AWS CodeCommit リポジトリからトリガーを削除 - AWS CodeCommit

AWS CodeCommit リポジトリからトリガーを削除

使用されなくなったトリガーは、削除することをお勧めします。トリガーの削除は元に戻すことはできませんが、1 つを再作成することはできます。

注記

リポジトリに 1 つ以上のトリガーを構成した場合、リポジトリを削除しても、それらのトリガーのターゲットとして設定された Amazon SNS トピックまたは Lambda 関数は削除されません。不要になったリソースも削除してください。

リポジトリ (コンソール) からトリガーを削除

  1. https://console.aws.amazon.com/codesuite/codecommit/home にある CodeCommit コンソールを開きます。

  2. リポジトリのリストから、リポジトリイベントのトリガーを削除するリポジトリを選択します。

  3. リポジトリのナビゲーションペインで、[Settings] を選択します。[設定] で、[トリガー] を選択します。

  4. トリガーのリストから削除するトリガーを選択し、[削除] を選択します。

  5. ダイアログボックスで、確認して [削除] と入力します。

リポジトリからトリガーを削除 (AWS CLI)

  1. ターミナル (Linux, macOS, or Unix) またはコマンドプロンプト (Windows) で、get-repository-triggers コマンドを実行して、リポジトリ用に設定されたすべてのトリガーの構造を持つ JSON ファイルを作成します。たとえば、MyDemoRepo という名前のリポジトリ用に設定したすべてのトリガー構造を持つ MyTriggers.json という名前の JSON ファイルを作成するには、次のようにします。

    aws codecommit get-repository-triggers --repository-name MyDemoRepo >MyTriggers.json

    このコマンドは、コマンドを実行したディレクトリに MyTriggers.json という名前のファイルを作成します。

  2. プレーンテキストエディタで JSON ファイルを編集し、削除するトリガーのトリガーブロックを削除します。configurationId ペアを repositoryName ペアに置き換えます。ファイルを保存します。

    たとえば、MyDemoRepo という名前のリポジトリから MyFirstTrigger という名前のトリガーを削除する場合は、configurationIdrepositoryName に置き換えて、赤い斜体文字のステートメントを削除します。

    { "repositoryName": "MyDemoRepo", "triggers": [ { "destinationArn": "arn:aws:sns:us-east-2:80398EXAMPLE:MyCodeCommitTopic", "branches": [ "master", "preprod" ], "name": "MyFirstTrigger", "customData": "", "events": [ "all" ] }, { "destinationArn": "arn:aws:lambda:us-east-2:80398EXAMPLE:function:MyCodeCommitJSFunction", "branches": [], "name": "MyLambdaTrigger", "events": [ "all" ] } ] }
  3. ターミナルまたはコマンドラインで、put-repository-triggers コマンドを実行します。その結果、リポジトリのトリガーは更新され、MyFirstTrigger トリガーは削除されます。

    aws codecommit put-repository-triggers --repository-name MyDemoRepo file://MyTriggers.json

    このコマンドでは、以下のような設定 ID が返されます。

    { "configurationId": "0123456-I-AM-AN-EXAMPLE" }
    注記

    MyDemoRepo という名前のリポジトリのすべてのトリガーを削除するには、JSON ファイルが次のようになります。

    { "repositoryName": "MyDemoRepo", "triggers": [] }