AWS SDK またはコマンドラインツールModifyWorkspaceStateで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールModifyWorkspaceStateで を使用する

以下のコード例は、ModifyWorkspaceState の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

の状態を変更するには WorkSpace

次のmodify-workspace-state例では、指定された の状態を WorkSpace に設定しますADMIN_MAINTENANCE

aws workspaces modify-workspace-state \ --workspace-id ws-dk1xzr417 \ --workspace-state ADMIN_MAINTENANCE

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「Amazon WorkSpaces 管理ガイド」の「 WorkSpace メンテナンス」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスModifyWorkspaceState」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: このサンプルは、指定された Workspace の状態を Available に変更します。

Edit-WKSWorkspaceState -WorkspaceId ws-w361s100v -Region us-west-2 -WorkspaceState AVAILABLE
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスModifyWorkspaceState」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell