SDK for SAP ABAP を使用した Amazon EC2 の例 - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

SDK for SAP ABAP を使用した Amazon EC2 の例

次のコード例は、Amazon EC2 で AWS SDK for SAP ABAP を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、AllocateAddress を使用する方法を説明しています。

SDK for SAP ABAP
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

TRY. oo_result = lo_ec2->allocateaddress( iv_domain = 'vpc' ). " oo_result is returned for testing purposes. " MESSAGE 'Allocated an Elastic IP address.' TYPE 'I'. CATCH /aws1/cx_rt_service_generic INTO DATA(lo_exception). DATA(lv_error) = |"{ lo_exception->av_err_code }" - { lo_exception->av_err_msg }|. MESSAGE lv_error TYPE 'E'. ENDTRY.
  • API の詳細については、AllocateAddressAWS 「 SDK for SAP ABAP API リファレンス」の「」を参照してください。

次の例は、AssociateAddress を使用する方法を説明しています。

SDK for SAP ABAP
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

TRY. oo_result = lo_ec2->associateaddress( " oo_result is returned for testing purposes. " iv_allocationid = iv_allocation_id iv_instanceid = iv_instance_id ). MESSAGE 'Associated an Elastic IP address with an EC2 instance.' TYPE 'I'. CATCH /aws1/cx_rt_service_generic INTO DATA(lo_exception). DATA(lv_error) = |"{ lo_exception->av_err_code }" - { lo_exception->av_err_msg }|. MESSAGE lv_error TYPE 'E'. ENDTRY.
  • API の詳細については、AssociateAddressAWS 「 SDK for SAP ABAP API リファレンス」の「」を参照してください。

次の例は、CreateKeyPair を使用する方法を説明しています。

SDK for SAP ABAP
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

TRY. oo_result = lo_ec2->createkeypair( iv_keyname = iv_key_name ). " oo_result is returned for testing purposes. " MESSAGE 'Amazon EC2 key pair created.' TYPE 'I'. CATCH /aws1/cx_rt_service_generic INTO DATA(lo_exception). DATA(lv_error) = |"{ lo_exception->av_err_code }" - { lo_exception->av_err_msg }|. MESSAGE lv_error TYPE 'E'. ENDTRY.
  • API の詳細については、CreateKeyPairAWS 「 SDK for SAP ABAP API リファレンス」の「」を参照してください。

次の例は、CreateSecurityGroup を使用する方法を説明しています。

SDK for SAP ABAP
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

TRY. oo_result = lo_ec2->createsecuritygroup( " oo_result is returned for testing purposes. " iv_description = 'Security group example' iv_groupname = iv_security_group_name iv_vpcid = iv_vpc_id ). MESSAGE 'Security group created.' TYPE 'I'. CATCH /aws1/cx_rt_service_generic INTO DATA(lo_exception). DATA(lv_error) = |"{ lo_exception->av_err_code }" - { lo_exception->av_err_msg }|. MESSAGE lv_error TYPE 'E'. ENDTRY.
  • API の詳細については、CreateSecurityGroupAWS 「 SDK for SAP ABAP API リファレンス」の「」を参照してください。

次の例は、DeleteKeyPair を使用する方法を説明しています。

SDK for SAP ABAP
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

TRY. lo_ec2->deletekeypair( iv_keyname = iv_key_name ). MESSAGE 'Amazon EC2 key pair deleted.' TYPE 'I'. CATCH /aws1/cx_rt_service_generic INTO DATA(lo_exception). DATA(lv_error) = |"{ lo_exception->av_err_code }" - { lo_exception->av_err_msg }|. MESSAGE lv_error TYPE 'E'. ENDTRY.
  • API の詳細については、DeleteKeyPairAWS 「 SDK for SAP ABAP API リファレンス」の「」を参照してください。

次の例は、DeleteSecurityGroup を使用する方法を説明しています。

SDK for SAP ABAP
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

TRY. lo_ec2->deletesecuritygroup( iv_groupid = iv_security_group_id ). MESSAGE 'Security group deleted.' TYPE 'I'. CATCH /aws1/cx_rt_service_generic INTO DATA(lo_exception). DATA(lv_error) = |"{ lo_exception->av_err_code }" - { lo_exception->av_err_msg }|. MESSAGE lv_error TYPE 'E'. ENDTRY.
  • API の詳細については、DeleteSecurityGroupAWS 「 SDK for SAP ABAP API リファレンス」の「」を参照してください。

