AWS SDK またはコマンドラインツールUpdateAccessKeyで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールUpdateAccessKeyで を使用する

以下のコード例は、UpdateAccessKey の使用方法を示しています。

アクション例は、より大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。次のコード例で、このアクションのコンテキストを確認できます。

C++
SDK for C++
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

bool AwsDoc::IAM::updateAccessKey(const Aws::String &userName, const Aws::String &accessKeyID, Aws::IAM::Model::StatusType status, const Aws::Client::ClientConfiguration &clientConfig) { Aws::IAM::IAMClient iam(clientConfig); Aws::IAM::Model::UpdateAccessKeyRequest request; request.SetUserName(userName); request.SetAccessKeyId(accessKeyID); request.SetStatus(status); auto outcome = iam.UpdateAccessKey(request); if (outcome.IsSuccess()) { std::cout << "Successfully updated status of access key " << accessKeyID << " for user " << userName << std::endl; } else { std::cerr << "Error updated status of access key " << accessKeyID << " for user " << userName << ": " << outcome.GetError().GetMessage() << std::endl; } return outcome.IsSuccess(); }
  • API の詳細については、「 API リファレンスUpdateAccessKey」の「」を参照してください。 AWS SDK for C++

CLI
AWS CLI

IAM ユーザーのためにアクセスキーをアクティブ化または非アクティブ化するには

次の update-access-key コマンドは、Bob という名前の IAM ユーザーのために指定されたアクセスキー (アクセスキー ID とシークレットアクセスキー) を非アクティブ化します。

aws iam update-access-key \ --access-key-id AKIAIOSFODNN7EXAMPLE \ --status Inactive \ --user-name Bob

このコマンドでは何も出力されません。

キーを非アクティブ化すると、 へのプログラムによるアクセスに使用できないことを意味します AWS。ただし、キーは引き続き使用可能であり、再アクティブ化することができます。

詳細については、「AWS IAM ユーザーガイド」の「IAM ユーザーのアクセスキーの管理」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateAccessKey」の「」を参照してください。 AWS CLI

Java
SDK for Java 2.x
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

import software.amazon.awssdk.services.iam.model.IamException; import software.amazon.awssdk.services.iam.model.StatusType; import software.amazon.awssdk.services.iam.model.UpdateAccessKeyRequest; import software.amazon.awssdk.regions.Region; import software.amazon.awssdk.services.iam.IamClient; /** * Before running this Java V2 code example, set up your development * environment, including your credentials. * * For more information, see the following documentation topic: * * https://docs.aws.amazon.com/sdk-for-java/latest/developer-guide/get-started.html */ public class UpdateAccessKey { private static StatusType statusType; public static void main(String[] args) { final String usage = """ Usage: <username> <accessId> <status>\s Where: username - The name of the user whose key you want to update.\s accessId - The access key ID of the secret access key you want to update.\s status - The status you want to assign to the secret access key.\s """; if (args.length != 3) { System.out.println(usage); System.exit(1); } String username = args[0]; String accessId = args[1]; String status = args[2]; Region region = Region.AWS_GLOBAL; IamClient iam = IamClient.builder() .region(region) .build(); updateKey(iam, username, accessId, status); System.out.println("Done"); iam.close(); } public static void updateKey(IamClient iam, String username, String accessId, String status) { try { if (status.toLowerCase().equalsIgnoreCase("active")) { statusType = StatusType.ACTIVE; } else if (status.toLowerCase().equalsIgnoreCase("inactive")) { statusType = StatusType.INACTIVE; } else { statusType = StatusType.UNKNOWN_TO_SDK_VERSION; } UpdateAccessKeyRequest request = UpdateAccessKeyRequest.builder() .accessKeyId(accessId) .userName(username) .status(statusType) .build(); iam.updateAccessKey(request); System.out.printf("Successfully updated the status of access key %s to" + "status %s for user %s", accessId, status, username); } catch (IamException e) { System.err.println(e.awsErrorDetails().errorMessage()); System.exit(1); } } }
  • API の詳細については、「 API リファレンスUpdateAccessKey」の「」を参照してください。 AWS SDK for Java 2.x

JavaScript
SDK for JavaScript (v3)
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

アクセスキーを更新します。

import { UpdateAccessKeyCommand, IAMClient, StatusType, } from "@aws-sdk/client-iam"; const client = new IAMClient({}); /** * * @param {string} userName * @param {string} accessKeyId */ export const updateAccessKey = (userName, accessKeyId) => { const command = new UpdateAccessKeyCommand({ AccessKeyId: accessKeyId, Status: StatusType.Inactive, UserName: userName, }); return client.send(command); };
SDK for JavaScript (v2)
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。用例一覧を検索し、AWS コードサンプルリポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

// Load the AWS SDK for Node.js var AWS = require("aws-sdk"); // Set the region AWS.config.update({ region: "REGION" }); // Create the IAM service object var iam = new AWS.IAM({ apiVersion: "2010-05-08" }); var params = { AccessKeyId: "ACCESS_KEY_ID", Status: "Active", UserName: "USER_NAME", }; iam.updateAccessKey(params, function (err, data) { if (err) { console.log("Error", err); } else { console.log("Success", data); } });
PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、Bob という名前の IAM ユーザーのアクセスキー AKIAIOSFODNN7EXAMPLE のステータスを Inactive に変更します。

Update-IAMAccessKey -UserName Bob -AccessKeyId AKIAIOSFODNN7EXAMPLE -Status Inactive
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスUpdateAccessKey」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

Python
SDK for Python (Boto3)
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

def update_key(user_name, key_id, activate): """ Updates the status of a key. :param user_name: The user that owns the key. :param key_id: The ID of the key to update. :param activate: When True, the key is activated. Otherwise, the key is deactivated. """ try: key = iam.User(user_name).AccessKey(key_id) if activate: key.activate() else: key.deactivate() logger.info("%s key %s.", "Activated" if activate else "Deactivated", key_id) except ClientError: logger.exception( "Couldn't %s key %s.", "Activate" if activate else "Deactivate", key_id ) raise
  • API の詳細については、UpdateAccessKeyAWS 「 SDK for Python (Boto3) API リファレンス」の「」を参照してください。