AWS SDK または CLI DeleteStreamで を使用する - AWS SDK コードの例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK または CLI DeleteStreamで を使用する

以下のコード例は、DeleteStream の使用方法を示しています。

アクション例は、より大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。次のコード例で、このアクションのコンテキストを確認できます。

.NET
AWS SDK for .NET
注記

については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

using System; using System.Threading.Tasks; using Amazon.Kinesis; using Amazon.Kinesis.Model; /// <summary> /// Shows how to delete an Amazon Kinesis stream. /// </summary> public class DeleteStream { public static async Task Main() { IAmazonKinesis client = new AmazonKinesisClient(); string streamName = "AmazonKinesisStream"; var success = await DeleteStreamAsync(client, streamName); if (success) { Console.WriteLine($"Stream, {streamName} successfully deleted."); } else { Console.WriteLine("Stream not deleted."); } } /// <summary> /// Deletes a Kinesis stream. /// </summary> /// <param name="client">An initialized Kinesis client object.</param> /// <param name="streamName">The name of the string to delete.</param> /// <returns>A Boolean value representing the success of the operation.</returns> public static async Task<bool> DeleteStreamAsync(IAmazonKinesis client, string streamName) { // If EnforceConsumerDeletion is true, any consumers // of this stream will also be deleted. If it is set // to false and this stream has any consumers, the // call will fail with a ResourceInUseException. var request = new DeleteStreamRequest { StreamName = streamName, EnforceConsumerDeletion = true, }; var response = await client.DeleteStreamAsync(request); return response.HttpStatusCode == System.Net.HttpStatusCode.OK; } }
  • API の詳細については、「 API リファレンスDeleteStream」の「」を参照してください。 AWS SDK for .NET

CLI
AWS CLI

データストリームを削除するには

次の delete-stream の例は、指定されたデータストリームを削除します。

aws kinesis delete-stream \ --stream-name samplestream

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「Amazon Kinesis Data Streams ディベロッパーガイド」の「ストリームを削除する」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteStream」の「」を参照してください。 AWS CLI

Java
SDK for Java 2.x
注記

については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

import software.amazon.awssdk.regions.Region; import software.amazon.awssdk.services.kinesis.KinesisClient; import software.amazon.awssdk.services.kinesis.model.DeleteStreamRequest; import software.amazon.awssdk.services.kinesis.model.KinesisException; /** * Before running this Java V2 code example, set up your development * environment, including your credentials. * * For more information, see the following documentation topic: * * https://docs.aws.amazon.com/sdk-for-java/latest/developer-guide/get-started.html */ public class DeleteDataStream { public static void main(String[] args) { final String usage = """ Usage: <streamName> Where: streamName - The Amazon Kinesis data stream (for example, StockTradeStream) """; if (args.length != 1) { System.out.println(usage); System.exit(1); } String streamName = args[0]; Region region = Region.US_EAST_1; KinesisClient kinesisClient = KinesisClient.builder() .region(region) .build(); deleteStream(kinesisClient, streamName); kinesisClient.close(); System.out.println("Done"); } public static void deleteStream(KinesisClient kinesisClient, String streamName) { try { DeleteStreamRequest delStream = DeleteStreamRequest.builder() .streamName(streamName) .build(); kinesisClient.deleteStream(delStream); } catch (KinesisException e) { System.err.println(e.getMessage()); System.exit(1); } } }
  • API の詳細については、「 API リファレンスDeleteStream」の「」を参照してください。 AWS SDK for Java 2.x

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: 指定されたストリームを削除します。コマンドを実行する前に確認を求められます。確認プロンプトを抑制するには、-Force スイッチを使用します。

Remove-KINStream -StreamName "mystream"
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスDeleteStream」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

Python
SDK for Python (Boto3)
注記

については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

class KinesisStream: """Encapsulates a Kinesis stream.""" def __init__(self, kinesis_client): """ :param kinesis_client: A Boto3 Kinesis client. """ self.kinesis_client = kinesis_client self.name = None self.details = None self.stream_exists_waiter = kinesis_client.get_waiter("stream_exists") def delete(self): """ Deletes a stream. """ try: self.kinesis_client.delete_stream(StreamName=self.name) self._clear() logger.info("Deleted stream %s.", self.name) except ClientError: logger.exception("Couldn't delete stream %s.", self.name) raise
  • API の詳細については、 DeleteStream AWS SDK for Python (Boto3) API リファレンスの「」を参照してください。

Rust
SDK for Rust
注記

については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

async fn remove_stream(client: &Client, stream: &str) -> Result<(), Error> { client.delete_stream().stream_name(stream).send().await?; println!("Deleted stream."); Ok(()) }
  • API の詳細については、 DeleteStream AWS SDK for Rust API リファレンスの「」を参照してください。

SAP ABAP
SDK for SAP ABAP
注記

については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

TRY. lo_kns->deletestream( iv_streamname = iv_stream_name ). MESSAGE 'Stream deleted.' TYPE 'I'. CATCH /aws1/cx_knslimitexceededex . MESSAGE 'The request processing has failed because of a limit exceed exception.' TYPE 'E'. CATCH /aws1/cx_knsresourceinuseex . MESSAGE 'The request processing has failed because the resource is in use.' TYPE 'E'. ENDTRY.
  • API の詳細については、DeleteStreamAWS 「 SDK for SAP ABAP API リファレンス」の「」を参照してください。