次の例は、DescribeAddresses を使用する方法を説明しています。

SDK for SAP ABAP
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

TRY. oo_result = lo_ec2->describeaddresses( ) . " oo_result is returned for testing purposes. " DATA(lt_addresses) = oo_result->get_addresses( ). MESSAGE 'Retrieved information about Elastic IP addresses.' TYPE 'I'. CATCH /aws1/cx_rt_service_generic INTO DATA(lo_exception). DATA(lv_error) = |"{ lo_exception->av_err_code }" - { lo_exception->av_err_msg }|. MESSAGE lv_error TYPE 'E'. ENDTRY.
  • API の詳細については、DescribeAddressesAWS 「 SDK for SAP ABAP API リファレンス」の「」を参照してください。

次の例は、DescribeAvailabilityZones を使用する方法を説明しています。

SDK for SAP ABAP
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

TRY. oo_result = lo_ec2->describeavailabilityzones( ) . " oo_result is returned for testing purposes. " DATA(lt_zones) = oo_result->get_availabilityzones( ). MESSAGE 'Retrieved information about Availability Zones.' TYPE 'I'. CATCH /aws1/cx_rt_service_generic INTO DATA(lo_exception). DATA(lv_error) = |"{ lo_exception->av_err_code }" - { lo_exception->av_err_msg }|. MESSAGE lv_error TYPE 'E'. ENDTRY.
  • API の詳細については、DescribeAvailabilityZonesAWS 「 SDK for SAP ABAP API リファレンス」の「」を参照してください。

次の例は、DescribeInstances を使用する方法を説明しています。

SDK for SAP ABAP
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

TRY. oo_result = lo_ec2->describeinstances( ) . " oo_result is returned for testing purposes. " " Retrieving details of EC2 instances. " DATA: lv_istance_id TYPE /aws1/ec2string, lv_status TYPE /aws1/ec2instancestatename, lv_instance_type TYPE /aws1/ec2instancetype, lv_image_id TYPE /aws1/ec2string. LOOP AT oo_result->get_reservations( ) INTO DATA(lo_reservation). LOOP AT lo_reservation->get_instances( ) INTO DATA(lo_instance). lv_istance_id = lo_instance->get_instanceid( ). lv_status = lo_instance->get_state( )->get_name( ). lv_instance_type = lo_instance->get_instancetype( ). lv_image_id = lo_instance->get_imageid( ). ENDLOOP. ENDLOOP. MESSAGE 'Retrieved information about EC2 instances.' TYPE 'I'. CATCH /aws1/cx_rt_service_generic INTO DATA(lo_exception). DATA(lv_error) = |"{ lo_exception->av_err_code }" - { lo_exception->av_err_msg }|. MESSAGE lv_error TYPE 'E'. ENDTRY.
  • API の詳細については、DescribeInstancesAWS 「 SDK for SAP ABAP API リファレンス」の「」を参照してください。

次の例は、DescribeKeyPairs を使用する方法を説明しています。

SDK for SAP ABAP
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

TRY. oo_result = lo_ec2->describekeypairs( ) . " oo_result is returned for testing purposes. " DATA(lt_key_pairs) = oo_result->get_keypairs( ). MESSAGE 'Retrieved information about key pairs.' TYPE 'I'. CATCH /aws1/cx_rt_service_generic INTO DATA(lo_exception). DATA(lv_error) = |"{ lo_exception->av_err_code }" - { lo_exception->av_err_msg }|. MESSAGE lv_error TYPE 'E'. ENDTRY.
  • API の詳細については、DescribeKeyPairsAWS 「 SDK for SAP ABAP API リファレンス」の「」を参照してください。

次の例は、DescribeRegions を使用する方法を説明しています。

SDK for SAP ABAP
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

TRY. oo_result = lo_ec2->describeregions( ) . " oo_result is returned for testing purposes. " DATA(lt_regions) = oo_result->get_regions( ). MESSAGE 'Retrieved information about Regions.' TYPE 'I'. CATCH /aws1/cx_rt_service_generic INTO DATA(lo_exception). DATA(lv_error) = |"{ lo_exception->av_err_code }" - { lo_exception->av_err_msg }|. MESSAGE lv_error TYPE 'E'. ENDTRY.
  • API の詳細については、DescribeRegionsAWS 「 SDK for SAP ABAP API リファレンス」の「」を参照してください。

次の例は、DescribeSecurityGroups を使用する方法を説明しています。

SDK for SAP ABAP
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

TRY. DATA lt_group_ids TYPE /aws1/cl_ec2groupidstrlist_w=>tt_groupidstringlist. APPEND NEW /aws1/cl_ec2groupidstrlist_w( iv_value = iv_group_id ) TO lt_group_ids. oo_result = lo_ec2->describesecuritygroups( it_groupids = lt_group_ids ). " oo_result is returned for testing purposes. " DATA(lt_security_groups) = oo_result->get_securitygroups( ). MESSAGE 'Retrieved information about security groups.' TYPE 'I'. CATCH /aws1/cx_rt_service_generic INTO DATA(lo_exception). DATA(lv_error) = |"{ lo_exception->av_err_code }" - { lo_exception->av_err_msg }|. MESSAGE lv_error TYPE 'E'. ENDTRY.
  • API の詳細については、DescribeSecurityGroupsAWS 「 SDK for SAP ABAP API リファレンス」の「」を参照してください。

