AWS SDK またはコマンドラインツールUpdateAliasで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールUpdateAliasで を使用する

以下のコード例は、UpdateAlias の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

エイリアスを別の KMS キーに関連付けるには

次の update-alias の例は、エイリアス alias/test-key を別の KMS キーに関連付けます。

--alias-name パラメータはエイリアス名を指定します。エイリアス名の値は alias/ で始まる必要があります。--target-key-id パラメータは、エイリアスに関連付ける KMS キーを指定します。エイリアスの現在の KMS キーを指定する必要はありません。

aws kms update-alias \ --alias-name alias/test-key \ --target-key-id 1234abcd-12ab-34cd-56ef-1234567890ab

このコマンドでは何も出力されません。エイリアスを見つけるには、list-aliases コマンドを使用します。

詳細については、「AWS Key Management Service デベロッパーガイド」の「エイリアスの更新」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateAlias」の「」を参照してください。 AWS CLI

Python
SDK for Python (Boto3)
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

class AliasManager: def __init__(self, kms_client): self.kms_client = kms_client self.created_key = None def update_alias(self, alias, current_key_id): """ Updates an alias by assigning it to another key. :param alias: The alias to reassign. :param current_key_id: The ARN or ID of the key currently associated with the alias. """ new_key_id = input( f"Alias {alias} is currently associated with {current_key_id}. " f"Enter another key ID or ARN that you want to associate with {alias}: " ) if new_key_id != "": try: self.kms_client.update_alias(AliasName=alias, TargetKeyId=new_key_id) except ClientError as err: logger.error( "Couldn't associate alias %s with key %s. Here's why: %s", alias, new_key_id, err.response["Error"]["Message"], ) else: print(f"Alias {alias} is now associated with key {new_key_id}.") else: print("Skipping alias update.")
  • API の詳細については、UpdateAliasAWS 「 SDK for Python (Boto3) API リファレンス」の「」を参照してください。