AWS SDK を使用して IAM アクセスキーを更新する - AWSSDK コードサンプル

AWSDocAWS SDKGitHub サンプルリポジトリには、さらに多くの SDK サンプルがあります

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK を使用して IAM アクセスキーを更新する

次のコード例は、IAM アクセスキーを更新する方法を示しています。

警告

セキュリティリスクを避けるため、専用ソフトウェアの開発や実際のデータを扱うときは、IAM ユーザーを認証に使用しないでください。代わりに、AWS IAM Identity Center (successor to AWS Single Sign-On) などの ID プロバイダーとのフェデレーションを使用してください。

C++
SDK for C++
注記

他にもありますGitHub。用例一覧を検索し、AWS コード例リポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

bool AwsDoc::IAM::updateAccessKey(const Aws::String &userName, const Aws::String &accessKeyID, Aws::IAM::Model::StatusType status, const Aws::Client::ClientConfiguration &clientConfig) { Aws::IAM::IAMClient iam(clientConfig); Aws::IAM::Model::UpdateAccessKeyRequest request; request.SetUserName(userName); request.SetAccessKeyId(accessKeyID); request.SetStatus(status); auto outcome = iam.UpdateAccessKey(request); if (outcome.IsSuccess()) { std::cout << "Successfully updated status of access key " << accessKeyID << " for user " << userName << std::endl; } else { std::cerr << "Error updated status of access key " << accessKeyID << " for user " << userName << ": " << outcome.GetError().GetMessage() << std::endl; } return outcome.IsSuccess(); }
  • API の詳細については、AWS SDK for C++API UpdateAccessKeyリファレンスのを参照してください

Java
SDK for Java 2.x
注記

他にもありますGitHub。用例一覧を検索し、AWS コード例リポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

public static void updateKey(IamClient iam, String username, String accessId, String status ) { try { if (status.toLowerCase().equalsIgnoreCase("active")) { statusType = StatusType.ACTIVE; } else if (status.toLowerCase().equalsIgnoreCase("inactive")) { statusType = StatusType.INACTIVE; } else { statusType = StatusType.UNKNOWN_TO_SDK_VERSION; } UpdateAccessKeyRequest request = UpdateAccessKeyRequest.builder() .accessKeyId(accessId) .userName(username) .status(statusType) .build(); iam.updateAccessKey(request); System.out.printf("Successfully updated the status of access key %s to" + "status %s for user %s", accessId, status, username); } catch (IamException e) { System.err.println(e.awsErrorDetails().errorMessage()); System.exit(1); } }
  • API の詳細については、AWS SDK for Java 2.xAPI UpdateAccessKeyリファレンスのを参照してください

JavaScript
SDK forJavaScript (v3)
注記

他にもありますGitHub。用例一覧を検索し、AWS コード例リポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

アクセスキーを更新します。

import { UpdateAccessKeyCommand, IAMClient, StatusType, } from "@aws-sdk/client-iam"; const client = new IAMClient({}); /** * * @param {string} userName * @param {string} accessKeyId */ export const updateAccessKey = (userName, accessKeyId) => { const command = new UpdateAccessKeyCommand({ AccessKeyId: accessKeyId, Status: StatusType.Inactive, UserName: userName, }); return client.send(command); };
  • 詳細については、AWS SDK for JavaScript デベロッパーガイドを参照してください。

  • API の詳細については、AWS SDK for JavaScriptAPI UpdateAccessKeyリファレンスのを参照してください

SDK forJavaScript (v2)
注記

他にもありますGitHub。用例一覧を検索し、AWS コード例リポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

// Load the AWS SDK for Node.js var AWS = require('aws-sdk'); // Set the region AWS.config.update({region: 'REGION'}); // Create the IAM service object var iam = new AWS.IAM({apiVersion: '2010-05-08'}); var params = { AccessKeyId: 'ACCESS_KEY_ID', Status: 'Active', UserName: 'USER_NAME' }; iam.updateAccessKey(params, function(err, data) { if (err) { console.log("Error", err); } else { console.log("Success", data); } });
  • 詳細については、AWS SDK for JavaScript デベロッパーガイドを参照してください。

  • API の詳細については、AWS SDK for JavaScriptAPI UpdateAccessKeyリファレンスのを参照してください

Python
SDK for Python (Boto3)
注記

他にもありますGitHub。用例一覧を検索し、AWS コード例リポジトリでの設定と実行の方法を確認してください。

def update_key(user_name, key_id, activate): """ Updates the status of a key. :param user_name: The user that owns the key. :param key_id: The ID of the key to update. :param activate: When True, the key is activated. Otherwise, the key is deactivated. """ try: key = iam.User(user_name).AccessKey(key_id) if activate: key.activate() else: key.deactivate() logger.info("%s key %s.", 'Activated' if activate else 'Deactivated', key_id) except ClientError: logger.exception( "Couldn't %s key %s.", 'Activate' if activate else 'Deactivate', key_id) raise
  • API の詳細については、「AWSSDK for Python (Boto3) API リファレンス」のを参照してくださいUpdateAccessKey