次の例は、MonitorInstances を使用する方法を説明しています。

SDK for SAP ABAP
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

DATA lt_instance_ids TYPE /aws1/cl_ec2instidstringlist_w=>tt_instanceidstringlist. APPEND NEW /aws1/cl_ec2instidstringlist_w( iv_value = iv_instance_id ) TO lt_instance_ids. "Perform dry run" TRY. " DryRun is set to true. This checks for the required permissions to monitor the instance without actually making the request. " lo_ec2->monitorinstances( it_instanceids = lt_instance_ids iv_dryrun = abap_true ). CATCH /aws1/cx_rt_service_generic INTO DATA(lo_exception). " If the error code returned is `DryRunOperation`, then you have the required permissions to monitor this instance. " IF lo_exception->av_err_code = 'DryRunOperation'. MESSAGE 'Dry run to enable detailed monitoring completed.' TYPE 'I'. " DryRun is set to false to enable detailed monitoring. " lo_ec2->monitorinstances( it_instanceids = lt_instance_ids iv_dryrun = abap_false ). MESSAGE 'Detailed monitoring enabled.' TYPE 'I'. " If the error code returned is `UnauthorizedOperation`, then you don't have the required permissions to monitor this instance. " ELSEIF lo_exception->av_err_code = 'UnauthorizedOperation'. MESSAGE 'Dry run to enable detailed monitoring failed. User does not have the permissions to monitor the instance.' TYPE 'E'. ELSE. DATA(lv_error) = |"{ lo_exception->av_err_code }" - { lo_exception->av_err_msg }|. MESSAGE lv_error TYPE 'E'. ENDIF. ENDTRY.
  • API の詳細については、MonitorInstancesAWS 「 SDK for SAP ABAP API リファレンス」の「」を参照してください。

次の例は、RebootInstances を使用する方法を説明しています。

SDK for SAP ABAP
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

DATA lt_instance_ids TYPE /aws1/cl_ec2instidstringlist_w=>tt_instanceidstringlist. APPEND NEW /aws1/cl_ec2instidstringlist_w( iv_value = iv_instance_id ) TO lt_instance_ids. "Perform dry run" TRY. " DryRun is set to true. This checks for the required permissions to reboot the instance without actually making the request. " lo_ec2->rebootinstances( it_instanceids = lt_instance_ids iv_dryrun = abap_true ). CATCH /aws1/cx_rt_service_generic INTO DATA(lo_exception). " If the error code returned is `DryRunOperation`, then you have the required permissions to reboot this instance. " IF lo_exception->av_err_code = 'DryRunOperation'. MESSAGE 'Dry run to reboot instance completed.' TYPE 'I'. " DryRun is set to false to make a reboot request. " lo_ec2->rebootinstances( it_instanceids = lt_instance_ids iv_dryrun = abap_false ). MESSAGE 'Instance rebooted.' TYPE 'I'. " If the error code returned is `UnauthorizedOperation`, then you don't have the required permissions to reboot this instance. " ELSEIF lo_exception->av_err_code = 'UnauthorizedOperation'. MESSAGE 'Dry run to reboot instance failed. User does not have permissions to reboot the instance.' TYPE 'E'. ELSE. DATA(lv_error) = |"{ lo_exception->av_err_code }" - { lo_exception->av_err_msg }|. MESSAGE lv_error TYPE 'E'. ENDIF. ENDTRY.
  • API の詳細については、RebootInstancesAWS 「 SDK for SAP ABAP API リファレンス」の「」を参照してください。

次の例は、ReleaseAddress を使用する方法を説明しています。

SDK for SAP ABAP
注記

の詳細については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

TRY. lo_ec2->releaseaddress( iv_allocationid = iv_allocation_id ). MESSAGE 'Elastic IP address released.' TYPE 'I'. CATCH /aws1/cx_rt_service_generic INTO DATA(lo_exception). DATA(lv_error) = |"{ lo_exception->av_err_code }" - { lo_exception->av_err_msg }|. MESSAGE lv_error TYPE 'E'. ENDTRY.
  • API の詳細については、ReleaseAddressAWS 「 SDK for SAP ABAP API リファレンス」の「」を参照してください。

