CloudWatch SDK for SAP ABAP を使用した の例 - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

CloudWatch SDK for SAP ABAP を使用した の例

次のコード例は、 で AWS SDK for SAP ABAP を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています CloudWatch。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

アクション

次の例は、DeleteAlarms を使用する方法を説明しています。

SDK for SAP ABAP
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

TRY. lo_cwt->deletealarms( it_alarmnames = it_alarm_names ). MESSAGE 'Alarms deleted.' TYPE 'I'. CATCH /aws1/cx_cwtresourcenotfound . MESSAGE 'Resource being accessed is not found.' TYPE 'E'. ENDTRY.
  • API の詳細については、DeleteAlarmsAWS 「 SDK for SAP ABAP API リファレンス」の「」を参照してください。

次の例は、DescribeAlarms を使用する方法を説明しています。

SDK for SAP ABAP
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

TRY. oo_result = lo_cwt->describealarms( " oo_result is returned for testing purposes. " it_alarmnames = it_alarm_names ). MESSAGE 'Alarms retrieved.' TYPE 'I'. CATCH /aws1/cx_rt_service_generic INTO DATA(lo_exception). DATA(lv_error) = |"{ lo_exception->av_err_code }" - { lo_exception->av_err_msg }|. MESSAGE lv_error TYPE 'E'. ENDTRY.
  • API の詳細については、DescribeAlarmsAWS 「 SDK for SAP ABAP API リファレンス」の「」を参照してください。

次の例は、DisableAlarmActions を使用する方法を説明しています。

SDK for SAP ABAP
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

"Disables actions on the specified alarm. " TRY. lo_cwt->disablealarmactions( it_alarmnames = it_alarm_names ). MESSAGE 'Alarm actions disabled.' TYPE 'I'. CATCH /aws1/cx_rt_service_generic INTO DATA(lo_exception). DATA(lv_error) = |"{ lo_exception->av_err_code }" - { lo_exception->av_err_msg }|. MESSAGE lv_error TYPE 'E'. ENDTRY.
  • API の詳細については、DisableAlarmActionsAWS 「 SDK for SAP ABAP API リファレンス」の「」を参照してください。

次の例は、EnableAlarmActions を使用する方法を説明しています。

SDK for SAP ABAP
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

"Enable actions on the specified alarm." TRY. lo_cwt->enablealarmactions( it_alarmnames = it_alarm_names ). MESSAGE 'Alarm actions enabled.' TYPE 'I'. CATCH /aws1/cx_rt_service_generic INTO DATA(lo_exception). DATA(lv_error) = |"{ lo_exception->av_err_code }" - { lo_exception->av_err_msg }|. MESSAGE lv_error TYPE 'E'. ENDTRY.
  • API の詳細については、EnableAlarmActionsAWS 「 SDK for SAP ABAP API リファレンス」の「」を参照してください。

次の例は、ListMetrics を使用する方法を説明しています。

SDK for SAP ABAP
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

"The following list-metrics example displays the metrics for Amazon CloudWatch." TRY. oo_result = lo_cwt->listmetrics( " oo_result is returned for testing purposes. " iv_namespace = iv_namespace ). DATA(lt_metrics) = oo_result->get_metrics( ). MESSAGE 'Metrics retrieved.' TYPE 'I'. CATCH /aws1/cx_cwtinvparamvalueex . MESSAGE 'The specified argument was not valid.' TYPE 'E'. ENDTRY.
  • API の詳細については、ListMetricsAWS 「 SDK for SAP ABAP API リファレンス」の「」を参照してください。

次の例は、PutMetricAlarm を使用する方法を説明しています。

SDK for SAP ABAP
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

TRY. lo_cwt->putmetricalarm( iv_alarmname = iv_alarm_name iv_comparisonoperator = iv_comparison_operator iv_evaluationperiods = iv_evaluation_periods iv_metricname = iv_metric_name iv_namespace = iv_namespace iv_statistic = iv_statistic iv_threshold = iv_threshold iv_actionsenabled = iv_actions_enabled iv_alarmdescription = iv_alarm_description iv_unit = iv_unit iv_period = iv_period it_dimensions = it_dimensions ). MESSAGE 'Alarm created.' TYPE 'I'. CATCH /aws1/cx_cwtlimitexceededfault. MESSAGE 'The request processing has exceeded the limit' TYPE 'E'. ENDTRY.
  • API の詳細については、PutMetricAlarmAWS 「 SDK for SAP ABAP API リファレンス」の「」を参照してください。

シナリオ

次のコードサンプルは、以下の操作方法を示しています。

  • アラームを作成します。

  • アラームアクションの無効化。

  • アラームの記述。

  • アラームの削除。

SDK for SAP ABAP
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

DATA lt_alarmnames TYPE /aws1/cl_cwtalarmnames_w=>tt_alarmnames. DATA lo_alarmname TYPE REF TO /aws1/cl_cwtalarmnames_w. "Create an alarm" TRY. lo_cwt->putmetricalarm( iv_alarmname = iv_alarm_name iv_comparisonoperator = iv_comparison_operator iv_evaluationperiods = iv_evaluation_periods iv_metricname = iv_metric_name iv_namespace = iv_namespace iv_statistic = iv_statistic iv_threshold = iv_threshold iv_actionsenabled = iv_actions_enabled iv_alarmdescription = iv_alarm_description iv_unit = iv_unit iv_period = iv_period it_dimensions = it_dimensions ). MESSAGE 'Alarm created' TYPE 'I'. CATCH /aws1/cx_cwtlimitexceededfault. MESSAGE 'The request processing has exceeded the limit' TYPE 'E'. ENDTRY. "Create an ABAP internal table for the created alarm." CREATE OBJECT lo_alarmname EXPORTING iv_value = iv_alarm_name. INSERT lo_alarmname INTO TABLE lt_alarmnames. "Disable alarm actions." TRY. lo_cwt->disablealarmactions( it_alarmnames = lt_alarmnames ). MESSAGE 'Alarm actions disabled' TYPE 'I'. CATCH /aws1/cx_rt_service_generic INTO DATA(lo_disablealarm_exception). DATA(lv_disablealarm_error) = |"{ lo_disablealarm_exception->av_err_code }" - { lo_disablealarm_exception->av_err_msg }|. MESSAGE lv_disablealarm_error TYPE 'E'. ENDTRY. "Describe alarm using the same ABAP internal table." TRY. oo_result = lo_cwt->describealarms( " oo_result is returned for testing purpose " it_alarmnames = lt_alarmnames ). MESSAGE 'Alarms retrieved' TYPE 'I'. CATCH /aws1/cx_rt_service_generic INTO DATA(lo_describealarms_exception). DATA(lv_describealarms_error) = |"{ lo_describealarms_exception->av_err_code }" - { lo_describealarms_exception->av_err_msg }|. MESSAGE lv_describealarms_error TYPE 'E'. ENDTRY. "Delete alarm." TRY. lo_cwt->deletealarms( it_alarmnames = lt_alarmnames ). MESSAGE 'Alarms deleted' TYPE 'I'. CATCH /aws1/cx_cwtresourcenotfound . MESSAGE 'Resource being access is not found.' TYPE 'E'. ENDTRY.