ランタイムバージョン - AWS CodeBuild

ランタイムバージョン

buildspec ファイルの runtime-versions セクションでランタイムを指定するときは、特定のバージョン、特定のメジャーバージョンと最新のマイナーバージョン、または最新バージョンを指定できます。次の表に、使用可能なランタイムとその指定方法を示します。

Ubuntu および Amazon Linux 2 プラットフォームランタイムバージョン
ランタイム名 バージョン 特定のバージョン 特定のメジャーバージョンと最新のマイナーバージョン 最新バージョン
android

28

android: 28

android: 28.x

android: latest

29

android: 29

android: 29.x

dotnet

3.0

dotnet: 3.0

dotnet: 3.x

dotnet: latest

3.1

dotnet: 3.1

5.0

dotnet: 5.0

dotnet: 5.x

golang

1.12

golang: 1.12

golang: 1.x

golang: latest

1.13

golang: 1.13

1.14

golang: 1.14

1.15

golang: 1.15

1.16

golang: 1.16

nodejs

8

nodejs: 8

nodejs: 8.x

nodejs: latest

10

nodejs: 10

nodejs: 10.x

12

nodejs: 12

nodejs: 12.x

14

nodejs: 14

nodejs: 14.x

java

openjdk8

java: openjdk8

java: openjdk8.x

java: latest

openjdk11

java: openjdk11

java: openjdk11.x

corretto8

java: corretto8

java: corretto8.x

corretto11

java: corretto11

java: corretto11.x

php

73

php: 7.3

php: 7.x

php: latest

7.4

php: 7.4

8.0

php: 8.0

php: 8.x

python

3.7

python: 3.7

python: 3.x

python: latest

3.8

python: 3.8

3.9

python: 3.9

ruby

2.6

ruby: 2.6

ruby: 2.x

ruby: latest

2.7

ruby: 2.7

注記

aws/codebuild/amazonlinux2-aarch64-standard:1.0 イメージは、Android Runtime (ART) をサポートしていません。

AWS CLI ビルドフェーズでは、ビルド仕様を使用して、他のコンポーネント (install、Apache Maven、Apache Ant、Mocha、RSpec など) をインストールできます。詳細については、「buildspec の例」を参照してください。