次の例は、RunInstances を使用する方法を説明しています。

SDK for SAP ABAP
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

" Create tags for resource created during instance launch. " DATA lt_tagspecifications TYPE /aws1/cl_ec2tagspecification=>tt_tagspecificationlist. DATA ls_tagspecifications LIKE LINE OF lt_tagspecifications. ls_tagspecifications = NEW /aws1/cl_ec2tagspecification( iv_resourcetype = 'instance' it_tags = VALUE /aws1/cl_ec2tag=>tt_taglist( ( NEW /aws1/cl_ec2tag( iv_key = 'Name' iv_value = iv_tag_value ) ) ) ). APPEND ls_tagspecifications TO lt_tagspecifications. TRY. " Create/launch Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) instance. " oo_result = lo_ec2->runinstances( " oo_result is returned for testing purposes. " iv_imageid = iv_ami_id iv_instancetype = 't2.micro' iv_maxcount = 1 iv_mincount = 1 it_tagspecifications = lt_tagspecifications iv_subnetid = iv_subnet_id ). MESSAGE 'EC2 instance created.' TYPE 'I'. CATCH /aws1/cx_rt_service_generic INTO DATA(lo_exception). DATA(lv_error) = |"{ lo_exception->av_err_code }" - { lo_exception->av_err_msg }|. MESSAGE lv_error TYPE 'E'. ENDTRY.
  • API の詳細については、RunInstancesAWS 「 SDK for SAP ABAP API リファレンス」の「」を参照してください。

次の例は、StartInstances を使用する方法を説明しています。

SDK for SAP ABAP
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

DATA lt_instance_ids TYPE /aws1/cl_ec2instidstringlist_w=>tt_instanceidstringlist. APPEND NEW /aws1/cl_ec2instidstringlist_w( iv_value = iv_instance_id ) TO lt_instance_ids. "Perform dry run" TRY. " DryRun is set to true. This checks for the required permissions to start the instance without actually making the request. " lo_ec2->startinstances( it_instanceids = lt_instance_ids iv_dryrun = abap_true ). CATCH /aws1/cx_rt_service_generic INTO DATA(lo_exception). " If the error code returned is `DryRunOperation`, then you have the required permissions to start this instance. " IF lo_exception->av_err_code = 'DryRunOperation'. MESSAGE 'Dry run to start instance completed.' TYPE 'I'. " DryRun is set to false to start instance. " oo_result = lo_ec2->startinstances( " oo_result is returned for testing purposes. " it_instanceids = lt_instance_ids iv_dryrun = abap_false ). MESSAGE 'Successfully started the EC2 instance.' TYPE 'I'. " If the error code returned is `UnauthorizedOperation`, then you don't have the required permissions to start this instance. " ELSEIF lo_exception->av_err_code = 'UnauthorizedOperation'. MESSAGE 'Dry run to start instance failed. User does not have permissions to start the instance.' TYPE 'E'. ELSE. DATA(lv_error) = |"{ lo_exception->av_err_code }" - { lo_exception->av_err_msg }|. MESSAGE lv_error TYPE 'E'. ENDIF. ENDTRY.
  • API の詳細については、StartInstancesAWS 「 SDK for SAP ABAP API リファレンス」の「」を参照してください。

次の例は、StopInstances を使用する方法を説明しています。

SDK for SAP ABAP
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

DATA lt_instance_ids TYPE /aws1/cl_ec2instidstringlist_w=>tt_instanceidstringlist. APPEND NEW /aws1/cl_ec2instidstringlist_w( iv_value = iv_instance_id ) TO lt_instance_ids. "Perform dry run" TRY. " DryRun is set to true. This checks for the required permissions to stop the instance without actually making the request. " lo_ec2->stopinstances( it_instanceids = lt_instance_ids iv_dryrun = abap_true ). CATCH /aws1/cx_rt_service_generic INTO DATA(lo_exception). " If the error code returned is `DryRunOperation`, then you have the required permissions to stop this instance. " IF lo_exception->av_err_code = 'DryRunOperation'. MESSAGE 'Dry run to stop instance completed.' TYPE 'I'. " DryRun is set to false to stop instance. " oo_result = lo_ec2->stopinstances( " oo_result is returned for testing purposes. " it_instanceids = lt_instance_ids iv_dryrun = abap_false ). MESSAGE 'Successfully stopped the EC2 instance.' TYPE 'I'. " If the error code returned is `UnauthorizedOperation`, then you don't have the required permissions to stop this instance. " ELSEIF lo_exception->av_err_code = 'UnauthorizedOperation'. MESSAGE 'Dry run to stop instance failed. User does not have permissions to stop the instance.' TYPE 'E'. ELSE. DATA(lv_error) = |"{ lo_exception->av_err_code }" - { lo_exception->av_err_msg }|. MESSAGE lv_error TYPE 'E'. ENDIF. ENDTRY.
  • API の詳細については、StopInstancesAWS 「 SDK for SAP ABAP API リファレンス」の「」を参照してください。