server_certificate(name, certificate_body, private_key) @iam_client.upload_server_certificate({ server_certificate_name: name, certificate_body: certificate_body, private_key: private_key, }) true rescue Aws::IAM::Errors::ServiceError => e puts "Failed to create server certificate: #{e.message}" false end # Lists available server certificate names. def list_server_certificate_names response = @iam_client.list_server_certificates if response.server_certificate_metadata_list.empty? @logger.info("No server certificates found.") return end response.server_certificate_metadata_list.each do |certificate_metadata| @logger.info("Certificate Name: #{certificate_metadata.server_certificate_name}") end rescue Aws::IAM::Errors::ServiceError => e @logger.error("Error listing server certificates: #{e.message}") end # Updates the name of a server certificate. def update_server_certificate_name(current_name, new_name) @iam_client.update_server_certificate( server_certificate_name: current_name, new_server_certificate_name: new_name ) @logger.info("Server certificate name updated from '#{current_name}' to '#{new_name}'.") true rescue Aws::IAM::Errors::ServiceError => e @logger.error("Error updating server certificate name: #{e.message}") false end # Deletes a server certificate. def delete_server_certificate(name) @iam_client.delete_server_certificate(server_certificate_name: name) @logger.info("Server certificate '#{name}' deleted.") true rescue Aws::IAM::Errors::ServiceError => e @logger.error("Error deleting server certificate: #{e.message}") false end end
  • API の詳細については、「 API リファレンスDeleteServerCertificate」の「」を参照してください。 AWS SDK for Ruby