ビルド環境のコンピューティングモードおよびタイプ - AWS CodeBuild

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ビルド環境のコンピューティングモードおよびタイプ

では CodeBuild、 がビルドの実行 CodeBuild に使用するコンピューティングおよびランタイム環境イメージを指定できます。コンピューティングとは、 が管理および維持するコンピューティングエンジン (CPU、メモリ、オペレーティングシステム) を指します CodeBuild。ランタイム環境イメージは、選択したコンピュートプラットフォーム上で実行されるコンテナイメージで、ビルドで必要になる可能性があるその他のツール (AWS CLI など) が含まれています。

コンピューティングモードについて

CodeBuild には、次のコンピューティングモードがあります。

  • EC2

  • AWS Lambda

EC2 はビルド中の柔軟性が最適化され、AWS Lambda により起動速度も最適化されます。起動時のレイテンシーが低いため、AWS Lambda はより高速なビルドをサポートします。また、AWS Lambda は自動的にスケールするため、ビルドはキュー内で実行を待つ必要がありません。詳細については、「でのAWS Lambdaコンピューティングの使用 AWS CodeBuild」を参照してください。

環境タイプについて

AWS CodeBuild は、ビルド環境に、以下の使用可能な EC2 コンピューティング用メモリ、vCPU、およびディスクスペースを提供します。

コンピューティングタイプ 環境 computeType 値 環境タイプ値 メモリ vCPU ディスク容量
ARM Small BUILD_GENERAL1_SMALL ARM_CONTAINER 4 GB 2 50 GB
ARM large BUILD_GENERAL1_LARGE ARM_CONTAINER 16 GB 8 50 GB
Linux Small ¹ BUILD_GENERAL1_SMALL LINUX_CONTAINER 3 GB 2 64 GB
Linux Medium ¹ BUILD_GENERAL1_MEDIUM LINUX_CONTAINER 7 GB 4 128 GB
Linux Large ¹ BUILD_GENERAL1_LARGE LINUX_CONTAINER 15 GB 8 128 GB
Linux XLarge BUILD_GENERAL1_XLARGE LINUX_CONTAINER 70 GB 36 256 GB
Linux 2xlarge BUILD_GENERAL1_2XLARGE LINUX_CONTAINER 145 GB 72 824 GB (SSD)
Linux GPU Small BUILD_GENERAL1_SMALL LINUX_GPU_CONTAINER 16 GB 4 220 GB
Linux GPU large BUILD_GENERAL1_LARGE LINUX_GPU_CONTAINER 255 GB 32 50 GB
Windows medium BUILD_GENERAL1_MEDIUM WINDOWS_SERVER_2019_CONTAINER 7 GB 4 128 GB
Windows large BUILD_GENERAL1_LARGE WINDOWS_SERVER_2019_CONTAINER 15 GB 8 128 GB

¹ 各イメージの最新バージョンがキャッシュされます。より具体的なバージョンを指定すると、 はキャッシュされたバージョンの代わりにそのバージョンを CodeBuild プロビジョニングします。これにより、ビルド時間が長くなることがあります。たとえば、キャッシュのメリットを得るには、aws/codebuild/amazonlinux2-x86_64-standard:5.0 のような詳細バージョンではなく aws/codebuild/amazonlinux2-x86_64-standard:5.0-1.0.0 を指定します。

AWS CodeBuild は、ビルド環境に、以下の使用可能な AWS Lambda コンピューティング用メモリおよびディスクスペースを提供します。

コンピューティングタイプ 環境 computeType 値 環境タイプ値 「メモリ」 ディスク容量
ARM Lambda 1GB BUILD_LAMBDA_1GB ARM_LAMBDA_CONTAINER 1 GB 10 GB
ARM Lambda 2GB BUILD_LAMBDA_2GB ARM_LAMBDA_CONTAINER 2 GB 10 GB
ARM Lambda 4GB BUILD_LAMBDA_4GB ARM_LAMBDA_CONTAINER 4 GB 10 GB
ARM Lambda 8GB BUILD_LAMBDA_8GB ARM_LAMBDA_CONTAINER 8 GB 10 GB
ARM Lambda 10GB BUILD_LAMBDA_10GB ARM_LAMBDA_CONTAINER 10 GB 10 GB
Linux Lambda 1GB BUILD_LAMBDA_1GB LINUX_LAMBDA_CONTAINER 1 GB 10 GB
Linux Lambda 2GB BUILD_LAMBDA_2GB LINUX_LAMBDA_CONTAINER 2 GB 10 GB
Linux Lambda 4GB BUILD_LAMBDA_4GB LINUX_LAMBDA_CONTAINER 4 GB 10 GB
Linux Lambda 8GB BUILD_LAMBDA_8GB LINUX_LAMBDA_CONTAINER 8 GB 10 GB
Linux Lambda 10GB BUILD_LAMBDA_10GB LINUX_LAMBDA_CONTAINER 10 GB 10 GB

他の環境タイプを使用する場合は、キャッシュされたイメージを使用してビルド時間を短縮することをお勧めします。

各ビルド環境にリストされているディスク容量は、CODEBUILD_SRC_DIR 環境変数で指定されたディレクトリでのみ使用できます。

コンピューティングタイプを選択するには:

