AWS SDK またはコマンドラインツールGetParameterHistoryで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールGetParameterHistoryで を使用する

以下のコード例は、GetParameterHistory の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

パラメータの値履歴を取得するには

次のget-parameter-history例では、指定したパラメータの変更履歴を、その値を含めて一覧表示します。

aws ssm get-parameter-history \ --name "MyStringParameter"

出力:

{ "Parameters": [ { "Name": "MyStringParameter", "Type": "String", "LastModifiedDate": 1582154711.976, "LastModifiedUser": "arn:aws:iam::111222333444:user/Mary-Major", "Description": "This is the first version of my String parameter", "Value": "Veni", "Version": 1, "Labels": [], "Tier": "Standard", "Policies": [] }, { "Name": "MyStringParameter", "Type": "String", "LastModifiedDate": 1582156093.471, "LastModifiedUser": "arn:aws:iam::111222333444:user/Mary-Major", "Description": "This is the second version of my String parameter", "Value": "Vidi", "Version": 2, "Labels": [], "Tier": "Standard", "Policies": [] }, { "Name": "MyStringParameter", "Type": "String", "LastModifiedDate": 1582156117.545, "LastModifiedUser": "arn:aws:iam::111222333444:user/Mary-Major", "Description": "This is the third version of my String parameter", "Value": "Vici", "Version": 3, "Labels": [], "Tier": "Standard", "Policies": [] } ] }

詳細については、「Systems Manager ユーザーガイド」の「パラメータバージョンの使用」を参照してください。 AWS

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetParameterHistory」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、パラメータの値履歴を一覧表示します。

Get-SSMParameterHistory -Name "Welcome"

出力:

Description : KeyId : LastModifiedDate : 3/3/2017 6:55:25 PM LastModifiedUser : arn:aws:iam::123456789012:user/admin Name : Welcome Type : String Value : helloWorld
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスGetParameterHistory」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell