AWS SDK またはコマンドラインツールUpdateIndexingConfigurationで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールUpdateIndexingConfigurationで を使用する

以下のコード例は、UpdateIndexingConfiguration の使用方法を示しています。

C++
SDK for C++
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

//! Update the indexing configuration. /*! \param thingIndexingConfiguration: A ThingIndexingConfiguration object which is ignored if not set. \param thingGroupIndexingConfiguration: A ThingGroupIndexingConfiguration object which is ignored if not set. \param clientConfiguration: AWS client configuration. \return bool: Function succeeded. */ bool AwsDoc::IoT::updateIndexingConfiguration( const Aws::IoT::Model::ThingIndexingConfiguration &thingIndexingConfiguration, const Aws::IoT::Model::ThingGroupIndexingConfiguration &thingGroupIndexingConfiguration, const Aws::Client::ClientConfiguration &clientConfiguration) { Aws::IoT::IoTClient iotClient(clientConfiguration); Aws::IoT::Model::UpdateIndexingConfigurationRequest request; if (thingIndexingConfiguration.ThingIndexingModeHasBeenSet()) { request.SetThingIndexingConfiguration(thingIndexingConfiguration); } if (thingGroupIndexingConfiguration.ThingGroupIndexingModeHasBeenSet()) { request.SetThingGroupIndexingConfiguration(thingGroupIndexingConfiguration); } Aws::IoT::Model::UpdateIndexingConfigurationOutcome outcome = iotClient.UpdateIndexingConfiguration( request); if (outcome.IsSuccess()) { std::cout << "UpdateIndexingConfiguration succeeded." << std::endl; } else { std::cerr << "UpdateIndexingConfiguration failed." << outcome.GetError().GetMessage() << std::endl; } return outcome.IsSuccess(); }
  • API の詳細については、「 API リファレンスUpdateIndexingConfiguration」の「」を参照してください。 AWS SDK for C++

CLI
AWS CLI

モノのインデックス作成を有効にするには

次のupdate-indexing-configuration例では、モノのインデックス作成を有効にして、 AWS_Things インデックスを使用したレジストリデータ、シャドウデータ、モノの接続ステータスの検索をサポートします。

aws iot update-indexing-configuration --thing-indexing-configuration thingIndexingMode=REGISTRY_AND_SHADOW,thingConnectivityIndexingMode=STATUS

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、 IoT デベロッパーガイドの「モノのインデックス作成の管理」を参照してください。 AWS IoT

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateIndexingConfiguration」の「」を参照してください。 AWS CLI