一部の環境タイプとリージョン可用性には制限があります。

  • コンピューティングタイプ Linux GPU Small (LINUX_GPU_CONTAINER) は、次のリージョンのみで利用可能です。

    • 米国東部 (バージニア北部)

    • 米国西部 (オレゴン)

    • アジアパシフィック(東京)

    • カナダ (中部)

    • 欧州 (フランクフルト)

    • 欧州 (アイルランド)

    • 欧州 (ロンドン)

  • コンピューティングタイプ Linux GPU Large (LINUX_GPU_CONTAINER) は、次のリージョンのみで利用可能です。

    • 米国東部 (オハイオ)

    • 米国東部 (バージニア北部)

    • 米国西部 (オレゴン)

    • アジアパシフィック (ソウル)

    • アジアパシフィック (シンガポール)

    • アジアパシフィック (シドニー)

    • アジアパシフィック (東京)

    • カナダ (中部)

    • 中国 (北京)

    • 中国 (寧夏)

    • 欧州 (フランクフルト)

    • 欧州 (アイルランド)

    • 欧州 (ロンドン)

  • 環境タイプ「ARM_CONTAINER」は、次のリージョンのみで利用可能です。

    • 米国東部 (オハイオ)

    • 米国東部 (バージニア北部)

    • 米国西部 (北カリフォルニア)

    • 米国西部 (オレゴン)

    • アジアパシフィック (香港)

    • アジアパシフィック (ジャカルタ)

    • アジアパシフィック (ハイデラバード)

    • アジアパシフィック (メルボルン)

    • アジアパシフィック(ムンバイ)

    • アジアパシフィック (大阪)

    • アジアパシフィック (ソウル)

    • アジアパシフィック (シンガポール)

    • アジアパシフィック (シドニー)

    • アジアパシフィック (東京)

    • カナダ (中部)

    • 中国 (北京)

    • 中国 (寧夏)

    • 欧州 (フランクフルト)

    • 欧州 (アイルランド)

    • 欧州 (ロンドン)

    • 欧州 (ミラノ)

    • 欧州 (パリ)

    • 欧州 (スペイン)

    • 欧州 (ストックホルム)

    • 欧州 (チューリッヒ)

    • イスラエル (テルアビブ)

    • 中東 (バーレーン)

    • 中東 (アラブ首長国連邦)

    • 南米(サンパウロ)

  • コンピューティングタイプ「BUILD_GENERAL1_2XLARGE」は、次のリージョンのみで利用可能です。

    • 米国東部 (オハイオ)

    • 米国東部 (バージニア北部)

    • 米国西部 (北カリフォルニア)

    • 米国西部(オレゴン)

    • アジアパシフィック (ハイデラバード)

    • アジアパシフィック (香港)

    • アジアパシフィック (ジャカルタ)

    • アジアパシフィック (メルボルン)

    • アジアパシフィック(ムンバイ)

    • アジアパシフィック (ソウル)

    • アジアパシフィック (シンガポール)

    • アジアパシフィック (シドニー)

    • アジアパシフィック (東京)

    • カナダ (中部)

    • 中国 (北京)

    • 中国 (寧夏)

    • 欧州 (フランクフルト)

    • 欧州 (アイルランド)

    • 欧州 (ロンドン)

    • 欧州 (パリ)

    • 欧州 (スペイン)

    • 欧州 (ストックホルム)

    • 欧州 (チューリッヒ)

    • イスラエル (テルアビブ)

    • 中東 (バーレーン)

    • 中東 (アラブ首長国連邦)

    • 南米(サンパウロ)

  • コンピューティングモード AWS Lambda (ARM_LAMBDA_CONTAINER および LINUX_LAMBDA_CONTAINER) は、次のリージョンのみで利用可能です。

    • 米国東部(バージニア北部)

    • 米国東部 (オハイオ)

    • 米国西部(オレゴン)

    • アジアパシフィック (ムンバイ)

    • アジアパシフィック (シンガポール)

    • アジアパシフィック (シドニー)

    • アジアパシフィック (東京)

    • 欧州 (フランクフルト)

    • 欧州 (アイルランド)

    • 南米(サンパウロ)

コンピューティングタイプ BUILD_GENERAL1_2XLARGE では、最大 100 GB までの圧縮されていない Docker イメージがサポートされています。

注記

カスタムビルド環境イメージの場合、 は、コンピューティングタイプに関係なく、Linux および Windows で最大 50 GB の非圧縮 Docker イメージ CodeBuild をサポートします。ビルドイメージのサイズを確認するには、Docker を使用して docker images REPOSITORY:TAG コマンドを実行します。

Amazon EFS を使用してビルドコンテナのより多くの領域にアクセスできます。詳細については、「AWS CodeBuild の Amazon Elastic File System サンプル」を参照してください。コンテナのディスク領域をビルド中に操作する場合は、ビルドを特権モードで実行している必要があります。

注記

デフォルトでは、Docker デーモンは VPC 以外のビルドで有効になっています。VPC ビルドに Docker コンテナを使用する場合は、Docker Docs ウェブサイトの「ランタイム特権と Linux 機能」を参照して、特権モードを有効にします。また、Windows は特権モードをサポートしていません。