の VPC エンドポイントを作成する CodeArtifact - CodeArtifact

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

の VPC エンドポイントを作成する CodeArtifact

の仮想プライベートクラウド (VPC) エンドポイントを作成するには CodeArtifact、Amazon EC2 create-vpc-endpoint AWS CLI コマンドを使用します。詳細については、Amazon Virtual Private Cloud ユーザーガイド インターフェイス VPC エンドポイント(AWS PrivateLink) を参照してください。

へのすべてのリクエストが AWS ネットワーク内に存在するには、2 つの VPC CodeArtifact エンドポイントが必要です。最初のエンドポイントは CodeArtifact APIs ( GetAuthorizationTokenや などCreateRepository) を呼び出すために使用されます。

com.amazonaws.region.codeartifact.api

2 番目のエンドポイントは、パッケージマネージャーとビルドツール (npm や Gradle など) を使用して CodeArtifact リポジトリにアクセスするために使用されます。

com.amazonaws.region.codeartifact.repositories

次のコマンドは、 CodeArtifact リポジトリにアクセスするためのエンドポイントを作成します。

aws ec2 create-vpc-endpoint --vpc-id vpcid --vpc-endpoint-type Interface \ --service-name com.amazonaws.region.codeartifact.api --subnet-ids subnetid \ --security-group-ids groupid --no-private-dns-enabled

次のコマンドは、パッケージマネージャーとビルドツールにアクセスするためのエンドポイントを作成します。

aws ec2 create-vpc-endpoint --vpc-id vpcid --vpc-endpoint-type Interface \ --service-name com.amazonaws.region.codeartifact.repositories --subnet-ids subnetid \ --security-group-ids groupid --private-dns-enabled
注記

codeartifact.repositoriesエンドポイントを作成する際には、--private-dns-enabledオプションを使用してプライベートDNSホスト名を作成する必要があります。​ ただし、現在codeartifact.apiおよびcodeartifact.repositoriesのエンドポイントでは複数のプライベートDNSホスト名がサポートされていないため、codeartifact.apiには--no-private-dns-enabledのオプションを使用してください。codeartifact.repositories エンドポイントの作成時にプライベート DNS ホスト名を作成できない、または作成しない場合は、追加の設定ステップに従って、VPC CodeArtifact から でパッケージマネージャーを使用する必要があります。詳細については、「プライベート DNS なしで codeartifact.repositories エンドポイントを使用する」を参照してください。

VPC エンドポイントを作成した後、 でエンドポイントを使用するには、セキュリティグループルールでさらに設定する必要がある場合があります CodeArtifact。Amazon VPC のセキュリティグループの詳細については、「Security groups」を参照してください。

への接続に問題がある場合は CodeArtifact、VPC Reachability Analyzer ツールを使用して問題をデバッグできます。詳細については、「What is VPC Reachability Analyzer?」を参照してください。