AWS SDK またはコマンドラインツールGetBucketPolicyで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールGetBucketPolicyで を使用する

以下のコード例は、GetBucketPolicy の使用方法を示しています。

C++
SDK for C++
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

bool AwsDoc::S3::GetBucketPolicy(const Aws::String &bucketName, const Aws::Client::ClientConfiguration &clientConfig) { Aws::S3::S3Client s3_client(clientConfig); Aws::S3::Model::GetBucketPolicyRequest request; request.SetBucket(bucketName); Aws::S3::Model::GetBucketPolicyOutcome outcome = s3_client.GetBucketPolicy(request); if (!outcome.IsSuccess()) { const Aws::S3::S3Error &err = outcome.GetError(); std::cerr << "Error: GetBucketPolicy: " << err.GetExceptionName() << ": " << err.GetMessage() << std::endl; } else { Aws::StringStream policy_stream; Aws::String line; outcome.GetResult().GetPolicy() >> line; policy_stream << line; std::cout << "Retrieve the policy for bucket '" << bucketName << "':\n\n" << policy_stream.str() << std::endl; } return outcome.IsSuccess(); }
  • API の詳細については、「 API リファレンスGetBucketPolicy」の「」を参照してください。 AWS SDK for C++

CLI
AWS CLI

次のコマンドは、my-bucket という名前のバケットのバケットポリシーを取得します。

aws s3api get-bucket-policy --bucket my-bucket

出力:

{ "Policy": "{\"Version\":\"2008-10-17\",\"Statement\":[{\"Sid\":\"\",\"Effect\":\"Allow\",\"Principal\":\"*\",\"Action\":\"s3:GetObject\",\"Resource\":\"arn:aws:s3:::my-bucket/*\"},{\"Sid\":\"\",\"Effect\":\"Deny\",\"Principal\":\"*\",\"Action\":\"s3:GetObject\",\"Resource\":\"arn:aws:s3:::my-bucket/secret/*\"}]}" }

次の例は、Amazon S3 バケットポリシーをダウンロードしてファイルを変更し、put-bucket-policy を使用して変更したバケットポリシーを適用する方法を示しています。バケットポリシーをファイルにダウンロードするには、以下を実行します。

aws s3api get-bucket-policy --bucket mybucket --query Policy --output text > policy.json

その後、必要に応じて policy.json ファイルを変更できます。最後に、次のコマンドを実行して、変更したポリシーを S3 バケットに適用することができます。

必要に応じて policy.json ファイル。最後に、次のコマンドを実行して、変更したポリシーを S3 バケットに適用することができます。

必要に応じてファイル。最後に、次のコマンドを実行して、変更したポリシーを S3 バケットに適用することができます。

aws s3api put-bucket-policy --bucket mybucket --policy file://policy.json
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetBucketPolicy」の「」を参照してください。 AWS CLI

Java
SDK for Java 2.x
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

import software.amazon.awssdk.services.s3.model.S3Exception; import software.amazon.awssdk.regions.Region; import software.amazon.awssdk.services.s3.S3Client; import software.amazon.awssdk.services.s3.model.GetBucketPolicyRequest; import software.amazon.awssdk.services.s3.model.GetBucketPolicyResponse; /** * Before running this Java V2 code example, set up your development * environment, including your credentials. * * For more information, see the following documentation topic: * * https://docs.aws.amazon.com/sdk-for-java/latest/developer-guide/get-started.html */ public class GetBucketPolicy { public static void main(String[] args) { final String usage = """ Usage: <bucketName> Where: bucketName - The Amazon S3 bucket to get the policy from. """; if (args.length != 1) { System.out.println(usage); System.exit(1); } String bucketName = args[0]; System.out.format("Getting policy for bucket: \"%s\"\n\n", bucketName); Region region = Region.US_EAST_1; S3Client s3 = S3Client.builder() .region(region) .build(); String polText = getPolicy(s3, bucketName); System.out.println("Policy Text: " + polText); s3.close(); } public static String getPolicy(S3Client s3, String bucketName) { String policyText; System.out.format("Getting policy for bucket: \"%s\"\n\n", bucketName); GetBucketPolicyRequest policyReq = GetBucketPolicyRequest.builder() .bucket(bucketName) .build(); try { GetBucketPolicyResponse policyRes = s3.getBucketPolicy(policyReq); policyText = policyRes.policy(); return policyText; } catch (S3Exception e) { System.err.println(e.awsErrorDetails().errorMessage()); System.exit(1); } return ""; } }
  • API の詳細については、「 API リファレンスGetBucketPolicy」の「」を参照してください。 AWS SDK for Java 2.x

JavaScript
SDK for JavaScript (v3)
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

バケットポリシーを取得します。

import { GetBucketPolicyCommand, S3Client } from "@aws-sdk/client-s3"; const client = new S3Client({}); export const main = async () => { const command = new GetBucketPolicyCommand({ Bucket: "test-bucket", }); try { const { Policy } = await client.send(command); console.log(JSON.parse(Policy)); } catch (err) { console.error(err); } };
Kotlin
SDK for Kotlin
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

suspend fun getPolicy(bucketName: String): String? { println("Getting policy for bucket $bucketName") val request = GetBucketPolicyRequest { bucket = bucketName } S3Client { region = "us-east-1" }.use { s3 -> val policyRes = s3.getBucketPolicy(request) return policyRes.policy } }
  • API の詳細については、GetBucketPolicyAWS 「 SDK for Kotlin API リファレンス」の「」を参照してください。

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: このコマンドは、指定した S3 バケットに関連付けられたバケットポリシーを出力します。

Get-S3BucketPolicy -BucketName 's3testbucket'
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスGetBucketPolicy」の「」を参照してください。

Python
SDK for Python (Boto3)
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

class BucketWrapper: """Encapsulates S3 bucket actions.""" def __init__(self, bucket): """ :param bucket: A Boto3 Bucket resource. This is a high-level resource in Boto3 that wraps bucket actions in a class-like structure. """ self.bucket = bucket self.name = bucket.name def get_policy(self): """ Get the security policy of the bucket. :return: The security policy of the specified bucket, in JSON format. """ try: policy = self.bucket.Policy() logger.info( "Got policy %s for bucket '%s'.", policy.policy, self.bucket.name ) except ClientError: logger.exception("Couldn't get policy for bucket '%s'.", self.bucket.name) raise else: return json.loads(policy.policy)
  • API の詳細については、GetBucketPolicyAWS 「 SDK for Python (Boto3) API リファレンス」の「」を参照してください。

Ruby
SDK for Ruby
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

# Wraps an Amazon S3 bucket policy. class BucketPolicyWrapper attr_reader :bucket_policy # @param bucket_policy [Aws::S3::BucketPolicy] A bucket policy object configured with an existing bucket. def initialize(bucket_policy) @bucket_policy = bucket_policy end # Gets the policy of a bucket. # # @return [Aws::S3::GetBucketPolicyOutput, nil] The current bucket policy. def get_policy policy = @bucket_policy.data.policy policy.respond_to?(:read) ? policy.read : policy rescue Aws::Errors::ServiceError => e puts "Couldn't get the policy for #{@bucket_policy.bucket.name}. Here's why: #{e.message}" nil end end
  • API の詳細については、「 API リファレンスGetBucketPolicy」の「」を参照してください。 AWS SDK for Ruby